close
1.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
原康夫著
出版情報: 東京 : 学術図書出版社, 2001.9  iv, 117p ; 26cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
1. 電荷と電気力
   1.1 電荷と電気力 1
   1.2 電荷の保存則 2
   1.3 静電誘導 3
   1.4 クーロンの法則 4
   1.5 電気力の重ね合わせの原理(3つ以上の電荷がある場合の電気力) 6
   演習問題1 8
2. 電場
   2.1 電場 9
   2.2 電気力線 11
   2.3 ガウスの法則とその応用 13
   2.4 物質中の電場 16
   演習問題2 16
3. 電位
   3.1 電位 17
   3.2 電気力による位置エネルギー 21
   3.3 等電位面と等電位線 23
   3.4 導体と電場 24
   演習問題3 26
4. キャパシター
   4.1 キャパシター 28
   4.2 いくつかの型のキャパシターの電気容量 29
   4.3 キャパシターの接続 31
   4.4 電場のエネルギー 33
   4.5 誘電体と電場 35
   演習問題4 36
5. 電流
   5.1 電流 38
   5.2 起電力 40
   5.3 オームの法則 41
   5.4 直流回路 43
   5.5 キルヒホッフの法則 46
   5.5 電流と仕事 48
   5.7 RC回路* 51
   5.8 熱起電力* 53
   演習問題5 54
6. 電流と磁場
   6.1 磁石と磁場 58
   6.2 地球の磁場 60
   6.3 電流のつくる磁場 61
   6.4 磁束と磁場のガウスの法則 64
   6.5 アンペールの法則* 65
   6.6 電流に働く磁気力 66
   6.7 電流の間に働く力 69
   6.8 荷電粒子に働く磁気力 71
   演習問題6 74
7. 電磁誘導
   7.1 電磁誘導 76
   7.2 電磁誘導の法則 78
   7.3 コイルは静止していて磁場が変化する場合の電磁誘導 81
   7.4 磁場は変化せずコイルが運動する場合の電磁誘導 82
   7.5 自己誘導 84
   7.6 磁場のエネルギー 87
   7.7 相互誘導 88
   7.8 交流 90
   7.9 変圧器 92
   7.10 送電 92
   7.11 磁性体の分類* 93
   演習問題7 94
8. マクスウェル方程式
   8.1 マクスウェル方程式 96
9. 電磁波と光
   9.1 粒子的性質と波動的性質 99
   9.2 光は波で,しかも横波である 100
   9.3 光は電磁波である 102
   9.4 電磁波の反射と屈折 106
   9.5 電場と磁場のエネルギーと運動量 108
   9.6 電場と磁場の実体は何か 109
   9.7 光の二重性(光は波でもあり,粒子でもある) 110
   演習問題9 111
問,演習問題の解答 112
索引 116
1. 電荷と電気力
   1.1 電荷と電気力 1
   1.2 電荷の保存則 2
2.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
新井宏之著
出版情報: 東京 : オーム社, 2011.9  ix, 167p ; 21cm
シリーズ名: 基本を学ぶ
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
1章 電荷と電界
   1 電荷間に働く力 1
   2 電界と電気力線 4
   3 電位と電界 13
   4 ポアソンとラプラスの方程式 18
   ●練習問題 20
2章 帯電体と静電容量
   1 導体と帯電体 23
   2 帯電体と電界 25
   3 静電容量 33
   4 電位係数と容量係数 38
   5 イメージ法 42
   ●練習問題 48
3章 誘電体
   1 誘電体 49
   2 電界・電束密度の境界条件 54
   3 電気的エネルギーとコンデンサの極板間に働く力 60
   ●練習問題 67
4章 電流と磁界
   1 電流と抵抗 69
   2 ビオ・サバールの法則 72
   3 アンペアの周回積分の法則 77
   4 磁界中の電流に働く力 83
   ●練習問題 89
5章 電磁誘導とインダクタンス
   1 ファラデーの法則 91
   2 誘導起電力 94
   3 インダクタンス 99
   4 インダクタンスの計算例 105
   ●練習問題 109
6章 磁性体
   1 磁性体 111
   2 ヒステリシス特性 115
   3 磁界と磁束密度の境界条件 118
   4 磁気回路 123
   ●練習問題 128
7章 電磁波
   1 マクスウェルの方程式 131
   2 電磁波 135
   3 平面波の境界条件と伝搬 139
   ●練習問題 146
付録
   1 ベクトル公式 147
   2 ベクトルポテンシャル 147
   3 ノイマンの公式 149
練習問題解答・解説 151
参考文献 164
索引 165
1章 電荷と電界
   1 電荷間に働く力 1
   2 電界と電気力線 4
3.

