close
1.

図書

図書
廣瀬通孝著
出版情報: 東京 : 岩波書店, 2002.5  xii, 226p ; 19cm
シリーズ名: 双書科学/技術のゆくえ
所蔵情報: loading…
2.

図書

図書
edited by Bowen Loftin, Jim X. Chen, Skip Rizzo, Martin Goebel, and Michitaka Hirose
出版情報: Los Alamitos, Ca. ; Tokyo : IEEE Computer Society, c2002  xix, 309 p. ; 28 cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
General Chairmen's Message
Message from the Program Co-Chairs
Steering Committee
Conference Committee
Program Committee
Keynote Address
Do Avatars Dream of Digital Sheep? Virtual People and the Sense of Presence / Mel Slater
Conference Papers
Networked Virtual Environments / Session I:
Handling Heterogeneity in Networked Virtual Environments / H. Trefftz ; I. Marsic ; M. Zyda
An Extensible Event-Based Infrastructure for Networked Virtual Worlds / J. Purbrick ; C. Greenhalgh
An Open Middleware for Large-Scale Networked Virtual Environments / F. D. Tran ; M. Deslaugiers ; A. Gerodolle ; L. Hazard ; N. Rivierre
Distributed and Parallel Techniques / Session II:
Distributed Display Approach Using PHMD with Infrared Camera / R. Kijima ; K. Haza ; Y. Tada ; T. Ojika
An Architecture for QoS Data Replication in Network Virtual Environments / G. V. Popescu ; C. F. Codella
DLoVe: Using Constraints to Allow Parallel Processing in Multi-User Virtual Reality / L. Deligiannidis ; R. J. K. Jacob
Augmented Reality / Session III:
Distributed Applications for Collaborative Augmented Reality / D. Schmalstieg ; G. Hesina
The SmartTool: A System for Augmented Reality of Haptics / T. Nojima ; D. Sekiguchi ; M. Inami ; S. Tachi
Estimating and Adapting to Registration Errors in Augmented Reality Systems / B. Maclntyre ; E. M. Coelho ; S. J. Julier
A Testbed for Precise Registration, Natural Occlusion and Interaction in an Augmented Environment Using a Head-Mounted Projective Display (HMPD) / H. Hua ; C. Gao ; L. D. Brown ; N. Ahuja ; J. P. Rolland
Authoring, Multimedia, and Templates / Session IV:
A Combined Immersive and Desktop Authoring Tool for Virtual Environments / R. Holm ; E. Stauder ; R. Wagner ; M. Priglinger ; J. Volkert
Applications of Temporal Links: Recording and Replaying Virtual Environments / M. Flintham ; S. Benford
Templates for Selecting PC-Based Synthetic Environments for Application to Human Performance Enhancement and Training / C. S. Morris ; R. W. Tarr
User Interfaces / Session V:
