close
1.

図書

図書
大朏博善著
出版情報: 東京 : ワック, 2002.3  189p ; 18cm
シリーズ名: WAC BUNKO
所蔵情報: loading…
2.

図書

図書
ジョージ・カーロ, マーティン・シュラム著 ; 高月園子訳
出版情報: 東京 : 集英社, 2001.11  349p ; 20cm
所蔵情報: loading…
3.

図書

図書
ポール・ブローダー著 ; 荻野晃也監訳 ; ガウスネット訳
出版情報: 東京 : 緑風出版, 2001.11  351p ; 20cm
所蔵情報: loading…
4.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
大久保貞利著
出版情報: 東京 : 緑風出版, 2005.12  214p ; 19cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
   電磁波過敏症
   はじめに 3
第1章電磁波過敏症の実態 13
   一 電磁波から逃れて人里離れた地に住む 16
   発症は突然だった 18
   孫悟空の輪 21
   最後にたどりついた上士幌町の家 25
   二 家族五人、全員が電磁波過敏症! 30
   こんどは妻がマイクロ波で発症 32
   どんな症状が出るのか 35
   三 一〇年以上前から発症し苦しんでいる 40
   MRIが引き金だった 42
   伊豆半島の山の中に避難 47
第2章 米国の過敏症治療最前線 ~ダラス環境医学センター(EHC-D)~ 51
   テキサス州ダラス市 53
   EHC-Dの顔、レイ博士 56
   まず匂い嗅ぎから始まる 60
   過敏症発症の原理 64
   EHC-Dの治療のしかた 68
   ベアトリックさん(患者)の症状 73
   人工衛星も感知する鋭敏さ 76
   レイ博士にインタビュー 78
   内科医スパーロック氏 83
   栄養をどうとるかが肝要 85
   フードローテーションの実践 88
   ESには「良い脂肪摂取」がおすすめ 91
   分析医グリフィス博士 94
   「EMF」のふるまい 97
   国際色豊で仲の良い職場 100
第3章 過敏症に理解のある医師の見方 105
   坂部貢北里研究所病院臨床環境医学センター部長の話 106
   宮田幹夫北里さ大学名誉教授 117
   慢性疲労症候群との類似性 124
第4章 ある過敏症患者の格闘記 129
   一 発症と悪化の経緯 130
   発症 131
   低周波電磁波による症状 132
   恐怖の高周波体験 133
   二 回復への道 139
   温泉宿泊施設でのサウナ+セラミック体験 140
   空家の農家を借りる 142
   ES改善法のあれこれ(1) 143
   ES改善法のあれこれ(2) 145
   最後に 147
第5章 電磁波過敏症のまとめと対策 149
   電磁波過敏症とは 150
   電磁波について 154
   電磁波発生源 160
   なぜ発症するのか 161
   一度発症すると拡大する過敏症状 167
   対策について 172
   電磁波過敏症の早期発見 173
   電磁波過敏症の対症法 176
   化学物質の回避策をいくつかあげる 179
   治療と栄養対策 181
   人によって対策は千差万別 188
   電磁波過敏症対策のための六つの提言 190
終章 最近の電磁波事情概説 201
   あとがき 213
   電磁波過敏症
   はじめに 3
第1章電磁波過敏症の実態 13
5.

図書

図書
水野敏之丞著
出版情報: 東京 : 丸善, 1904.9  201p ; 23cm
所蔵情報: loading…
6.

図書

図書
三輪進著
出版情報: 東京 : 東京電機大学出版局, 2000.9  viii, 166p ; 22cm
シリーズ名: 理工学講座
所蔵情報: loading…
7.

図書

図書
Michel Mardiguian [著] ; 羽鳥光俊監修 ; 小林岳彦訳
出版情報: 東京 : 丸善, 2000.6  xii, 304p ; 21cm
所蔵情報: loading…
8.

