close
1.

図書

図書
吉村寿次著
出版情報: [出版地不明] : [吉村寿次], 2013.12  156p ; 27cm
所蔵情報: loading…
2.

図書

図書
吉村壽次編集代表
出版情報: 東京 : 森北出版, 2009.12  xiii, 1716p ; 27cm
所蔵情報: loading…
3.

図書

図書
西澤一俊, 吉村寿次著
出版情報: 東京 : 朝倉書店, 1980.6  295p ; 22cm
所蔵情報: loading…
4.

図書

図書
吉村, 壽次
出版情報: [東京] : 吉村壽次先生退官記念会, 1985.12  ix,438p ; 26cm
所蔵情報: loading…
5.

図書

図書
吉村壽次編集代表
出版情報: 東京 : 森北出版, 2012.11  xiii, 1724p ; 22cm
所蔵情報: loading…
概要: 基礎から応用まで、あらゆる化学分野の最新データを網羅。「物質名」の代表的な体系名を掲載し、工業的な用途も明記。物質・誘導体などのオンライン検索に役立つCAS登録番号を付記。第2版刊行以降の新しい項目を「増補」として巻末に収録。
6.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
S.ヒューニッヒ, G.メルクル, J.ザウワー原著 ; 吉村寿次[ほか]共訳
出版情報: 東京 : 森北出版, 1985.3-1985.6  2冊 ; 22cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
VOL.1
第0章 一般的な注意と手引き 1
   0.1 実験室における安全 2
   0.2 標準反応装置 15
   0.3 実験記録の手引き 28
第1章 アルケンの反応 32
   1.1 アルケンの化学的検出 34
   1.2 アルケンの分光学的検出 34
   1.3 アルケンと臭素との反応 36
   1.4 アルケンへの水の付加 51
   1.5 アルケンと含酸素酸化剤との反応 70
   1.6 (4+2)付加環化 84
第2章 脱離によるCC多重結合の形成反応 112
   2.1 アルコールと鉱酸との反応 113
   2.2 塩基触媒および熱によるHXの脱離 128
   2.3 1,2-ジハロゲノアルカンと塩基との反応 142
   2.4 1,2-ジハロゲノアルカンと還元剤との反応 154
第3章 sp3炭素上における置換反応 160上付
   3.1 アルコールと鉱酸および酸塩化物との反応 161
   3.2 ハロゲン化アルキルおよび硫酸アルキルと酸素求核体との反応 178
   3.3 ハロゲン化アルキル,スルホン酸エステルおよび硫酸エステルと窒素求核体との反応 192
   3.4 ハロゲン化アルキル,スルホン酸アルキルとハロゲン化物イオンおよび擬似ハロゲン化物イオンとの反応 204
第4章 アルデヒド,ケトン,カルボン酸とその誘導体のカルボニル基の反応 218
   4.1 アルデヒド,ケトン,カルボン酸とその誘導体の化学的検出 221
   4.2 アルデヒド,ケトン,カルボン酸とその誘導体の分光学的検出 221
   4.3 アルボニル基と酸素求核体との反応 222
   4.4 カルボニル基と窒素求核体との反応 248
   4.5 カルボニル基と炭素求核体(Grignard化合物)との反応 268
   4.6 カルボン酸およびカルボン酸無水物と無機および有機の酸塩化物との反応 292
   有機化学分析 309
付録 実験の結果と演習のヒント 1
   索引 17
VOL.2
第5章 CH酸性化合物の反応(アルデヒド,ケトンおよびカルボン酸エステルの反応) 319
   5.1 β-ジカルボニル化合物中のエノールの化学的検出 321
   5.2 β-ジカルボニル化合物中のエノールの分光学的検出 323
   5.3 CH酸性化合物としてのケトンと,アルデヒドおよびケトンとの反応 325
   5.4 その他のCH酸性化合物とアルデヒドおよびケトンとの反応 341
   5.5 CH酸性化合物とカルボン酸エステル,α,β-不飽和カルボニル化合物およびα,β-不飽和ニトリル(Michael系)との反応 359
   5.6 CH酸性化合物とアルキル化剤との反応 384
   5.7 アルデヒドまたはケトンと第二アミンおよびCH酸性化合物ないし芳香族化合物との反応 393
   5.8 ケトンとハロゲンとの反応 400
第6章 酸化反応-還元反応 409
   6.1 酸化反応 409
   6.1.1 アルコールと酸化剤との反応 411
   6.1.2 芳香族炭化水素およびフェノールと酸化剤との反応 427
   6.1.3 アルキル基をもつ芳香族炭化水素と酸化剤との反応 438
   6.1.4 アルケンと酸化剤との反応 455
   6.2 還元反応 464
   6.2.1 カルボニル化合物と還元剤との反応 465
   6.2.2 アルケンと触媒で活性化された水素との反応 487
   6.2.3 ニトロ化合物と還元剤との反応 497
第7章 芳香族化合物と求電子体との反応 512
   7.1 芳香族化合物の分光学的性質 515
   7.2 芳香族化合物とハロゲンとの反応 525
   7.3 芳香族化合物とHNO3との反応 548
   7.4 芳香族化合物とHNO2との反応 561
   7.5 芳香族化合物とジアゾニウム塩との反応 565
   7.6 芳香族化合物とアシル化剤およびアルキル化剤との反応 574
   有機化学分析 609
付録 実験結果と演習のヒント 1
   索引 21
VOL.1
第0章 一般的な注意と手引き 1
   0.1 実験室における安全 2
文献の複写および貸借の依頼を行う
 文献複写・貸借依頼