close
1.

図書

図書
フィリップ・リンベリー, イザベル・オークショット著 ; 野中香方子訳
出版情報: [東京] : 日経BP社 , 東京 : 日経BPマーケティング (発売), 2015.2  493p ; 19cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
1 厳しい現実 : カリフォルニア・ガールズ—これが未来か?
くちばしでつつく—ラベルに隠された真実
2 自然 : 沈黙の春—農薬時代の始まり
野生生物—大いなる喪失
魚—農業が海洋資源を奪う
アニマルケア—獣医に何が起きたか
3 健康 : 無数の抗生剤—公衆衛生上の脅威
太くなるウエスト—食品の質の低下
4 汚物 : 豚みたいに幸せ—汚染の話
南部の苦しみ—工場式養鶏の出現
5 縮みゆく惑星 : 土地—工場式農場がいかに多くの土地を必要とするか
水より濃い—枯れる川、湖、井戸
100ドルのハンバーガー—安い食物という錯覚
6 未来のメニュー : 遺伝子組み換え—人の食料とするか、工場式農場の餌とするか
中国—毛沢東の巨大畜産工場が実現
国王、庶民、そして企業—力のありか
新しい材料—食物について再考する
解決策—迫り来る食料危機をどう回避するか
消費者パワー—あなたにできること
1 厳しい現実 : カリフォルニア・ガールズ—これが未来か?
くちばしでつつく—ラベルに隠された真実
2 自然 : 沈黙の春—農薬時代の始まり
概要: まるで工場のような家畜飼育、養殖、穀類・豆の単一栽培—。一見すると、安価な食料を効率的に大量生産する素晴らしい手段のように見える。しかし、現実はまったく逆だ。現代的集約農業は、公害をまき散らし、生態系を乱し、貧困層を拡大する。その先に待ち構 えているのは、ファーマゲドン(農業がもたらすハルマゲドン)だ。 続きを見る
2.

図書

図書
岡部とし子 [ほか] 著
出版情報: 東京 : アドスリー , 東京 : 丸善株式会社出版事業部 (発売), 2010.2  195p ; 21cm
所蔵情報: loading…
3.

図書

図書
出版情報: 東京 : 日本食品衛生協会, 2014.5  viii, 141p ; 26cm
シリーズ名: 食品安全叢書シリーズ
所蔵情報: loading…
4.

図書

図書
畝山智香子著
出版情報: 京都 : 化学同人, 2009.11  222p ; 19cm
シリーズ名: DOJIN選書 ; 28
所蔵情報: loading…
5.

図書

図書
山田正彦 [著]
出版情報: 東京 : KADOKAWA, 2019.8  237p ; 18cm
シリーズ名: 角川新書 ; [K-276]
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
第1章 : 「国民を二度と飢えさせない」—先人の思いが詰まった種子法はなぜ廃止されたのか
第2章 : 海外企業に明け渡された日本の農業
第3章 : 自分の畑で取れた種を使ってはいけない
第4章 : 市場を狙う遺伝子組み換え、そしてゲノム編集の米
第5章 : 世界を変えたモンサント裁判
第6章 : 世界で加速する有機栽培
第7章 : 逆走する日本の食
第8章 : 日本の食は地方から守る
第1章 : 「国民を二度と飢えさせない」—先人の思いが詰まった種子法はなぜ廃止されたのか
第2章 : 海外企業に明け渡された日本の農業
第3章 : 自分の畑で取れた種を使ってはいけない
概要: 私たちの暮らしや健康の礎である食の安心安全が脅かされている。日本の農業政策を見続けてきた著者が、種子法廃止の裏側にある政府、巨大企業の思惑を暴く。さらに、政権のやり方に黙っていられない、と立ち上がった地方のうねりも紹介する。
6.

図書

図書
小城勝相著
出版情報: 東京 : 講談社, 2016.12  286p ; 18cm
シリーズ名: ブルーバックス ; B-1996
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
第1章 : 中毒とは何か—生命科学としての中毒学入門
第2章 : 生命も毒物も有機化合物でできている
第3章 : 中毒の科学—化学物質の毒性をどう評価するか
第4章 : 解毒の科学—侵入した異物はどう退治されるか
第5章 : 無機物の毒性
第6章 : “毒”としての放射性物質をどう考えるか
第7章 : 毒性を発揮するさまざまな物質
第8章 : がんを引き起こす毒物
第9章 : 中毒学から考えるアレルギー
第10章 : 毒を封じる社会制度—食の安全を確保するために
第1章 : 中毒とは何か—生命科学としての中毒学入門
第2章 : 生命も毒物も有機化合物でできている
第3章 : 中毒の科学—化学物質の毒性をどう評価するか
概要: ポテトチップに含まれる発がん物質。マーガリンを構成する不飽和脂肪酸。受動喫煙で浴びる活性酸素。野菜や漬け物に含まれる微量ミネラル...。ごくふつうの食生活から無数の毒性物質が取り込まれている!精妙な解毒システムで対抗する人体だが、時には自ら 毒物を活性化してしまう。水や塩でさえ健康被害を及ぼしうる一方、ヒ素のような強毒が、少量であれば有用となることも。食の安全や健康の維持に不可欠な「毒」と「解毒」のサイエンス。 続きを見る
文献の複写および貸借の依頼を行う
 文献複写・貸借依頼