図書

図書
橋本修著
出版情報: 東京 : 森北出版, 1997.10  iv, 136p ; 22cm
所蔵情報: loading…
9.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
早川正士著
出版情報: 東京 : 技術評論社, 2009.1  199p ; 19cm
シリーズ名: 知りたいサイエンス ; 047
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
はじめに 2
第1章 ノイズとは何か 9
   1 なぜノイズは嫌われるのか 10
   2 そもそもノイズとは何者なのか 15
   3 ノイズの正体は「電圧」,撒き散らすのは「電磁波」 18
   4 ノイズを出さない「EMI」対策とノイズに影響されない「EMS」対策 21
   5 ノイズが通信技術を進歩させる 24
   6 現代人はノイズとの上手な付き合いが必要 29
第2章 無線通信と自然ノイズ 30
   1 無線通信は自然界のノイズにさらされている 34
   2 携帯電話はなぜ周波数の高い電波を利用するのか 38
   3 電波の特性がわかれば電磁ノイズの振るまいも理解できる 44
第3章 電磁ノイズのメカニズム 59
   1 人工電磁ノイズの発生メカニズム 60
   2 ノイズの伝搬メカニズム 66
   3 電界が磁界を生み磁界の変化が電界を作る 73
   4 電磁波(ノイズ)が空間を伝わるメカニズム 82
   5 どうすればノイズを遮断できるのか 90
   6 ノイズの大きさを表す単位 101
第4章 電磁ノイズで地震予知は可能か? 107
   1 地震の前にノイズが出るのは本当か? 108
   2 地震の前兆! 地中で発生するULFノイズ 113
   3 世界中のULFノイズをまとめると? 120
   4 VLF局電波の伝搬異常で地震の前兆をつかむ 123
   5 国内VLF/LFネットワーク 127
   6 インドネシア・スマトラ地震も日本でわかっていた! 131
   7 最近の地震のときは電離層は荒れていた? 136
   8 なぜ地震のとき電離層まで荒れるのか 140
第5章 雷ノイズで地球環境をモニターする 143
   1 地球と電離層間での空洞共振! 144
   2 シューマン共振で地球温暖化のモニターができる? 149
   3 巨大雷発生時に赤く光るスプライト 157
第6章 ノイズで宇宙の天気を予報する 161
   1 宇宙天気予報は現代社会の重要課題 162
   2 雷が口笛(ホイスラ)を吹く? 166
   3 ホイスラによる大発見 175
   4 地球周辺のエリート粒子によるノイズ 180
   5 エリート女性も低く静かにさえずる 185
   6 宇宙天気予報で宇宙嵐の被害を最小限に食い止める 187
   7 人工ノイズが磁気圏に影響を与える 189
あとがき 195
参考文献 196
索引 199
はじめに 2
第1章 ノイズとは何か 9
   1 なぜノイズは嫌われるのか 10
10.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
森谷武男著
出版情報: 東京 : 青灯社, 2009.11  196p ; 19cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
はじめに 3
第一章 地震とはどのような現象か 11
   1 地震の前・同時・後に起こる現象 11
   2 地殻変動とそれに付随する現象-海面変動、地下水の異常 15
   3 発光現象 26
   4 電離層の震動・擾乱 28
   5 電磁気的な異常現象-電磁波の異常伝播と雑音の発生 33
   6 動物の異常行動 36
   7 ラドンガスの発生 41
   8 大地震を中心とした時空間的な集団としての統計的性質の変化 42
   9 地震予報に有用な前兆 60
第二章 電波伝播異常と地震 69
   1 1995年兵庫県南部地震が社会も地震学も変えた 69
   2 どのようにしてFM放送の電波で地震予報ができるのか 74
   3 なぜ電波伝播異常が起こるのだろう 82
第三章 北海道大学地震火山研究観測センターの挑戦 87
   1 観測の動機 87
   2 2003年9月に起きた二つの地震 92
   3 VHF電波の地震エコー生成のメカニズム 106
   4 2008年7月からのドキュメント 112
   5 2009年2,3月のドキュメント 119
   6 静穏期の持つ意味 124
第四章 他の電磁気的方法による地震前兆の研究 127
   1 ギリシャのVAN法 127
   2 日本におけるVAN法 134
   3 早川研究室のLF・ULF帯電波観測 135
   4 LF帯電磁放射パルス波の観測(京都大学の尾池研究室) 138
   5 LF帯電磁放射パルス波の観測(東海大学の浅田敏研究室) 139
   6 串田嘉男氏のVHF帯観測 141
   7 宇田進一氏の漣雲の解析 145
第五章 VHF電波観測の評価と将来の展望 147
   1 学会での評価 147
   2 地震予知計画研究の発展と大学の研究 150
   3 地震学会の体質,理学と実学 156
   4 地震学と電波工学との交流 167
   5 日本におけるVHF観測網の基本設計図 168
   6 地震予報の試験的情報発信 174
   7 地震予知研究者が守るべき「地震予知指針」 183
   8 将来の展望 186
あとがき 188
参考文献 195
はじめに 3
第一章 地震とはどのような現象か 11
   1 地震の前・同時・後に起こる現象 11
文献の複写および貸借の依頼を行う
 文献複写・貸借依頼