close
1.

図書

図書
安居院猛, 吉村和昭, 倉持内武共著
出版情報: 東京 : 森北出版, 2006.9  vi, 169p ; 22cm
所蔵情報: loading…
2.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
浅川毅著
出版情報: 東京 : 電波新聞社, 2008.7  viii, 383p ; 21cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
   はじめに iii
第1章 直流回路の基礎 1
   1.1 電気の流れ 2
   1.2 起電力と電気回路 8
   1.3 オームの法則 14
   1.4 抵抗の接続 20
   1.5 分流器と倍率器 26
   1.6 導体の抵抗と温度係数 32
   1.7 電池の接続 38
第2章 直流回路の計算 45
   2.1 キルヒホッフの法則 46
   2.2 重ね合わせの理 52
   2.3 テブナンの定理 58
   2.4 ブリッジ回路 64
   2.5 ジュールの法則と電力 70
第3章 交流回路の基礎 77
   3.1 正弦波交流の表現 78
   3.2 平均値と実効値 84
   3.3 ベクトル表示 90
   3.4 交流における抵抗とコイルの働き 96
   3.5 交流におけるコンデンサの働きとコンデンサの接続 102
第4章 交流回路の計算 109
   4.1 RLC並列回路 110
   4.2 RL直列回路,RC直列回路 116
   4.3 RLC直列回路 122
   4.4 交流電力 128
第5章 記号法による交流回路の計算法 135
   5.1 複素数とベクトル 136
   5.2 記号法を用いた解法 142
   5.3 RLC直列回路,RLC並列回路 148
   5.4 記号法の応用 154
第6章 三相交流回路と非正弦交流 161
   6.1 三相交流の性質と表現 162
   6.2 Y-Y結線 168
   6.3 Δ-Δ結線 174
   6.4 ひずみ波交流 180
   6.5 過渡現象 186
   6.6 微分回路,積分回路 192
第7章 電子回路の基礎 199
   7.1 ダイオード 200
   7.2 トランジスタ 206
   7.3 アナログとディジタル 212
   7.4 2進数の計算 218
   7.5 アナログ/ディジタル変換 224
   7.6 ディジタル/アナログ変換 230
第8章 トランジスタ回路 237
   8.1 トランジスタの静特性 238
   8.2 増幅回路 244
   8.3 負荷線 250
   8.4 バイアス回路 256
   8.5 h定数 262
   8.6 等価回路 268
   8.7 デシベル 274
第9章 ディジタル回路 281
   9.1 真理値表とタイミングチャート 282
   9.2 基本論理回路(NOT,AND,OR) 288
   9.3 基本論理回路(NAND,NOR,EXOR) 294
   9.4 エンコーダとデコーダ 300
   9.5 マルチプレクサとデマルチブレクサ 306
   9.6 加算器 312
   9.7 ラッチ 318
   9.8 フリップフロップ 324
   9.9 レジスタとシフトレジスタ 330
   9.10 カウンタ 336
第10章 練習問題の解説・解答 343
   索引 377
   はじめに iii
第1章 直流回路の基礎 1
   1.1 電気の流れ 2
3.

図書

図書
永田博義著
出版情報: 東京 : オーム社, 2008.5  viii, 310p ; 21cm
所蔵情報: loading…
4.

図書

図書
岩本洋著
出版情報: 東京 : 啓学出版, 1978.7  8, 262p ; 21cm
所蔵情報: loading…
5.

図書

図書
森田清著
出版情報: 京都 : 電気書院, 1952  113p :図版 ; 21cm
シリーズ名: 電気用数学全書
所蔵情報: loading…
6.

図書

図書
柴崎誠著
出版情報: 東京 : オーム社, 2018.4  vi, 288p ; 21cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
第1編 パーセント・インピーダンス法 : 変圧器を経由すると、インピーダンス値はどのように変化するか
パーセント・インピーダンス値を表す基本公式と実用公式
発電機、変圧器、送電線の各%Z(%)の概数値
%Z法の基礎である単位法の概要
計算する前に、基準容量値を統一しなければならない理由 ほか
第2編 対称座標法 : 対称座標法は、どんなときに使う計算法か
零相分、正相分、逆相分とは何か
中性点抵抗値を3倍する理由
変圧器の巻線方式によりI0の流れ方が変わる
ベクトル・オペレータαを使用した対称座標法の公式 ほか
第1編 パーセント・インピーダンス法 : 変圧器を経由すると、インピーダンス値はどのように変化するか
パーセント・インピーダンス値を表す基本公式と実用公式
発電機、変圧器、送電線の各%Z(%)の概数値
概要: 本書では、電力回路の技術計算に必要な“パーセント・インピーダンス法”及び“対称座標法”を解説しています。筆者が長年携わった“電力回路の技術計算法の講義”の経験から、多くの方々が誤解しやすい箇所について、豊富な図面により分かりやすく説明をして います。本書の導入部で、この計算法により複雑な回路計算が簡単に解ける理由を簡潔に説明し、その後に、系統運用の実務への応用例や、電験問題の能率的な解き方に繋げる方法で、基礎から応用までを徹底解説しています。 続きを見る
7.

図書

図書
安居院猛, 吉村和昭, 倉持内武共著
出版情報: 東京 : 森北出版, 2017.11  vi, 150p ; 22cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
第1章 直流回路 : オームの法則と抵抗の接続
電圧源と電流源 ほか
第2章 複素数と複素ベクトルの計算 : 複素数と複素ベクトル
複素数の四則演算と有理化 ほか
第3章 交流回路 : 正弦波交流と各種受動回路素子
インピーダンスとリアクタンス ほか
第4章 回路の周波数特性とフィルタの設計 : 共振回路とリアクタンス特性
実際の共振回路と共振回路のよさ ほか
第5章 過渡現象 : RC直列回路の過渡現象
RL直列回路の過渡現象 ほか
付録
第1章 直流回路 : オームの法則と抵抗の接続
電圧源と電流源 ほか
第2章 複素数と複素ベクトルの計算 : 複素数と複素ベクトル
概要: IoT時代のエンジニアのために。計算過程を丁寧に解説、独習しやすい。内容を厳選、情報系や機械系の方に最適。
8.

図書

図書
森本義廣編著 ; 村上純, 中野光臣共著
出版情報: 東京 : 日本理工出版会, 2012.5  vi, 182p ; 21cm
所蔵情報: loading…
9.

図書

図書
永田博義著
出版情報: 東京 : オーム社, 2015.12  294p ; 21cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
第1章 直流回路の計算1—オームの法則 : オームの法則
電流・電圧・抵抗 ほか
第2章 直流回路の計算2—キルヒホッフの法則とべんりな定理 : キルヒホッフの法則と枝路電流法
ループ電流法 ほか
第3章 交流回路の計算1—オームの法則と記号法 : 正弦波交流電圧と電流の瞬時値式
最大値・角速度・周波数 ほか
第4章 交流回路の計算2—キルヒホッフの法則とべんりな定理 : 枝路電流法
枝路電流法とループ電流法 ほか
第5章 交流回路の計算3—三相回路 : 三相交流電源
Y電源とΔ電源 ほか
第1章 直流回路の計算1—オームの法則 : オームの法則
電流・電圧・抵抗 ほか
第2章 直流回路の計算2—キルヒホッフの法則とべんりな定理 : キルヒホッフの法則と枝路電流法
文献の複写および貸借の依頼を行う
 文献複写・貸借依頼