close
1.

図書

図書
秀島武敏著
出版情報: 東京 : 講談社, 2002.3  vii, 187p ; 21cm
シリーズ名: 非平衡系の科学 ; 6
所蔵情報: loading…
2.

図書

図書
相澤益男監修
出版情報: 東京 : シーエムシー, 2001.10  x, iv, 370p ; 27cm
所蔵情報: loading…
3.

図書

図書
上島孝之著
出版情報: 東京 : 幸書房, 1999.11  viii, 140p ; 22cm
シリーズ名: バイオテクノロジーシリーズ ; 2
所蔵情報: loading…
4.

図書

図書
真木寿治監修
出版情報: 東京 : 秀潤社, 1999.12  218p ; 21cm
シリーズ名: 細胞工学 ; 別冊 . Tips シリーズ
所蔵情報: loading…
5.

図書

図書
八木達彦 [ほか] 編集
出版情報: 東京 : 朝倉書店, 2008.5  xii, 996p ; 27cm
所蔵情報: loading…
6.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
喜多恵子著
出版情報: 東京 : コロナ社, 2009.5  vi, 183p ; 22cm
シリーズ名: バイオテクノロジー教科書シリーズ ; 16
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
1 総論
   1.1 酵素資源 2
   1.2 酵素の生産 6
    1.2.1 菌株の改良 6
    1.2.2 培地および培養条件 7
    1.2.3 培養法 9
   1.3 抽出と精製 9
    1.3.1 抽出法 10
    1.3.2 濃縮および脱塩 12
    1.3.3 精製法 13
   1.4 酵素のリサイクルと回収 15
    1.4.1 固定化 16
    1.4.2 二相系 19
    1.4.3 濾過 19
   1.5 酵素タンパク質の分子工学 20
    1.5.1 理論的分子設計 21
    1.5.2 定方向進化 21
    1.5.3 大量迅速処理スクリーニング技術 22
   引用・参考文献 22
2 酵素各論
   2.1 酸化還元酵素 24
    2.1.1 CH-OHを供与体とする酸化還元酵素(EC1.1群) 24
    2.1.2 アルデヒドを供与体とする酸化還元酵素(EC1.2群) 26
    2.1.3 CH-NH2を供与体とする酸化還元酵素(EC1.4群) 27
    2.1.4 窒素化合物を供与体とする酸化還元酵素(EC1.7群) 29
    2.1.5 ペルオキシダーゼ(peroxidase)(EC1.11.1群) 29
    2.1.6 オキシゲナーゼ(oxygenase) 31
   2.2 転移酵素 31
    2.2.1 メチルトランスフェラーゼ(methyltransferase,EC2.1.1群) 31
    2.2.2 (アミノアシルトランスフェラーゼ(aminoacyltransferase,EC2.3.2群) 32
    2.2.3 グリコシルトランスフェラーゼ(glycosyltransferase,EC2.4群) 33
    2.2.4 トランスアミナーゼ(transaminase,EC2.6.1群) 35
    2.2.5 ホスホトランスフェラーゼ(phosphotransferase,EC2.7.1群) 37
    2.2.6 ヌクレオチジルトランスフェラーゼ(nucleotidyltransferase,EC2.7.7群) 38
   2.3 加水分解酵素 39
    2.3.1 糖質分解酵素(glycosylase)(EC3.2群) 39
    2.3.2 プロテアーゼ(protease)(EC3.4群) 47
    2.3.3 脂質分解酵素(EC3.1群) 51
    2.3.4 ヌクレアーゼ(nuclease)(EC3.1群) 53
    2.3.5 ペプチド結合以外のC-N結合を加水分解する酵素(EC3.5群) 56
    2.3.6 その他の加水分解酵素 58
   2.4 リアーゼ 59
    2.4.1 C-Cリアーゼ(EC4.1群) 60
    2.4.2 C-Oリアーゼ(EC4.2群) 61
    2.4.3 C-Nリアーゼ(EC4.3群) 62
    2.4.4 C-Sリアーゼ(EC4.4群) 63
   2.5 異性化酵素 63
   2.6 リガーゼ 65
   2.7 補酵素 68
   引用・参考文献 73
3 酵素の応用
   3.1 食品加工での利用 74
    3.1.1 デンプン加工 74
    3.1.2 デンプン以外の糖の加工 82
    3.1.3 タンパク質加工 84
    3.1.4 果実,野菜,穀類などの加工 88
    3.1.5 アルコール飲料製造への利用 92
    3.1.6 製パン・製菓への利用 96
    3.1.7 乳製品の加工 98
    3.1.8 卵の加工 98
    3.1.9 茶の加工 99
    3.1.10 油脂の加工 99
   3.2 食品関連工業での利用 101
    3.2.1 アミノ酸の製造 101
    3.2.2 呈味性ヌクレオチドの製造 107
    3.2.3 その他 110
   3.3 化学工業での利用 110
    3.3.1 洗剤用酵素 111
    3.3.2 繊維加工用酵素 116
    3.3.3 紙・パルプ関連酵素 119
    3.3.4 飼料用酵素 120
    3.3.5 有機合成への応用 122
   3.4 分析・計測への利用 132
    3.4.1 目的物質の定量分析 132
    3.4.2 酵素活性の定量 139
    3.4.3 センサー 146
    3.4.4 酵素免疫検定法 149
   3.5 医薬・化粧品としての利用 150
    3.5.1 治療用酵素 150
    3.5.2 化粧品への応用 158
   3.6 研究試薬 159
    3.6.1 遺伝子解析 160
    3.6.2 タンパク質の解析 165
    3.6.3 その他 166
   3.7 環境保全への利用 166
    3.7.1 有害物質の分解除去 166
    3.7.2 未利用バイオマスの活用 167
   引用・参考文献 173
付録 EC番号別酵素 174
索引 179
1 総論
   1.1 酵素資源 2
   1.2 酵素の生産 6
7.