ArtNova: Touch-Enabled 3D Model Design / M. Foskey ; M. A. Otaduy ; M. C. Lin
Pop Through Button Devices for VE Navigation and Interaction / R. C. Zeleznik ; J. J. LaViola Jr. ; D. A. Feliz ; D. F. Keefe
Desk-Sized Immersive Workplace Using Force Feedback Grid Interface / T. Yamada ; D. Tsubouchi ; T. Ogi ; M. Hirose
Panel Session 1
Psychophysical Effects of Immersive Virtual Reality / R. B. Loftin
Perception in Virtual Environments / Session VI:
Perceptual Stability during Head Movement in Virtual Reality / P. M. Jaekl ; R. S. Allison ; L. R. Harris ; U. T. Jasiobedzka ; H. L. Jenkin ; M. R. Jenkin ; J. E. Zacher ; D. C. Zikovitz
Attention Enhancement System using Virtual Reality and EEG Biofeedback / B. H. Cho ; J. M. Lee ; J. H. Ku ; D. P. Jang ; J. S. Kim ; I. Y. Kim ; J. H. Lee ; S. I. Kim
Effects of Field of View on Presence, Enjoyment, Memory, and Simulator Sickness in a Virtual Environment / J. J.-W. Lin ; H. B. L. Duh ; D. E. Parker ; H. Abi-Rached ; T. A. Furness
Reflex HMD to Compensate Lag and Correction of Derivative Deformation
System Design and Software / Session VII:
Diverse: A Framework for Building Extensible and Reconfigurable Device Independent Virtual Environments / J. Kelso ; L. E. Arsenault ; S. G. Satterfield ; R. D. Kriz
A Front-Ended Approach to the User-Centred Design of VEs / H. Neale ; S. Cobb ; J. Wilson
A Scalable, Multi-User VRML Server / T. Rischbeck ; P. Watson
Applications / Session VIII:
Real-Time Haptic and Visual Simulation of Bone Dissection / M. Agus ; A. Giachetti ; E. Gobbetti ; G. Zanetti ; A. Zorcolo
Immersive and Interactive Exploration of Billion-Atom Systems / A. Sharma ; X. Liu ; P. Miller ; A. Nakano ; R. K. Kalia ; P. Vashishta ; W. Zhao ; T. J. Campbell ; A. Haas
Visualization for Genome Function Analysis Using Immersive Projection Technology / M. Kano ; S. Tsutsumi ; K. Nishimura ; H. Aburatani ; K. Hirota
Tracking, Segmentation, and Manipulation / Session IX:
Unique Shared-Aperture Display with Head or Target Tracking / W. Chinthammit ; E. J. Seibel
Improving Medical Segmentation with Haptic Interaction / M. Harders ; G. Szekely
Efficient Manipulation of Object Groups in Virtual Environments / W. Stuerzlinger ; G. Smith
Panel Session 2
Virtual Technologies and Environments for Expeditionary Warfare Training / D. Lyons ; J. Cohn ; D. Schmorrow
Poster Papers
Building Virtual Human Body from Video / J. Hoshnio