図書

図書
アブラハム著 ; エル・ベッカー改訂新版 ; 宮田聰訳
出版情報: 東京 : コロナ社, 1958.10  2, 4, 293p ; 22cm
シリーズ名: 理論電氣学 / アブラハム著 ; 第1巻
所蔵情報: loading…
4.

図書

図書
小出昭一郎著
出版情報: 東京 : 裳華房, 1997.11  v, 102p ; 21cm
シリーズ名: 物理学
所蔵情報: loading…
5.

図書

図書
若桑光雄著
出版情報: 東京 : 昭晃堂, 1972  408p ; 22cm
所蔵情報: loading…
6.

図書

図書
小林久理真著
出版情報: 東京 : 朝倉書店, 1998.10  vii, 145p ; 21cm
シリーズ名: したしむ物理工学
所蔵情報: loading…
7.

図書

図書
高重正明著
出版情報: 東京 : 裳華房, 1998.11  viii, 190p ; 21cm
所蔵情報: loading…
8.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
山田博仁著
出版情報: 東京 : 朝倉書店, 2008.8  vi, 166p ; 21cm
シリーズ名: 電気・電子工学基礎シリーズ ; 7
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
   注 : Z[0]の[0]は下つき文字
   
1. 電気回路の基本法則 1
   1.1 電気回路の基本法則 1
    a. オームの法則 1
    b. キルヒホッフの法則 4
   1.2 準定常電流 7
    a. 準定常電流での基本式 7
    b. 隣接したコイルに対しての式 8
2. 回路素子 13
   2.1 線形回路素子 13
    a. 抵抗器 13
    b. コイル 14
    c. キャパシタ 15
    d. 変成器 16
    e. 電圧源 18
    f. 電流源 19
   2.2 回路素子の接続 20
    a. 抵抗器の接続 20
    b. コイルの接続 21
    c. キャパシタの接続 23
   2.3 電力 24
   2.4 直流回路 26
    a. 抵抗回路 26
    b. 抵抗器で消費される電力と電力量 27
    c. 直流電源と抵抗負荷で消費される電力 28
   2.5 RLC直列回路 29
3. 交流回路 32
   3.1 交流 32
    a. 正弦波交流 32
    b. 交流の複素数表示 33
    c. フェーザ表示による演算 35
    d. フェーザ表示による交流回路の扱い 37
   3.2 イミタンスの接続 39
    a. インピーダンスの直列接続 39
    b. インピーダンスの並列接続 40
   3.3 複素インピーダンス 41
   3.4 電力 42
    a. 交流における電力 42
    b. 皮相電力と力率 44
    c. 無効電力 44
    d. 複素電力 45
    e. 最大供給電力 46
   3.5 フェーザ図 48
    a. フェーザ図 48
    b. 各種回路のフェーザ図 50
    c. フェーザ軌跡 53
    d. フェーザ軌跡の写像 55
4. 回路方程式 62
   4.1 閉路電流法 62
   4.2 節点電位法 63
   4.3 回路の相反性 66
5. 線形回路において成り立つ諸定理 67
   5.1 線形回路 67
   5.2 重ね合わせの理 68
   5.3 回路の双対性 72
   5.4 逆回路と定抵抗回路 74
   5.5 相反定理 76
   5.6 等価電源の定理 79
   5.7 補償定理 82
6. 二端子対回路 87
   6.1 二端子対回路 87
   6.2 インピーダンス行列 88
    a. インピーダンスパラメータ 88
    b. インピーダンスパラメータの求め方 88
    c. 二端子対網の直列接続 90
   6.3 アドミタンス行列 92
    a. アドミタンスパラメータ 92
    b. アドミタンスパラメータの求め方 92
    c. 二端子対網の並列接続 94
   6.4 縦続行列 96
    a. Fパラメータ 96
    b. Fパラメータの求め方 97
    c. 入出力を逆にした二端子対回路に対する縦続行列 99
    d. 二端子対回路の縦続接続 99
   6.5 ハイブリッド行列 101
   6.6 諸行列間の関係 102
   6.7 Δ-Y変換 102
   6.8 伝送的性質 105
7. 分布定数回路 111
   7.1 分布定数回路とは 111
   7.2 伝送線路 112
   7.3 伝送方程式の定常解 115
   7.4 波の伝搬 117
   7.5 線路の行列表現 118
   7.6 線路端条件による電圧・電流分布 121
    a. 半無限長線路 121
    b. インピーダンスZ[0]の負荷で終端した場合 122
    c. 受電端を短絡した場合 122
    d. 受電端を開放した場合 124
   7.7 波の反射と定在波 126
   7.8 反射係数 126
   7.9 各種線路 129
    a. 理想線路(無損失線路) 129
    b. 減衰極小条件と無歪線路 130
    c. 分布RC線路 132
    d. 装荷線路と無装荷線路 132
   7.10 複合線路 133
    a. 線路の接続点での反射と透過 133
    b. 3種類の線路の縦続接続 135
    c. 複合線路と縦続行列 138
    d. インピーダンス整合 139
   7.11 無損失線路上での電圧,電流 140
    a. 線路の伝送式 140
    b. 線路上の電圧,電流の円線図 141
    c. 定在波比 144
演習問題解答 147
索引 163
   注 : Z[0]の[0]は下つき文字
   
