close
1.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
齋藤勝裕, 下村吉治著
出版情報: 東京 : 講談社, 2007.9  vi, 184p ; 21cm
シリーズ名: 絶対わかる化学シリーズ
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
はじめに v
第Ⅰ部 生体をつくるもの 1
1 細胞 2
   1 生命体と細胞 2
   2 細胞の種類 4
   3 細胞の進化 6
   4 細胞膜の構造 8
   5 細胞膜の運動 10
   6 細胞膜の変形 12
   7 細胞小器官 14
2 生体と化学物質 16
   1 水 16
   2 タンパク質 18
   3 タンパク質とポリペブチド 20
   4 タンパク質の立体構造 22
   5 タンパク質の高次構造 24
   6 単糖類 26
   7 多糖類 28
   8 脂質 30
   9 中性脂質 32
   コラム : サリドマイド 34
第Ⅱ部 生命の連鎖 35
3 DNA 36
   1 受精と染色体 36
   2 DNAの分子構造 38
   3 染色体とDNA 40
   4 DNAの二重らせん 42
   5 DNAの遺伝情報 44
   6 DNAの分裂と複製 46
   7 塩基の対応 48
   コラム : 生命発生と環境 50
4 タンパク質合成 52
   1 DNAとRNAの違い 52
   2 転写 54
   3 RNAの連続転写 56
   4 RNAのプロセッシング(加工,精製) 58
   5 RNAの種類 60
   6 タンパク質合成の場 62
   7 アミノ酸の選択と運搬 64
   8 タンパク質の合成 66
5 遺伝子工学 68
   1 ゲノム 68
   2 ゲノム解読 70
   3 クローン技術と体外受精 72
   4 細胞工学 74
   5 細胞融合の利用 76
   6 遺伝子工学 78
   7 遺伝子組換え 80
   8 遺伝子治療 82
   コラム : アミノ酸の配列順序 84
第Ⅲ部 生体とエネルギー 85
6 光合成86
   1 生体とエネルギー 86
   2 大陽光とエネルギー 88
   3 光合成 90
   4 明反応と暗反応
   5 明反応のエネルギー 94
   6 暗反応 96
   7 酵素 98
7 代謝 100
   1 消化と吸収 100
   2 糖代謝 102
   3 クエン酸回路 104
   4 ミトコンドリアの呼吸と電子伝達系 106
   5 嫌気的エネルギー代謝と好気的エネルギー代謝 108
   6 脂質代謝 110
   7 タンパク質・アミノ酸代謝 112
   8 核酸代謝 114
   9 発酵 116
   コラム : ウィルス 118
第Ⅳ部 生体の機能 119
8 情報伝達 120
   1 生体と情報 120
   2 膜輸送 122
   3 神経間伝達 124
   4 神経内伝達 126
   5 味覚 128
   6 嗅覚 130
   7 視覚 132
   8 ホルモン 134
   9 酸素運搬 136
9 免疫 138
   1 免疫担当細胞 138
   2 免疫系 140
   3 B細胞(体液性免疫) 142
   4 T細胞(細胞性免疫) 144
   5 食細胞 146
   6 アレルギー 148
   コラム : 花粉症 150
第Ⅴ部 疾病と老化 151
10 疾病 152
   1 疾病と治療 152
   2 発がん機構 154
   3 抗がん剤 156
   4 エイズの発症機構 158
   5 エイズ治療 160
   6 遺伝子疾患 162
   7 ビタミン欠乏症 164
   8 薬剤 166
   コラム : 毒 168
11 発生と老化 170
   1 発生 170
   2 細胞周期 172
   3 DNAの異常 174
   4 老化 176
   5 テロメア 178
   6 細胞の終えん 180
索引 182
はじめに v
第Ⅰ部 生体をつくるもの 1
1 細胞 2
2.