Interacting with Visible Human Data Using an ImmersaDesk / C.-Y. Lin ; D. T. Chen ; J. Chen ; E. L. Leiss
The Making of Kyongju VR Theatre / C. Park ; H. Ko ; I.-J. Kim ; S. C. Ahn ; Y.-M. Kwon ; H.-G. Kim
MPEG-4 Based Recording and Replay of Collaborative Virtual Reality Sessions / M. Hosseini ; N. D. Georganas
Net Juggler: Running VR Juggler with Multiple Displays on a Commodity Component Cluster / J. Allard ; V. Gouranton ; L. Lecointre ; E. Melin ; B. Raffin
Perceived Egocentric Distances in Real, Image-Based, and Traditional Virtual Environments / P. Willemsen ; A. A. Gooch
Polyvalent Display Framework to Control Virtual Navigations by 6DOF Tracking / P. Bourdot ; D. Touraine
Simultaneous Projection and Picture Acquisition for a Distributed Collaborative Environment / A. M. Kunz ; C. P. Spagno
6th Graders "doin' science"--Collecting Data and Looking for Patterns in a Virtual Field / A. Johnson ; T. Moher ; Y.-J. Cho ; D. Edelson ; B. Reiser
Tension Based 7-DOF Force Feedback Device: SPIDAR-G / S. Kim ; S. Hasegawa ; Y. Koike ; M. Sato
The Through-the-Lens Metaphor: Taxonomy and Application / S. L. Stoev ; W. StraBer
Tinmith-Hand: Unified User Interface Technology for Mobile Outdoor Augmented Reality and Indoor Virtual Reality / W. Piekarski ; B. H. Thomas
VESS: Coordinating Graphics, Audio, and User Interaction in Virtual Reality Applications / J. Daly ; B. Kline ; G. A. Martin
Virtual Locomotion System for Large-Scale Virtual Environment / L. Bouguila
Virtual Shadows--Enhanced Interaction in Mixed Reality Environment / T. Naemura ; T. Nitta ; A. Mimura ; H. Harashima
VizWear-3D: A Wearable 3-D Annotation System Based on 3-D Object Tracking Using a Condensation Algorithm / T. Okuma ; T. Kurata ; K. Sakaue
Tutorials and Workshops
Usability Evaluation Techniques for Virtual Reality Technologies / K. Mania ; S. Ellis ; M. Billinghurst ; A. SteedTutorial 1:
Developing Augmented Reality Applications / Tutorial 2:
Assessment, Rehabilitation and Therapy Applications Using VR / A. Rizzo ; G. Burdea ; L. Hodges ; M. Schultheis ; D. Strickland ; B. Wiederhold ; M. WiederholdTutorial 3:
Open Source Virtual Reality / C. Just ; K. Meinert ; A. Bierbaum ; P. HartlingTutorial 4:
A Hands-On Introduction to Networked Virtual Environments / D. McGregor ; D. Brutzman ; A. KapolkaTutorial 5:
Virtual Environment Usability Engineering / K. M. Stanney ; M. MollaghasemiWorkshop 1:
Storytelling in Virtual Reality Environments / S. MostafawyWorkshop 2:
Author Index
General Chairmen's Message
Message from the Program Co-Chairs
Steering Committee
3.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
廣瀬通孝著
出版情報: 東京 : 岩波書店, 2005.8  xi, 158p ; 22cm
シリーズ名: シリーズ現代工学入門
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
はじめに
1 システムとシステム工学 1
   1.1 システムの定義 1
   1.2 システム・マインドとヨコ型技術 5
   1.3 システム・シミュレーションとモデル化 7
   1.4 シミュレーションのいろいろ 10
   1.5 確率論的シミュレーションとモンテカルロ法 12
   演習問題 16
2 システムとしての計算機 17
   2.1 計算機の量的進化と質的進化 17
   2.2 キロの情報,メガの情報,ギガの情報 20
   2.3 脳と計算機 23
   2.4 空間と計算機 26
   2.5 モバイルと空間型コンピュータ 31
   演習問題 34
3 システムと信頼性 35
   3.1 システムの信頼性 35
   3.2 故障のモデル化 37
   3.3 システムの並列化 42
   3.4 システムの分散化 45
   3.5 ソフトウェアの信頼性 47
   3.6 フェイル・セーフ 55
   演習問題 56
4 システムの集中と分散 57
   4.1 集中のメリットと分散のメリット 57
   4.2 ホロニック・システム 65
   4.3 超分散とモバイル/ウェアラブル 74
   4.4 分散システム理論 80
   演習問題 90
5 フラクタルとカオス 91
   5.1 大域的議論と局所的議論 91
   5.2 フラクタル幾何学とシステム 93
   5.3 カオスとシステム 99
   5.4 システムの見えざる秩序 103
   5.5 ゆらぎの効用 106
   演習問題 111
6 システムと人間 113
   6.1 人間要素のとらえ方 113
   6.2 人間要素の特徴 115
   (a) 平均値と分散 115
   (b) 時間的な変動 117
   (c) 文脈依存性 122
   6.3 感覚と感性 124
   6.4 バーチャル・リアリティ 128
   演習問題 141
7 システムと意味論 143
さらに勉強するために 149
索引 153
はじめに
1 システムとシステム工学 1
   1.1 システムの定義 1
4.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
安西祐一郎 [ほか] 著
出版情報: 東京 : 岩波書店, 2005.11  xvi, 252p ; 22cm
シリーズ名: 岩波講座ロボット学 / 井上博允 [ほか] 編集委員 ; 5
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
   はじめに
1ロボットインフォマティクスとは何か 1
   1.1ロボットインフォマティクスの概念 1
   (a)ロボットインフォマティクス : 広義の定義 1
   (b)ロボットインフォマティクス : 狭義の定義 2
   (c)ロボットとインタラクションの概念 3
   (d)ロボットインフォマティクスに関する注意 4
   (e)本書の構成 5
   1.2アクティブ・インタフェースとしてのロボット 7
   (a)能動的な情報処理システムとしてのロボット 7
   (b)アクティブ・インタフェースとしてのロボット 8
   (c)アクティブ・インタフェースを介したインタラクション 9
   (b)アクティブ・インタフェースとしてのロボットの設計・運用条件 11
   1.3アクティブ・インタフェースとしてのロボットのための要素技術と制度整備 17
   (a)情報処理アーキテクチャ 17
   (b)インタフェースシステム 17
   (c)インタラクションの環境 18
   (d)制度的側面 19
   1.4おわりに 20
   参考文献 21
2情報処理システムとしてのロボット 23
   2.1ロボットにおける情報処理の流れ 24
   2.2集中処理(集中制御) 24
   2.3I/Oデバイスの制御 25
   (a)ポーリング方式 25
   (b)ポーロングによるロボット制御 27
   (c)割り込み方式 27
   (d)割り込み駆動によるロボット制御 29
   2.4分散処理(分散制御) 29
   (a)分散制御システムの設計方法 30
   (b)分散センサーアクチュエータ・モデル 31
   2.5リアルタイム処理 33
   (a)リアルタイム性 33
   (b)リアルタイム処理の特徴 35
   (c)時間制約 38
   (d)時間予測性 37
   (e)リアルタイムオペレーティングシステム 38
   (f)分散リアルタイム処理 41
   (g)リアルタイムシステムの構築 42
   2.6リアルタイム通信 42
