close
1.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
安孫子誠也 [ほか] 著
出版情報: 東京 : ベレ出版, 2007.3  355p ; 21cm
シリーズ名: 読んで楽しむ教科書
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
はじめに 3
序章 物理学の歴史―いつ、どこに注目するのか 17
   どんなものの歴史か 17
   まずどの地域に注目するのか 18
   科学はどのように世界に広がったか 20
   科学は技術を支えたか 22
   明治の日本人がみつけたこと 24
   どの時代に注目するのか 26
第Ⅰ部 ニュートン力学の誕生 29
 1 [通史1]17世紀までのヨーロッパ―自然に関する学問の流れ 30
   変動の時代―16世紀から17世紀 30
   中世ラテン世界と12世紀ルネサンス 32
   アリストテレスの自然学 34
   中世の運動学 36
   プトレマイオスの天文学 37
   コペルニクスの地動説とその影響 39
 2 [通史2]17世紀に起きたこと―ニュートン力学ができるまで 43
   確実な知識を求めて 43
   16世紀までに獲得されたこと 45
   機械論 46
   原子論 50
   粒子哲学・粒子論 51
   数学と天文学―コペルニクス 54
   数学と天文学―ケプラー 55
   数学と自然学―機械学=力学の発展 58
   ニュートン力学 61
   新たな学問の誕生 63
 3 ガリレオとその時代 ほか
   新しい時代の始まり 67
   技術者 ガリレオ 70
   ピサ大学教授 ガリレオ 72
   パドヴァ大学のガリレオ 74
   運動の研究 76
   望遠鏡と天文観測 79
   フィレンツェのガリレオ 81
   『天文対話』 84
   宗教裁判 86
   晩年のガリレオ 88
   ガリレオによって開かれた世界 90
 4 ニュートンのプリンキピア 92
   プリンキピアの主張 92
   プリンキピアの構成 94
   第Ⅰ編 物体の運動 96
   第Ⅲ編 「世界体系」 106
第Ⅱ2部 古典物理学の完成 113
 1 [通史]18・19世紀の展開―物理学の誕生 114
   『プリンキピア』から『解析力学』へ 114
   熱伝導、オームの法則、エネルギー保存則 117
   理論化の進展―力学と物理学 120
   実験科学の展開―熱の場合 122
   実験科学の展開―電気・磁気の場合 124
   実験という方法 126
   物理学を担った人々 128
 2 電磁気学 132
   知覚できない作用を説明する 132
   電気と磁気の初歩的な説明 134
   実験とモデル化 136
   電気の力の伝達 139
   実験と啓蒙の時代 142
   数学による理論化 146
   ガルヴァニズム 149
   電磁気学の誕生 152
   実験と数学の統合 157
   電磁気学と社会の近代化 162
 3 熱力学 167
   熱の本性をめぐる論争 167
   蒸気機関の実用化 170
   仕事概念と永久機関不可能の原理 172
   エネルギー保存則 175
   熱機関の最大効率 178
   可逆熱機関と絶対温度 182
   クラウジウスによる熱力学の定式化 184
   エントロピー概念の導入 187
第Ⅲ部 現代物理学の展開 191
 1 [通史1]現代物理学の誕生 192
   電子論の東城とエーテル検出実験の失敗 192
   X線・放射線・電子等の基本的諸発見 196
   ヘルムホルツ学派と力学批判 201
   熱輻射スペクトルの研究 204
   統計的手法の導入 208
   アインシュタインの光量子論と粒子・波動二重性 211
   ボーアの原子構造論 213
   量子力学への二つの道 216
 2 アインシュタイン 223
   アインシュタイン電気照会と少年アルベルト 223
   アインシュタインの学生時代とベルン特許局 226
   1905年のアインシュタインの三大業績 231
   特殊相対性理論と質量―エネルギー同等則 234
   加速度座標系―重力場の等価原理と一般相対性理論 239
   マッハの原理とアインシュタインの宇宙論 243
 3 [通史2]現代物理学の開花 250
   ノーベル賞受賞者たち 250
   物理学の2つの方向 255
   素粒子物理学―統一理論への道 257
   金属伝導の原子的モデル(自由電子ガスモデル) 259
   最初の量子論的固体物理―フェルミ・ガス 261
   バンド理論 262
   超伝導 266
   超流動 268
   BCS理論(超伝導の微視的理論) 270
   その後の発展 272
   半導体とトランジスター 273
   バンド理論を越えて 275
   固体物理学を超えて 278
 4 線前期日本の原子物理学 280
   物理学者の挑戦 280
   長岡半太郎の煩悶 281
   量子力学という新しい規則 283
   原子核の研究 286
   第二次世界大戦下の研究 289
   敗戦後の復興 291
 5 素粒子物理学の発展―湯川・朝永・坂田からの展開を中心として 293
   湯川・朝永生誕100年 293
   坂田の2中間子論と、素粒子論の方法論的な検討 299
   戦後の名古屋グループの形成、C中間子論の展開と2中間子論の確立 303
   V粒子と中野・西島・ゲルマン則 306
   フェルミ・ヤン模型 309
   坂田による素粒子の複合模型への歩み 311
   坂田模型 312
   内部自由度・内部対称性の発見 314
   名古屋模型・新名古屋模型や4次元模型の発展 316
   ニュートリノ振動とニュートリノ質量 318
   ゲルマンのクォーク模型 319
   クォークの謎はカラー3色で解明 320
   小林・益川による標準理論 322
   チャーム粒子・ボトム粒子・トップ粒子の発見と標準模型の確立 323
   湯川・朝永・坂田が探求した未知の世界の行方 325
 6 量子力学とは何か―解釈論争の歴史 328
   コペンハーゲン解釈 329
   ノイマンとシュレーディンガーの猫 331
   EPRパラドックスからエンタングルメントへ 333
   多世界解釈 336
おわりに 340
事項索引 341
はじめに 3
序章 物理学の歴史―いつ、どこに注目するのか 17
   どんなものの歴史か 17
2.

