close
1.

図書

図書
小柳和喜雄, 柴田好章編著
出版情報: 京都 : ミネルヴァ書房, 2017.1  vi, 231p ; 22cm
シリーズ名: 教育工学選書 ; 2 ; 11
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
第1部 Lesson Studyのバックグラウンド : Lesson Studyの系譜とその動向
日本の授業研究と世界のLesson Study
第2部 欧州におけるLesson Study : 英国におけるLesson Study
北欧におけるLesson Study
第3部 北米におけるLesson Study : カナダにおけるLesson Study
米国におけるLesson Study
第4部 アジア・オセアニアにおけるLesson Study : 中国におけるLesson Study
シンガポールにおけるLesson Study
オーストラリアの授業研究・授業改善
第5部 Lesson Studyのパースペクティブ / Lesson Studyと教育工学の接点
資料 : 世界授業研究学会の研究動向—発表題目の計量的分析を通して
第1部 Lesson Studyのバックグラウンド : Lesson Studyの系譜とその動向
日本の授業研究と世界のLesson Study
第2部 欧州におけるLesson Study : 英国におけるLesson Study
概要: Lesson Studyのこれまでとこれから。日本の「校内での授業研究(研究授業)」がモデルとなったLesson Studyの最新の動向を解説、諸外国での事例を紹介する。
2.

図書

図書
吉崎静夫, 村川雅弘編著
出版情報: 京都 : ミネルヴァ書房, 2016.1  vi, 213p ; 22cm
シリーズ名: 教育工学選書 ; 2 ; 12
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
第1章 : 教育工学としての教育実践研究の特徴と論文のまとめ方
第2章 : 教育技術の研究方法と論文のまとめ方
第3章 : 学習デザインの改善研究と論文のまとめ方
第4章 : 大学の授業設計研究と論文のまとめ方
第5章 : 学習環境のエスノグラフィー研究と論文のまとめ方
第6章 : ワークショップ実践家研究と論文のまとめ方
第7章 : 教師の自己リフレクションと論文のまとめ方
第8章 : 教育工学的な考え方を実践研究にどう反映させるか
第1章 : 教育工学としての教育実践研究の特徴と論文のまとめ方
第2章 : 教育技術の研究方法と論文のまとめ方
第3章 : 学習デザインの改善研究と論文のまとめ方
概要: 研究を論文として発信するために。実践研究を論文にまとめる際のポイントを解説。現場教員にも有用な一冊。
3.

図書

図書
木原俊行, 寺嶋浩介, 島田希編著
出版情報: 京都 : ミネルヴァ書房, 2016.3  vii, 225p ; 22cm
シリーズ名: 教育工学選書 ; 2 ; 10
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
第1章 : 教師教育と教育工学の接点—教育工学的アプローチによる教師教育の今日的展開
第2章 : 教師の力量の概念に関する理論的動向—諸外国とわが国におけるスタンダードの開発をふまえて
第3章 : 教師の力量形成に関する理論的動向—専門的な学習共同体理論等の展開
第4章 : 教育実習プログラムの新開発
第5章 : 教育の情報化に対応するための教員養成カリキュラムのリニューアル
第6章 : 現職教員を対象とした大学院教育の高度化—教職大学院におけるアクティブ・ラーニングの自己省察を通して
第7章 : 現職教員を対象とする行政研修プログラムの改革
第8章 : 教育実践力育成に資する模擬授業教室の開発
第9章 : オンライン授業研究のシステム開発
第10章 : 現職教員のためのeLearningプログラムの開発
第1章 : 教師教育と教育工学の接点—教育工学的アプローチによる教師教育の今日的展開
第2章 : 教師の力量の概念に関する理論的動向—諸外国とわが国におけるスタンダードの開発をふまえて
第3章 : 教師の力量形成に関する理論的動向—専門的な学習共同体理論等の展開
概要: 今日的な力量形成のために—教師教育・現職研修のプログラム、カリキュラムの開発について解説、具体的事例を紹介する。
4.