   2.7ロボット用コントローラモジュール 45
   (a)ロボット用分散コントローラモジュール 46
   (b)RMTProcessor 46
   2.8消費電力 49
   2.9計算機アーキテクチャ 50
   (a)計算機アークテキチャの定義・分類 50
   (b)命令セットアーキテクチャ 51
   (c)ハードウェア構成の定義 52
   (d)アーキテクチャの決定方法 55
   (e)組込み用プロセッサアーキテクチャ 55
   2.10まとめ 56
   参考文献 56
3ユビキタス環境とネットワークロボットの融合 59
   3.1はじめに 60
   3.2ユビキタスコンピューティング環境 62
   (a)ユビキタスネットワーク 63
   (b)スマート空間 65
   3.3ユビキタスサービス 66
   (a)サービス空間の分類 66
   (b)サービスプラットフォーム : uServiceとuMobile 68
   (c)ユビキタスサービス実現に向けた技術的課題 70
   3.4ネットワークロボット 74
   (a)ネットワークロボットの目的 75
   (b)ネットワークロボット研究開発プロジェクト 75
   (c)ネットワークロボット管理機構 76
   (d)ネットワークユニット 78
   3.5ユビキタス環境との融合 79
   (a)サービス定義 79
   (b)サービス登録管理 80
   (c)サービス発見 82
   (d)サービス合成 83
   (e)サービス協調制御 83
   3.6今後の展望と課題 84
   参考文献 86
4リアルエージェントとしてのロボット 89
   4.1ロボットがリアルエージェントであるとはどういうことか? 90
   4.2コミュニケーション機能を中心としたリアルエージェントの設計 95
   4.3自律移動椅子―アフォーダンスの顕在化と最大化による共同意図形成と達成のナビゲーション― 99
   4.4引き込み原理にもとづく相互調整 107
   (a)床掃除ロボットシミュレータ 110
   (b)床掃除ロボットシミュレータ上での相互調整 113
   (c)システムの評価 116
   4.5人間社会のコミュニケーション作法への準拠 117
   (a)人同士の非言語的なコミュニケーション 119
   (b)ウェイターエージェントのコミュニケーションモデル 121
   4.6聞き手ロボット 130
   4.7残された課題と今後の展望 135
   参考文献 137
5コミュニケーション・ロボット 141
   5.1コミュニケーション・ロボットとは? 143
   5.2コミュニケーション・ロボットの研究課題 145
   (a)研究のねらい 145
   (b)研究課題 145
   (c)ロボット・コミュニケーション処理 147
   5.3コミュニケーション・ロボットのためのハードウェア技術 149
   (a)センサ実装技術 149
   (b)体長と掴む強さ 149
   (c)視覚系 150
   (d)聴覚系 151
   (e)触覚系 151
   (f)移動機構 153
   (h)ネットワーク機能 156
   (i)ロボット内部の配線 158
   5.4コミュニケーション・ロボットのためのソフトウェア技術 159
   (a)アーキテクチャ 159
   (b)タスク 161
   (c)対話行動プログラミング 162
   (d)ソフトウェア開発アプローチ 163
   (e)状況依存モジュール 164
   (f)エピソード・ルール 164
   (g)知覚機能 168
   5.5対人コミュニケーション評価実験の基礎 168
   (a)認知実験の面白さと奥深さ 169
   (b)どんな評価方法があるのか?―定量的評価と定性的評価 170
   (c)定量的評価のための仮説検証と仮説発見 170
   (d)定量的評価のための変数 171
   (e)定量的評価のための有意差 172
   (f)定量的評価のための主観評価 173
   (g)定量的評価のための客観評価 173
   (h)定性的評価 174
   (i)対人コミュニケーションのための個人識別 174
   (j)対人距離の測定法 175
   5.6対人コミュニケーション評価実験例 176
   (a)参加者とRobovieび設定 176
   (b)実験環境 178
   (c)ロボットに対するコミュニケーション行動の変化 179
   (d)子供たちの英語能力の推移 182
   (e)観察された事例 185
   5.7今後の展望 187
   参考文献 188
6空間型ロボティクス 191
   6.1はじめに 192
   6.2モバイルとウェアラブル 195
   6.3パラサイト型ロボットとしてのウェアラブル・コンピュータ 198
   (a)ロボット化する人間 198
   (b)PUI 201
   (c)ライフ・ログ 203
   6.4バーチャル・リアリティとミクスト・リアリティ 207
   6.5テレ・イグジスタンス 212
   6.6バーチャル・ロボット 217
   6.7アバタ 222
   6.8実世界アバタ 231
   6.9ユビキタスと空間ポジショニング 235
   6.10おわりに 242
   索引 245
   はじめに
1ロボットインフォマティクスとは何か 1
   1.1ロボットインフォマティクスの概念 1
5.