1. 電気回路の基本法則 1
9.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
新居毅人 [ほか] 著
出版情報: 東京 : 共立出版, 2009.9  v, 167p ; 26cm
シリーズ名: ファンダメンタル物理学
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
第1章 波を表す式 1
   1.1 波とは 1
   1.2 波を表す式 4
第2章 波の重ね合わせの原理 13
   2.1 波の重ね合わせ 13
   2.2 波の干渉 13
   2.3 定常波 14
   2.4 波の反射 15
第3章 気体分子の熱運動 26
   3.1 分子の集合体としての気体の性質 26
   3.2 分子の運動エネルギーと圧力・運動速度 29
   3.3 気体の内部エネルギー 31
第4章 熱力学第1法則 38
   4.1 熱平衡 38
   4.2 比熱 38
   4.3 熱力学第1法則 39
   4.4 準静的過程と外力がする仕事 40
   4.5 理想気体におけるいろいろな状態変化 42
   4.6 熱機関 45
第5章 電荷とクーロンの法則 58
   5.1 電荷と電気素量 58
   5.2 クーロンの法則 59
   5.3 帯電のメカニズム 60
第6章 電場 65
   6.1 電荷の作る電場 65
   6.2 電気力線束 66
   6.3 ガウスの法則 68
第7章 電位 75
   7.1 電位の概念 75
   7.2 電位の求め方 75
   7.3 等電位線と等電位面 76
   7.4 キャパシター 76
第8章 オームの法則とキルヒホッフの法則 84
   8.1 電流と起電力 84
   8.2 オームの法則 85
   8.3 キルヒホッフの法則 87
第9章 電流が作る磁場 101
   9.1 磁気力と磁場 101
   9.2 電流がつくる磁場 103
第10章 電流が受ける磁気力 115
   10.1 磁場中を流れる電流に作用する力 115
   10.2 電流間に作用する力 117
   10.3 磁場中を運動する荷電粒子に働く力 119
第11章 電磁誘導 126
   11.1 電磁誘導 126
   11.2 磁場中を運動する回路に生じる起電力 128
演習問題の解答 138
付録A ベクトル 161
付録B 微分・積分 163
付録C 三角関数 165
索引 166
第1章 波を表す式 1
   1.1 波とは 1
   1.2 波を表す式 4
10.

図書

図書
F.N.H.Robinson著 ; 柿内賢信訳
出版情報: 東京 : 丸善, 1978.11  xi, 197p ; 21cm
シリーズ名: オックスフォード物理学シリーズ / 柿内賢信, 土方克法監修 ; 1
所蔵情報: loading…
文献の複写および貸借の依頼を行う
 文献複写・貸借依頼