図書

図書
橋本毅彦編
出版情報: 東京 : 東京大学出版会, 2017.5  xii, 330p ; 20cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
身の回りの安全基準
1 交通 : 航空機と運航システム—安全基準の多角性と統一性
船舶と航海の安全性—保険業界・船級協会による評価
2 災害 : 戦前の消防体制と戦後の消防力—都市構造と組織拡充
日本とオランダの治水計画—確率論と基本高水
原子力分野における確率論的安全評価の導入—日本の事例
3 健康 : 食品の安全性と水銀中毒—生活習慣と行政基準
災害予防と心理学的類型—労働と適性検査
4 国際規格 : 医療機器の国際規格づくり—臨床試験と適正実施基準
欧州の試み:CEマーク制度—安全確保への新機軸
技術システムを支える安全基準
身の回りの安全基準
1 交通 : 航空機と運航システム—安全基準の多角性と統一性
船舶と航海の安全性—保険業界・船級協会による評価
概要: 航空機、船舶、消防、堤防、原子力、水銀、心理、医療機器、国際標準—9つのケースを例にとりながら、工学的背景や歴史的発展とともにその成り立ちをたどる。
3.

図書

図書
田村裕和 [ほか] 著
出版情報: 東京 : 丸善出版, 2019.12  167p ; 19cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
1章 なぜ、基礎学問が必要か
2章 基礎科学研究の現場から : 元素の進化、合成と変換
発展する天文学の現状と今後
「多は異なり」とスモールサイエンス
3章 日本の純粋科学を支えたもの、およびそれへの批判
4章 基礎科学研究と社会
5章 : おわりに—基礎科学研究の持続的発展にむけて
1章 なぜ、基礎学問が必要か
2章 基礎科学研究の現場から : 元素の進化、合成と変換
発展する天文学の現状と今後
概要: 日本学術会議物理学委員会主催の公開シンポジウム「基礎科学研究の意義と社会—物理分野から」の講演内容を再録。物理関連分野を例に、基礎科学の(1)学術としての意義・面白さ、(2)人材育成、国際化、(3)社会への貢献・イノベーション、を中心のテー マに据え、社会とどう繋がり、いかに重要かを説くとともに、科学史研究やメディアの視点なども取り入れながら、今後の基礎科学の発展への方向性を議論する。物理学各分野の第一人者が、各々の分野の特徴や研究手法の違い、社会との接点を踏まえた解説を行う。 続きを見る
4.