図書

図書
廣瀬通孝監修
出版情報: 東京 : オーム社, 1992.4  vi, 182p, 図版[6]p ; 21cm
所蔵情報: loading…
6.

図書

図書
サンドラ・K・ヘルセル, ジュディス・P・ロス編
出版情報: 東京 : 海文堂出版, 1992.6  x, 178p ; 21cm
所蔵情報: loading…
7.

図書

図書
原島博, 廣瀬通孝, 下條信輔編
出版情報: 東京 : 共立出版, 1996.7  262p ; 26cm
所蔵情報: loading…
8.

図書

図書
東京大学バーチャルリアリティ教育研究センター編
出版情報: 東京 : 日刊工業新聞社, 2019.2  159p ; 21cm
シリーズ名: B&Tブックス ; . 今日からモノ知りシリーズ||キョウ カラ モノシリ シリーズ
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
第1章 : VRって何だろう
第2章 : VRと五感の科学
第3章 : VRが可能にする新しいインタラクション
第4章 : 時間と空間を超える
第5章 : VRの周辺技術
第6章 : VRの可能性
第7章 : VRと社会
第1章 : VRって何だろう
第2章 : VRと五感の科学
第3章 : VRが可能にする新しいインタラクション
概要: VRはいつからある?人間の五感を騙す手法。VR空間での自己表現。自然な動きを可能にする技術。身近なところにあるVR...知りたいことがよくわかる。
9.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
日本バーチャルリアリティ学会編
出版情報: 東京 : 工業調査会, 2010.1  xiv, 384p, 図版 [7] p ; 22cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
口絵
はじめに
監修者・編集委員・執筆者一覧
第1章 バーチャルリアリティとは
   1.1 バーチャルリアリティとは何か 5
    1.1.1 バーチャルの意味 2
    1.1.2 バーチャルリアリティとその三要素 5
    1.1.3 バーチャルリアリティと人間の認知機構 7
    1.1.4 バーチャルリアリティの概念と日本語訳 8
    1.1.5 道具としてのバーチャルリアリティ 10
   1.2 VRの要素と構成 10
    1.2.1 VRの基本構成要素 11
    1.2.1 VR世界のいろいろ 12
    1.2.3 VRをどうとらえるか 14
   1.3 VRの歴史 16
第2章 ヒトと感覚
   2.1 脳神経系と感覚・運動 24
    2.1.1 脳神経系の解剖的構造と神経生理学の基礎 24
    2.1.2 知覚・認知心理学の基礎 25
    2.1.3 感覚と運動 26
   2.2 視覚 27
    2.2.1 視覚の受容器と神経系 27
    2.2.2 視覚の基本特性 28
    2.2.3 空間の知覚 30
    2.2.4 自己運動の知覚 31
    2.2.5 高次視覚 32
   2.3 聴覚 33
    2.3.1 聴覚系の構造 33
    2.3.2 聴覚の問題と音脈分離(音源分離) 35
    2.3.3 聴覚による高さ,大きさ,音色,時間の知覚 36
    2.3.4 聴覚による空間知覚 38
   2.4 体性感覚・内臓感覚 40
    2.4.1 体性感覚・内臓感覚の分類と神経機構 40
    2.4.2 皮膚感覚 40
    2.4.3 深部感覚 44
    2.4.4 内臓感覚 45
   2.5 前庭感覚 46
    2.5.1 前庭感覚の受容器と神経系 46
    2.5.2 平衡機能の基本特性 47
    2.5.3 身体運動と傾斜の知覚特性 48
    2.5.4 動揺病 49
    2.5.5 前庭感覚と視覚の相互作用 51
   2.6 味覚・嗅覚 52
    2.6.1 味覚の受容器と神経系 52
    2.6.2 味覚の特性 54
    2.6.3 嗅覚の受容器と神経系 56
    2.6.4 嗅覚の特性 58
   2.7 モダリティ間相互作用と認知特性 59
    2.7.1 視覚と聴覚の相互作用 59
    2.7.2 体性感覚とその他のモダリティの相互作用 60
    2.7.3 思考、記憶と学習 61
    2.7.4 アフォーダンス 64
第3章 バーチャルリアリティ・インタフェース
   3.1 バーチャルリアリティ・インタフェースの体系 66
   3.2 入力インタフェース 69
    3.2.1 物理的特性の計測 69
    3.2.2 生理的特性の計測 75
    3.2.3 心理的特性の計測 78
   3.3 出力インタフェース 80
    3.3.1 視覚ディスプレイ 81
    3.3.2 聴覚ディスプレイ 86
    3.3.3 前庭感覚ディスプレイ 88
    3.3.4 味覚ディスプレイ 89
    3.3.5 嗅覚ディスプレイ 90
    3.3.6 体性感覚ディスプレイ 90
    3.3.7 他の感覚との複合 94
    3.3.8 神経系への直接刺激 95
   3.4 入力と出力のループ 96