図書

図書
井上, 國世
出版情報: 東京 : シーエムシー出版, 2009.10  viii, 243p ; 21cm
シリーズ名: CMCテクニカルライブラリー ; 327 . バイオテクノロジーシリーズ||バイオ テクノロジー シリーズ
所蔵情報: loading…
8.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
宍戸和夫著
出版情報: 東京 : コロナ社, 2004.5  viii, 221p ; 21cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
序章
1. DNAポリメラーゼと関連酵素
   1.1 DNAポリメラーゼとは 7
   1.2 細菌のDNAポリメラーゼ 8
   1.2.1 大腸菌DNAポリメラーゼ I 8
   1.2.2 大腸菌DNAポリメラーゼ II 11
   1.2.3 大腸菌DNAポリメラーゼ III ホロ酵素 11
   1.2.4 大腸菌DNAポリメラーゼ IV および V 14
   1.2.5 ほかの細菌ポリメラーゼ 15
   1.3 ファージのDNAポリメラーゼ 16
   1.3.1 T4DNAポリメラーゼ 16
   1.3.2 T7およびT5DNAポリメラーゼ 18
   1.4 真核生物のDNAポリメラーゼ 18
   1.4.1 DNAポリメラーゼα(I) 19
   1.4.2 DNAポリメラーゼδ(III) 20
   1.4.3 DNAポリメラーゼε(II) 21
   1.4.4 DNAポリメラーゼβ 21
   1.4.5 DNAポリメラーゼγ 21
   1.4.6 DNAポリメラーゼζ,η,θ(k),ι 21
   1.5 動物ウイルスのDNAポリメラーゼ 22
   1.5.1 アデノウイルスDNAポリメラーゼ 22
   1.5.2 ほかのウイルスのDNAポリメラーゼ 23
   1.6 テロメラーゼ 24
   1.7 逆転写酵素 26
   1.7.1 レトロウイルスの逆転写酵素 26
   1.7.2 真核細胞におけるほかの逆転写酵素 28
   1.7.3 原核細胞の逆転写酵素 29
   1.8 末端デオキシリボヌクレオチジルトランスフェラーゼ 30
   1.8.1 末端転移酵素の特性 30
   1.8.2 末端転移酵素の応用 30
   1.9 各種DNAポリメラーゼの構造科学的共通性 31
2. RNAポリメラーゼと関連酵素
   2.1 RNAポリメラーゼとは 33
   2.2 細菌のRNAポリメラーゼ 33
   2.2.1 大腸菌RNAポリメラーゼ 34
   2.2.2 枯草菌RNAポリメラーゼ 39
   2.3 ファージのRNAポリメラーゼ 40
   2.4 真核生物のRNAポリメラーゼ 42
   2.4.1 RNAポリメラーゼ I 43
   2.4.2 RNAポリメラーゼ II 45
   2.4.3 RNAポリメラーゼ III 48
   2.4.4 細胞小器官のRNAポリメラーゼ 50
   2.5 プラマーRNAポリメラーゼ(プライマーゼ) 51
   2.6 RNAレプリカーゼ 52
   2.7 ポリ A ポリメラーゼ 55
   2.8 tRNAヌクレジルトランスフェラーゼ 56