図書

図書
齋藤勝裕著 ; 講談社サイエンティフィク編集
出版情報: 東京 : 講談社, 2004.8  x, 212p ; 21cm
シリーズ名: 絶対わかる化学シリーズ
所蔵情報: loading…
3.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
齋藤勝裕著 ; 講談社サイエンティフィク編集
出版情報: 東京 : 講談社, 2008.4  vi, 184p ; 21cm
シリーズ名: 絶対わかる化学シリーズ
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
はじめに v
第Ⅰ部 基礎問題 1
1章 構造 2
   1 記号 2
   2 結合 4
   3 炭化水素の構造 6
   4 C-O結合の構造 8
   5 芳香族性 10
   6 不安定中間体 12
   7 置換基 14
2章 反応 16
   1 基礎反応 16
   2 官能基の反応 18
   3 単結合の反応 20
   4 不飽和結合の反応 22
   5 カルボニル基の反応 24
   5 共役系の反応 26
   7 芳香族の反応 28
   コラム : 反応機構の約束 30
第Ⅱ部 初級問題 31
3章 C=C結合の反応 32
   1 二重結合生成反応 32
   2 付加反応 34
   3 シス-トランス付加反応 36
   4 環状付加反応 38
   5 ジオール生成反応 40
   6 酸化切断反応 42
   7 三重結合の反応 44
4章 C=X結合の反応 46
   1 求核付加反応 46
   2 有機金属試薬の反応 48
   3 酸化還元反応 50
   4 不均化反応 52
   5 縮合反応 54
   6 転位反応 56
   7 エナミンの生成 58
5章 芳香族の反応 60
   1 求電子置換反応 60
   2 置換基変換反応 62
   3 配向性 64
   4 カップリング反応 66
   5 還元反応 68
   6 ベンゼン環上の転位反応 70
   7 ピリジンの反応 72
6章 分子軌道論的反応 74
   1 エネルギーと関数 74
   2 結合エネルギー 76
   3 分子軌道と反応性 78
   4 芳香族性 80
   5 閉環反応 82
   6 水素移動反応 84
   7 環状付加反応 86
   コラム : 反応機構の中間部分 88
第Ⅲ部 中級問題 89
7章 基礎的な反応 90
   1 ケトンからアミドへの転位反応 90
   2 ケトンから力ルボン酸への反応 92
   3 ケトンの酸化反応 94
   4 ケトンとマロン酸エステルの反応 96
   5 エナミンの反応 98
   6 ケトンとコハク酸の縮合反応 100
   7 2個のケトン間の反応 102
   コラム : 二重結合の転位・環状付加反応 104
8章 応用的な反応 106
   1 2個のアルデヒドの間の反応 106
   2 ベンゼン環上の転位反応 108
   3 アルデヒドとニトリル陰イオンの反応 110
   4 アセチル基とアミンの反応 112
   5 α-ハロエステルとケトンの反応 114
   6 α-ハロケトンの転位反応 116
   7 炭素鎖を伸ばす反応 118
9章 発展的な反応 120
   1 カルボン酸からアミンへの変化 120
   2 エステルと金属ナトリウムの反応 122
   3 アルコールから出発する反応 124
   4 二重結合から出発する反応 126
   5 1,3-ジケトンから出発する反応 128
   6 二重結合の転位反応 130
   7 活性メチレンの反応 132
   コラム : 中間体と生成物 134
第Ⅳ部 上級問題 135
10章 学部初学年 136
   1 反応機構の書き方 136
   2 環状ケトンの開環反応 138
   3 開環と閉環反応 140
   4 脱臭化水素と臭化水素付加 142
   5 二重結合の転位反応 144
   6 四員環ジケトンの開環反応 146
   7 立体的な問題 148
11章 学部中学年 150
   1 非共有電子対による力ルボニルの攻撃 150
   2 活性メチレンとエステルの反応 152
   3 環拡大反応 154
   4 三員環を経由する反応 156
   5 エポキシ環の開環反応 158
   6 ケトン環の開環と閉環 160
   7 ラクトン環の反応 162
   8 活性炭素による環化反応 164
12章 学部高学年 166
   1 エナミンの反応 166
   2 六員環ケトンからフェノール生成 168
   3 エーテル環の開裂反応 170
   4 三重結合の転位反応と環状付加反応 172
   5 八員環共役系からベンゼンへの転位反応 174
   6 二環状化合物の反応 176
   7 六員環共役ケトンの開環反応 178
   8 コラム的問題 180
索引 182
はじめに v
第Ⅰ部 基礎問題 1
1章 構造 2
4.

図書

図書
齋藤勝裕著
出版情報: 東京 : 講談社, 2002.10  vi, 216p ; 21cm
所蔵情報: loading…
5.

図書

図書
齋藤勝裕著
出版情報: 東京 : 講談社, 2003.11  vi, 184p ; 21cm
所蔵情報: loading…
6.