第4章 バーチャル世界の構成手法
   4.1 総論 100
    4.1.1 バーチャルリアリティのためのモデリング 100
    4.1.2 レンダリング,シミュレーションとモデル 102
    4.2.3 処理量とデータ量のトレードオフ 103
   4.2 レンダリング 106
    4.2.1 レンダリングのためのモデル 106
    4.2.2 視覚レンダリングとモデル 107
    4.2.3 聴覚レンダリングとモデル 110
    4.2.4 力触覚レンダリングとモデル 114
   4.3 シミュレーション 118
    4.3.1 シミュレーションのためのモデル 118
    4.3.2 空間のシミュレーション 119
    4.3.3 物体のシミュレーション 124
     剛体のシミュレーション 124
     変形のシミュレーション 128
     流体のシミュレーション 129
    4.3.4 人物のシミュレーション 131
第5章 リアルとバーチャルの融合-複合現実感-
   5.1 複合現実感 138
    5.1.1 概念 138
    5.1.2 レジストレーション技術 139
    5.1.3 実世界情報提示技術 145
    5.1.4 実世界モデリング技術 152
   5.2 ウェアラブルコンピュータ 156
    5.2.1 概念 156
    5.2.2 情報提示技術 157
    5.2.3 入力インターフェース技術 161
    5.2.4 コンテキスト認識技術 166
   5.3 ユビキタスコンピューティング 171
    5.3.1 概念 171
    5.3.2 ユビキタス環境構築技術 172
第6章 テレイグジスタンスと臨場感コミュニケーション 178
   6.1 テレイグジスタンス 178
    6.1.1 テレイグジスタンスとは 178
    6.1.2 標準型テレイグジスタンス 188
    6.1.3 拡張型テレイグジスタンス 190
    6.1.4 相互テレイグジスタンス 196
    6.1.5 テレイグジスタンスシステムの構成 201
   6.2 臨場感コミュニケーション 215
    6.2.1 臨場感コミュニケーションと超臨場感コミュニケーション 215
    6.2.2 臨場感の構成要素 221
    6.2.3 臨場感コミュニケーションのインタフェース 226
    6.2.4 臨場感コミュニケーションシステムの実際 232
    6.2.5 時間を越えるコミュニケーション 238
第7章 VRコンテンツ
   7.1 VRコンテンツの要素 246
    7.1.1 VRコンテンツを構成する要素 246
    7.1.2 VRコンテンツの応用分野 249
    7.1.3 VRコンテンツの日常生活 249
   7.2 VRのアプリケーション 250
    7.2.1 サイバースペースとコミュニケーション 250
    7.2.2 医療 257
    7.2.3 教育・訓練(シミュレータとその要素技術) 264
    7.2.4 エンタテイメント 269
    7.2.5 製造業 274
    7.2.6 ロボティクス 278
    7.2.7 可視化 286
    7.2.8 デジタルアーカイブ,ミュージアム 292
    7.2.9 地理情報システム 297
第8章 VRと社会
   8.1 ヒト・社会の測定と評価 314
    8.1.1 実験の計画 314
    8.1.2 心理物理学的測定 315
    8.1.3 統計的検定 318
    8.1.4 調査的方法とその分析 319
    8.1.5 VR心理学 321
   8.2 システムの評価と設計 323
    8.2.1 VRの人体への影響 323
    8.2.2 福祉のためのVR 327
    8.2.3 感覚の補綴と拡張 330
    8.2.4 運動の補綴と拡張 332
   8.3 文化と芸術を生み出すVR 337
    8.3.1 メディアの進化 337
    8.3.2 高臨場感メディアと超臨場感メディア 338
    8.3.3 体感メディアと心感メディア 339
    8.3.4 かけがえのあるメディアと、ないメディア 340
   8.4 VR社会論 342
    8.4.1 VRの社会的受容 342
    8.4.2 VRの社会化 344
    8.4.3 VRの乱用,悪用 346
    8.4.4 VRにかかわる知的財産権 346
   8.5 VR産業論 348
    8.5.1 ゲームとVR 348
    8.5.2 アートへの展開 350
    8.5.3 省資源・省エネルギー・安心安全に貢献するVR 353
    8.5.4 「いきがい」を生み出す産業むむけて 358
索引 363
日本バーチャルリアリティ学会とは 384
口絵
はじめに
監修者・編集委員・執筆者一覧
10.

図書

図書
日本バーチャルリアリティ学会編
出版情報: 東京 : 日本バーチャルリアリティ学会, 2011.1  xiv, 384p, 図版 [7] p ; 22cm
所蔵情報: loading…
文献の複写および貸借の依頼を行う
 文献複写・貸借依頼