図書

図書
近藤勲 [ほか] 著
出版情報: 京都 : ミネルヴァ書房, 2015.3  vii, 190p ; 22cm
シリーズ名: 教育工学選書 ; 7
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
第1章 教育メディアの概観 : メディアの歴史
教育メディアの定義と機能
教育のメディアの特徴と分類
第2章 教育メディアの系譜 : 教育メディアの役割
教育メディアの選択
教育メディアとインタラクション
教育メディアの背景理論
背景理論の着地点
第3章 学校現場で役立つ教育メディア : 学校現場における教育メディアの活用
学校現場で役立つ教育メディアの開発
第4章 教育メディアの活用の課題と展望 : 実用化に関わる課題
普及
展望
第1章 教育メディアの概観 : メディアの歴史
教育メディアの定義と機能
教育のメディアの特徴と分類
概要: メディアが教育に果たす役割とは。教育メディアの基本的な考え方と変遷の背景を解説、具体的な開発と利用を紹介し、課題と展望を探る。
5.

図書

図書
水越敏行 [ほか] 著
出版情報: 京都 : ミネルヴァ書房, 2012.10  iv, 208p ; 22cm
シリーズ名: 教育工学選書 ; 6
所蔵情報: loading…
6.

図書

図書
矢野米雄, 平嶋宗編著
出版情報: 京都 : ミネルヴァ書房, 2012.10  v, 217p ; 22cm
シリーズ名: 教育工学選書 ; 4
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
教育工学におけるシステム開発の位置づけ
第1部 モデルドリブンなシステム開発 : 学習・教授知識の組織化とシステム開発
問題メタデータとシステム開発
誤りの可視化モデルとシステム開発
Webベースの学習活動のモデル化とシステム開発
創造性のモデルとシステム開発
マイクロワールドに基づくシステム開発
学習課題系列モデルの基づくシステム開発
第1部まとめ
第2部 技術ドリブンなシステム開発 : モバイル・ユビキタス技術を用いたシステム開発
コラボレーション支援技術を用いたシステム開発
WEB2.0技術を用いたシステム開発
データマイニング技術を用いたシステム開発
VR/ARを用いたシステム開発
技術標準化とシステム開発
第2部まとめ
教育工学におけるシステム開発の位置づけ
第1部 モデルドリブンなシステム開発 : 学習・教授知識の組織化とシステム開発
問題メタデータとシステム開発
概要: 新しい教育や学習の実現を目的としたシステム開発のアプローチを、モデルドリブンと技術ドリブンに分け、様々な研究を事例も交えて紹介する。
7.

図書

図書
西之園晴夫, 生田孝至, 小柳和喜雄編著
出版情報: 京都 : ミネルヴァ書房, 2012.11  vi, 215p ; 22cm
シリーズ名: 教育工学選書 ; 5
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
教育工学分野における教育実針研究とは何か
第1部 自らの教育実践を研究する : 大学院における「実践経験のとらえ直し」を基盤とする教育実践研究の方法
授業リフレクションを用いた教育実践研究
生涯職能学習と実践研究
第2部 他者の教育実践を研究する : 授業設計・授業分析における学習内容へのアプローチ
持続可能(sustainable)な教育実践システムを有する学校の研究
教師の自己成長を促進する研究
第3部 実践者と研究者が協働で職能開発を研究する : 異校種連携や家庭と学校との連携を対象とした教育実践研究
学校・行政の現職教育における教育実践研究の動向と課題
教師教育からみた教育実践研究の動向
教育工学分野における教育実践研究の今後の展望
教育工学分野における教育実針研究とは何か
第1部 自らの教育実践を研究する : 大学院における「実践経験のとらえ直し」を基盤とする教育実践研究の方法
授業リフレクションを用いた教育実践研究
概要: 教育実践研究の方法と事例をわかりやすく豊富に紹介する。学校で、学級で、実践研究を行う現場の教員にも最適の一冊。
8.