   2.9 ポリヌクレオチドホスホリラーゼ 57
3. リガーゼ
   3.1 リガーゼとは 59
   3.2 DNAリガーゼ 59
   3.2.1 細菌およびファージのDNAリガーゼ 60
   3.2.2 真核生物およびウイルスのDNAリガーゼ 64
   3.3 RNAリガーゼ 67
   3.3.1 T4RNAリガーゼ 67
   3.3.2 酵母のRNAリガーゼ 68
   3.3.3 動物細胞のRNAリガーゼ 69
   3.4 各種リガーゼの活性部位の構造的・反応機構的共通性 70
4. 核酸分解・切断酵素と関連酵素
   4.1 部位非特異的デオキシリボヌクレーゼ 72
   4.1.1 5'-リン酸基生成型エキソデオキシリボヌクレアーゼ 72
   4.1.2 5'-リン酸基生成型エンドデオキシリボヌクレアーゼ 78
   4.1.3 3'-リン酸基生成型エンドデオキシリボヌクレアーゼ 83
   4.2 制限酵素 83
   4.2.1 制限修飾系と制限酵素の発見 83
   4.2.2 制限酵素の種類と特異性 84
   4.3 遺伝的組換えあるいは転移などにかかる部位特異的エンドデオキシリボヌクレアーゼ 93
   4.3.1 大腸菌RecBCDヌクレアーゼ 93
   4.3.2 ホーミングエンドヌクレアーゼ 96
   4.3.3 Tn3トランスポゼース 105
   4.3.4 Muファージのトランスポゼース 107
   4.3.5 レトロウイルスのエンドヌクレアーゼ 108
   4.3.6 大腸菌ファージλターミナーゼ 109
   4.4 損傷あるいは不正塩基対合部位特性的エンドデオキシリボヌクレアーゼ 109
   4.4.1 細菌およびファージの酵素 110
   4.4.2 真核生物由来のUVエンドヌクレアーゼ 112
   4.4.3 不正対号修復酵素系 112
   4.5 APエンドヌクレアーゼ 114
   4.5.1 細菌およびファージのAPエンドヌクレアーゼ 115
   4.5.2 真核細胞および他のAPエンドヌクレアーゼ 118
   4.6 リボヌクレアーゼとリボザイム 119
   4.6.1 エキソリボヌクレアーゼ 119
   4.6.2 エンドリボヌクレアーゼ 121
   4.6.3 リボザイム 128
   4.7 ヌクレアーゼおよび関連酵素 131
   4.7.1 一本鎖核酸に特異性を示すヌクレアーゼ 131
   4.7.2 一本鎖核酸と二本鎖核酸の両方を分解するヌクレアーゼ 135
   4.7.3 ホスホジエステラーゼ 136
5. DNAトポイソメラーゼと関連酵素
   5.1 DNAトポイソマー 139
   5.1.1 超らせんDNA 139
   5.1.2 連環状DNAおよび結び目環状DNA 141
   5.2 DNAトポイソメラーゼの種類と特性 142
   5.2.1 I型DNAトポイソメラーゼ 142
   5.2.2 II型DNAトポイソメラーゼ 147
   5.3 DNAトポイソメラーゼの生理・生物学的機能 154
   5.3.1 複製におけるトポイソメラーゼ 154
   5.3.2 転写におけるトポイソメラーゼ 155
   5.3.3 組換えとゲノム安定性におけるトポイソメラーゼ 157
   5.3.4 染色体構造の構築,染色体凝集と有糸分裂,染色体分配におけるトポイソメラーゼ 158