図書

図書
ウルフ・ラーショーン編 ; 津金-レイニウス・豊子, 佐藤文隆訳
出版情報: 東京 : ユニバーサル・アカデミー・プレス, 2011.4  336p ; 27cm
所蔵情報: loading…
5.

図書

図書
金森修編著
出版情報: 東京 : 勁草書房, 2011.10  vii, 420, lviip ; 22cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
〈科学思想史〉の来歴と肖像 / 金森修 [執筆]
原子核・素粒子物理学と競争的科学観の帰趨 / 岡本拓司 [執筆]
眞島利行と日本の有機化学研究伝統の形成 / 梶雅範 [執筆]
日本人起源論と皇国史観 : 科学と神話のあいだ / 坂野徹 [執筆]
日本漢方医学における自画像の形成と展開 : 「昭和」漢方と科学の関係 / 愼蒼健 [執筆]
生物学と歴史哲学 : 京都学派における〈生物学の哲学〉 / 板橋勇仁 [執筆]
〈科学思想史〉の来歴と肖像 / 金森修 [執筆]
原子核・素粒子物理学と競争的科学観の帰趨 / 岡本拓司 [執筆]
眞島利行と日本の有機化学研究伝統の形成 / 梶雅範 [執筆]
6.

図書

図書
新田義弘 [ほか] 編集
出版情報: 東京 : 岩波書店, 1995.1  vii, 318p ; 22cm
シリーズ名: 岩波講座現代思想 / 新田義弘 [ほか] 編集 ; 11
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
数学基礎論論争 / 佐々木力 [執筆]
ブルバキの初期数学思想 : 神秘のヴェールを剥ぐ / リリアン・ボーリウ [執筆] ; 赤堀庸子訳
へルマン・ワイルの数学思想 / 佐々木力 [執筆]
二〇世紀の数学はどこでおかしくなったのか / チャンドラー・デイヴィス [執筆] ; 坂口勝彦訳
二〇世紀 : 相対性の時代 / ルーイス・パイエンソン [執筆] ; 板垣良一訳
思想としての量子論 / 伊藤憲二 [執筆]
湯川秀樹と朝永振一郎 : 日本における理論物理学の研究 / オリヴィエ・ダリゴル [執筆] ; 岡本拓司訳
現代宇宙論 / 田中裕 [執筆]
科学と技術の交流 / 橋本毅彦 [執筆]
化学研究におけるアメリカニズム : アメリカ高分子化学の源流 / 古川安 [執筆]
数学基礎論論争 / 佐々木力 [執筆]
ブルバキの初期数学思想 : 神秘のヴェールを剥ぐ / リリアン・ボーリウ [執筆] ; 赤堀庸子訳
へルマン・ワイルの数学思想 / 佐々木力 [執筆]
7.

図書

図書
岡本拓司著
出版情報: 東京 : サイエンス社, 2014.9  vii, 245p ; 22cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
科学とは何か
科学はどのようにして生まれたか
科学と出会った日本—明治維新前後
何のために、どこまで西洋化するのか
挑むための受容
木村駿吉の経験 : 不敬事件まで
アメリカ留学へ
アメリカ留学から第二高等学校教授時代まで
無線電信機の開発とその後
明治の脚気—科学技術がもたらした危機
盗電の法理、穂積陳重の逡巡
北里柴三郎と山極勝三郎—医学研究の躍進と国際評価
第一次大戦後の科学界—ドイツ人排斥と日本の科学者
アインシュタインがやってきた
加藤元一の神経伝導不滅衰説
量子力学が意味したもの : アメリカの場合
日本の場合
第二次大戦下の物理学者 : アメリカでの一断面
日本の動向
科学は危機をどう生き延びたか
科学とは何か
科学はどのようにして生まれたか
科学と出会った日本—明治維新前後
文献の複写および貸借の依頼を行う
 文献複写・貸借依頼