図書

図書
稲垣忠, 中橋雄編著
出版情報: 京都 : ミネルヴァ書房, 2017.7  iv, 206p ; 22cm
シリーズ名: 教育工学選書 ; 2 ; 8
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
第1章 : 情報教育の歴史と制度の確立
第2章 : 情報活用の実践力
第3章 : 情報の科学的理解
第4章 : 情報社会に参画する態度
第5章 : 情報活用能力の評価
第6章 : 情報教育のカリキュラム
第7章 : 情報活用能力とメディア・リテラシー
第8章 : 情報教育を支援する教材・システムの開発
第9章 : 情報活用能力を育てる教師の指導力
第10章 : 情報教育研究のこれから
第1章 : 情報教育の歴史と制度の確立
第2章 : 情報活用の実践力
第3章 : 情報の科学的理解
概要: 身を守り、正しく判断し、活用する—情報活用能力に関する研究成果を解説、多様なかたちで展開されてきた研究アプローチを紹介する。
9.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
日本教育工学会編集
出版情報: 東京 : 明治図書出版, 1999.10  201p ; 26cm
シリーズ名: 実践教育工学シリーズ ; No.1
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
発刊のことば
   I わが国のインターネットの教育利用の課題と展望
1 インターネットと教育実践の研究 10
   1知識が情報となるとき
   2モンキータッチングとネットサーフィング
   3変質する知識の価値
   4魚の目,鳥の目,鷹の目
   5情報が知識になるとき
   6学習する権利とインターネット
   7教育実践と実践理論の研究
   8実践理論の試み
   9実践理論と学会の役割
2 インターネットを利用した共同学習カリキュラムの開発と支援ツール-「こねっと・プラン」モデルプロジェクトの研究成果- 23
   1共同学習のための素材提供のシステム
   2共同学習のためのカリキュラム開発
3 子どもによる情報発信~「メディアキッズ」の実践から~ 33
   1メディアキッズの概要
   2具体的な実践事例から~ソフトクリエータプロジェクト
   3課題として
4 子どもが科学者に出会う~湧源サイエンスネットワークの活用 43
   1はじめに
   2研究背景
   3湧源サイエンスネットワーク
   4参加者にとってのYSNの意味
   5コミュニケーションとは
   6YSNの現在
   7参加者とシステム
   8活動概要とこれまでの結果
   9教師の内省と授業デザイン
   10生徒の変容の分析視点
   11科学者の変容
   12学校におけるコミュニケーション活動の問い直し
   13最後に
5 インターネットの教育利用を促進する施策 52
   1文部省の施策
   2主な答申書
   3地方交付税措置
   4文部省と郵政省のプロジェクト
   5文部省と通産省のプロジェクト
   6バーチャルエージェンシー
   7今後の課題
6 我が国の学校におけるインターネットプロジェクト-日本人学校プロジェクトを中心に- 60
   2日本人学校プロジェクト
   3学校をベースにしたプロジェクトの意義
   4まとめ
   II インターネットを活用する教育実践
1 インターネットを用いた地域間交流学習 70
   1学校プロフィール
   2インターネット利用のねらい
   3実際の活動例
   4実践を支えるネットワーク環境
   5新たな交流の方法
   6メールの問題点
   7成果と課題
2 生活環境の異なる学校との共同学習 76
   1単元名「食べ物があぶない!」
   2はじめに
   3育てたい資質・能力
   4活動の構造図
   5活動の実際
   6児童の変容
   7最後に
3 ホームページに対するメッセージを活用した国際理解教育の試み~小学6年社会「世界の中の日本」での実践を通して~ 83
   2教育実践の目的と学習活動の構成
   3児童が学んだこと
4 高度情報通信社会における生きる力の育成~ネットワークの有効活用を通して~ 91
   2研究の仮説と手だて
   3研究の構想
   4研究の内容
   5おわりに
5 インターネットを活用する学校間交流 101
   2川島中学校の学校間交流の歩み
   3交流から得たものから今後に向けて
6 インターネットを用いた国際交流学習~インターネット,テレビ会議を用いたドラマコラボレーション~ 108
   2インターネットを用いたMIDIコラボレーションからスタート
   3姉妹校とのドラマコラボレーション
   4テレビ会議の内容とドラマコラボレーションの経過
   5「互いの違いに学びあい,互いの違いを生かし合える場面」での生徒の様々な「思い」
   6これまでの成果と今後の課題