   5.3.5 トポイソメラーゼの期待される新奇な機能 158
   5.4 DNAトポイソメラーゼに関連する酵素 160
   5.4.1 λインテグラーゼ 160
   5.4.2 Tn3リゾルベース 162
   5.4.3 大腸菌一本鎖DNAファージ複製開始・終結タンパク質 163
   5.4.4 サルモネラ菌のHinタンパク質(インベルターゼ) 165
   5.4.5 大腸菌MuファージのGinタンパク質(インベルターゼ) 166
   5.4.6 S. cereviviae 2μプラスミドのFLP組換え酵素(フリッパーゼ) 167
6. ヘリカーゼ
   6.1 六量体型DNAヘリカーゼ 171
   6.1.1 大腸菌DnaB 172
   6.1.2 大腸菌RuvB 172
   6.1.3 T7遺伝子4産物 175
   6.1.4 T4遺伝子41産物 175
   6.1.5 SV40T抗原 175
   6.2 非六量体型および他のDNAヘリカーゼ瑠衣 176
   6.2.1 大腸菌UvrD(ヘリカーゼII),UvrA2B 176
   6.2.2 DEXXボックス型DNAヘリカーゼ 177
   6.2.3 大腸菌PriA 178
   6.2.4 大腸菌RecBCD 179
   6.2.5 大腸菌RecQおよびその類縁酵素 179
   6.2.6 大腸菌TraI(ヘリカーゼI) 181
   6.2.7 HeLaヘリカーゼ 181
   6.2.8 HSV1の複製起点結合タンパク質(UL9)およびHSV1ヘリカーゼ/プライマーゼ 181
   6.3 (DNA-RNA+RNA)ヘリカーゼ 182
   6.4 RNAヘリカーゼ 182
   6.4.1 真核生物細胞質eIF-4A(DEADボックス型) 183
   6.4.2 ヒト細胞核内タンパク質p68(DEADボックス型) 185
   6.4.3 大腸菌RhlB(DEADボックス型) 185
   6.4.4 RNAヘリカーゼCI(DEXHボックス型) 185
   6.4.5 RNAヘリカーゼ活性が予想されるタンパク質 186
7. メチラーゼ
   7.1 DNAメチラーゼ 187
   7.1.1 原核生物(細菌)のDNAメチラーゼ 189
   7.1.2 真核生物(細菌)のDNAメチラーゼ 191
   7.2 DNAメチラーゼおよびmRNAキャップ生合成酵素 196
   7.2.1 tRNA(rRNA)メチラーゼ 196
   7.2.2 mRNAのキャップ構造の生合成にかかわる酵素系 198
8. その他の核酸関連酵素類
   8.1 アミノアシルtRNA合成酵素 204
   8.2 tRNA-グアニントランスグリコシラーゼ 206
   8.3 光回復酵素 208
   8.4 DNAグリコシラーゼとDNA塩基挿入酵素 209
   8.4.1 DNAグリコシラーゼ 209
   8.4.2 DNA塩基挿入酵素 210
   8.5 ポリヌクレオチドキナーゼとホスファターゼ 211
   8.5.1 ポリヌクレオチドキナーゼ 211
   8.5.2 ホスファターゼ 211
参考文献 213
索引 215
序章
1. DNAポリメラーゼと関連酵素
   1.1 DNAポリメラーゼとは 7
9.