7 課題学習のためのネットワーク活用 120
   2実践の背景
   3システムの概要
   4ネットワークアンケート【社会科学分野】
   5まとめ
8 地域ネットワークを活用する教育研修 128
   1石川県における教育用ネットワークシステム(スクールネット)の特色
   2スクールネットを活用するための教員研修プログラム
   3スクールネットで資源を活用する教員研修
   III 学校でのインターネットの利用を促進する条件
1 最初は行動力・サポート・イベント,継続には全教科・全教員・全教室 136
   2導入期は行動力・サポート・イベント
   3継続には全教科・全教員・全教室
   4おわりに:教育工学研究者からの貢献
2 コミュニケーションが変われば利用が変わる 139
   1電話・ファックスとインターネット
   2コミュニケーションと授業
   3教師自身の問題として
3 対等な立場での共同研究~理解ある上司の存在と成果の発表~ 143
   2インターネットへの接続
   3教育実習への利用
   4今後の展望
4 教育委員会の支援がカギ 145
   2馬橋小学校でのコンピュータ活用
   3インターネット利用促進の条件
   4おわりに
5 教師一人に「1台+1D」の環境を 148
   1なぜ教師一人に1台のパソコンが必要か
   2なぜ教師一人一人にメール1Dが必要か
6 教師のマルチタレント性が生きる~総合的な学習におけるインターネットの活用~ 151
7 子どもが自由に日常的に使えるインターネット学習環境が大切 154
   2子どもによるネットワーキング
   3人が見えるインターネット学習環境
   4インターネット利用を広げていくために
8 新しいカリキュラムと重層的なサポート体制の必要性 157
   2総合的な学習とインターネットの教育利用との接点の開拓
   3学校内外のサポート体制の確立
9 確かな理念を持ち校内の共通理解のもとに 160
   1ホームページ作成にあたっての考え方
   2指導にあたっての教師の役割
   3教師の啓発
   4ネットワークによる教師間の情報交換
10 これからの教育と高度情報化通信社会 162
   はじめに
   1学校とインターネットの始まり
   2インターネットは学校を変える
   3教育現場の体制づくり
   4インターネットは教育に役立つのか
資料 インターネットの教育利用を考えるための参考資料 166
   1単行本・雑誌
   2インターネット(WWWサイト・ページ)
   IV 今日の教育課題「総合的な学習(情報)」の実践の課題
1 総合的学習と「情報」の課題 176
   2総合的学習の内容構成は
   3情報教育からの総合的学習への接近
2 総合的学習の時間のための新たな授業づくり 181
   1総合的学習のためのカリキュラム開発
   2総合的学習のための授業づくり
3 小学校での情報教育の実際~何をどうするか~ 186
   1小学校における情報教育の意味と意義
   2総合的な学習と情報教育
   3情報通信機器の視聴覚的活用の推進
   4児童に対する情報教育の実際
   5課題
4 中学校での情報教育の実際~何をどうするか~ 191
   1総合的な学習の時間と情報教育
   2中学校における情報教育の指針
   3実践から体系化への一貫教育
   4実践事例データベースの構築
   5実践に当たっての課題
5 高等学校での情報教育の実際 195
   2総合的な学習の時間の確保
   3情報教育と生きる力
   4実践事例
コンピュータの中の自分史40年に思う~情報インフラの進む中で~ 199
あとがきに代えて インターネットと自由な学習
   執筆者一覧
発刊のことば
   I わが国のインターネットの教育利用の課題と展望
1 インターネットと教育実践の研究 10
10.

図書

図書
森本康彦 [ほか] 編著
出版情報: 京都 : ミネルヴァ書房, 2017.2  v, 221p ; 22cm
シリーズ名: 教育工学選書 ; 2 ; 2
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
第1章 : eポートフォリオとは
第2章 : eポートフォリオと学習評価
第3章 : eポートフォリオと教師教育
第4章 : eポートフォリオとキャリア支援
第5章 : eポートフォリオと教育の質保証
第6章 : eポートフォリオと学習コミュニティ
第7章 : 学習記録データとeポートフォリオ
第8章 : eポートフォリオシステム
第9章 : eポートフォリオのこれから
付録 eポートフォリオQ : &
A
第1章 : eポートフォリオとは
第2章 : eポートフォリオと学習評価
第3章 : eポートフォリオと教師教育
概要: eポートフォリオを活用する。理論と実践をわかりやすく解説、活用事例とシステム開発の現状、先端研究・技術について紹介する。
文献の複写および貸借の依頼を行う
 文献複写・貸借依頼