図書

図書
editor-in-chief Gerald Litwack
出版情報: Amsterdam : Elsevier Academic Press, c2004  xv, 283 p. ; 24 cm
シリーズ名: Vitamins and hormones : advances in research and applications / edited by Robert S. Harris and Kenneth V. Thimann ; v. 68
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
Contributors
Preface
Gene Silencing by Nuclear Orphan Receptors / Ying Zhang ; Maria L. Dufau1:
Introduction / I.:
COUP-TFI, II (EAR3, ARP-1), and EAR2: Inhibitors of Diverse Genes by Multiple Mechanisms / II.:
DAX-1: Silencing in the Control of Steroidogenic and Sex-Determining Target Genes / III.:
GCNF: Negative Control during Gametogenesis and Embryonic Development / IV.:
SHP: Generic Heterodimeric Partner-Inhibiting Multiple Nuclear Receptor Pathways / V.:
TR4 and TR2: Testicular Receptor with Homologous but Not Redundant Functions / VI.:
Conclusions / VII.:
References
Structure and Function of the Glucocorticoid Receptor Ligand Binding Domain / Randy K. Bledsoe ; Eugene L. Stewart ; Kenneth H. Pearce2:
Functional Significance of the GR
Expression, Purification, and Characterization of the GR LBD
Fold of the Nuclear Receptor LBD and Specific Features of GR
Ligand Recognition by GR
Modes of Ligand Recognition by GR Compared to Other Oxosteroid Receptors
Characteristics of Cofactor Association with the GR LBD
Role of the GR LBD in Chaperone Protein Association and Receptor Dimerization
Mutations in the GR LBD and Their Functional Consequences / VIII.:
Progress Toward a Selective GR Modulator / IX.:
Conclusions and Directions of Future Research / X.:
Nuclear Receptor Recruitment of Histone-Modifying Enzymes to Target Gene Promoters / Chih-Cheng Tsai ; Joseph D. Fondell3:
Overview of Nuclear Receptors
Chromatin Structure
Histone Modifications in Regulated Transcription
NR Coactivators with Histone-Modifying Activity
NR Corepressors with Histone-Modifying Activity
Conclusion
Corepressor Recruitment by Agonist-Bound Nuclear Receptors / John H. White ; Isabelle Fernandes ; Sylvie Mader ; Xiang-Jiao Yang4:
The Nuclear Receptor Superfamily
Coregulatory Proteins in Hormone-Dependent Regulation of Transcription
Histone Deacetylases in Regulation of Gene Expression
LCoR and RIP140 Recruit the Corepressor C-Terminal Binding Protein (CtBP)
Potential Roles of LCoR and RIP140 in Hormone-Dependent Receptor Function
Concluding Remarks
Pharmacology of Nuclear Receptor--Coregulator Recognition / Rajesh S. Savkur ; Kelli S. Bramlett ; David Clawson ; Thomas P. Burris5:
Coregulators Involved in Nuclear Receptor Action
Nuclear Receptor--Coregulator Recognition
Thyroid Hormone Receptor Subtypes and their Interaction with Steroid Receptor Coactivators / Roy E. Weiss ; Helton E. Ramos6:
Physiology of TR Function
Physiology of SRC Function (SRC-1, SRC-2, and SRC-3)
Interaction of TRs and SRC in the Pituitary
SRC-1 and TRs in Peripheral Tissues
Corepressor Requirement and Thyroid Hormone Receptor Function During Xenopus Development / Laurent M. Sachs7:
Mechanism of TR Action
Dual Role of TRs During Amphibian Development
Corepressor Function During Amphibian Development
Conclusion and Perspectives
Cdc25B as a Steroid Receptor Coactivator / Steven S. Chua ; Zhiqing Ma ; Elly Ngan ; Sophia Y. Tsai8:
The Cdc25 Family of Proteins
Evaluation of the Cdc25B Role in Murine Mammary Glands
Cdc25B: A Coactivator that Enhances Steroid Receptor-Dependent Transcription
Coactivator Function of Cdc25B in the Prostate
Vitamin D Receptor--DNA Interactions / Paul L. Shaffer ; Daniel T. Gewirth9:
VDR-DR3 Binding
Alternative Response Elements
RXR-VDR Formation
Index
Contributors
Preface
Gene Silencing by Nuclear Orphan Receptors / Ying Zhang ; Maria L. Dufau1:
10.

図書

図書
ロバート K.スコープス著 ; 塚田欣司監訳
出版情報: 東京 : シュプリンガー・フェアラーク東京, 1985.10  x, 275p ; 27cm
所蔵情報: loading…
文献の複写および貸借の依頼を行う
 文献複写・貸借依頼