図書

図書
齋藤勝裕, 渡會仁著
出版情報: 東京 : 講談社, 2003.11  vi, 184p ; 21cm
シリーズ名: 絶対わかる化学シリーズ
所蔵情報: loading…
7.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
齋藤勝裕, 浜井三洋著
出版情報: 東京 : 講談社, 2008.5  vi, 184p ; 21cm
シリーズ名: 絶対わかる化学シリーズ
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
   はじめに ⅴ
第Ⅰ部 熱力学基礎の基礎 1
1章 気体分子の性質 2
   1 分子の質量 2
   2 物質量 4
   3 理想気体 6
   4 理想気体状態方程式 8
   5 実在気体状態方程式 10
   6 混合気体 12
2章 分子の速度とエネルギー
   1 分子の運動 14
   2 気体分子の運動 16
   3 圧力 18
   4 気体分子の速度 20
   5 分子のエネルギー 22
   6 気体分子の運動エネルギー 24
   7 乱雑と確率 26
   8 エネルギーの分布 28
   9 エネルギーのボルツマン分布 30
   10 速度のマクスウエル-ボルツマン分布 32
   コラム :  平均と根平均二乗 18
   コラム :  運動速度の計算 20
   コラム :  気体分子の飛行速度 34
第Ⅱ部 反応とエネルギー 35
3章 熱・仕票・エネルギー 36
   1 熱・仕事・エネルギー 36
   2 内部エネルギー 38
   3 系と外界 40
   4 熱力学第一法則 42
   5 仕事と体積変化 44
   6 定圧変化と定容変化 46
4章 エンタルピー 48
   1 エンタルピー 48
   2 モル熱容量 50
   3 分子構造とモル熱容量 52
   4 等温変化と断熱変化 54
   5 断熱過程 56
   6 循環過程 58
5章 熱化学方程式 60
   1 熱化学方程式 60
   2 へスの法則 62
   3 標準燃焼エンタルピーΔcH° 64
   4 標準生成エンタルピーΔfH° 66
   5 結合エンタルピー 68
   6 エンタルピーの温度変化 70
   コラム :  エンタルピー変化を求めてみよう 70
6章 エントロピー 72
   1 乱雑さ 72
   2 整然と乱雑 74
   3 乱雑さとエントロピー 76
   4 熱量とエントロピー 78
   5 エントロピーと分子構造 80
7章 変化とエントロピー 82
   1 エントロピーと温度変化 82
   2 エントロピーと体積,圧力変化 84
   3 濃度変化とエントロピー 86
   4 エントロピーと状態変化 88
   5 標準エントロピーS°と標準生成エントロピーΔfS° 90
   6 トルートンの規則 92
   7 演習問題と問題 94
   コラム :  定常状態と平衡状態 96
第Ⅲ部 平衡の性質 97
8章 ギブズエネルギー 98
   1 反応とエネルギー 98
   2 反応とエントロピー 100
   3 ギブズエネルギーとヘルムホルツエネルギー 102
   4 反応の方向 104
   5 ギブズエネルギーと温度・圧力 106
   コラム :  反応に伴うエントロピー変化を求めてみよう 100
   コラム :  ギブスエネルギーを求めてみよう 106
9章 化学反応と化学平衡 108
   1 反応の種類 108
   2 活性化エネルギー 110
   3 反応速度定数 112
   4 平衡と速度定数 114
   5 平衡とギブスエネルギー 116
   6 ル・シャトリエの原理 118
   7 平衡定数の温度変化 120
   コラム :  平衡定数の値を求めてみよう 120
10章 状態の変化 122
   1 物質の三態 122
   2 物質の状態 124
   3 状態図 126
   4 相律 128
   5 多成分系 130
   6 相変化とエントロピー,自由エネルギー 132
   コラム :  臨界状態 129
   コラム :  三態以外の状態 134
第Ⅳ部 溶液の性質 135
11章 溶液 136
   1 溶解 136
   2 溶解度 138
   3 溶解のエネルギー 140
   4 気体の溶解 142
   5 蒸気圧 144
   6 溶液の蒸気圧降下 146
   7 沸点上昇・凝固点降下 148
   8 蒸気圧の温度変化 150
   9 浸透圧 152
   コラム :  水に溶ける窒素の量を求めてみよう 142
   コラム :  モル分率と分圧を求めてみよう 147
   コラム :  逆浸透 152
12章 電解質溶液と酸化・還元 154
   1 イオン 154
   2 電解質と酸化・還元 156
   3 電離平衡 158
   4 活量 160
   5 溶解度積 162
   6 イオン化傾向 164
   7 酸化・還元 166
13章 電気化学 168
   1 ボルタ電池 168
   2 ダニエル電池 170
   3 起電力 172
   4 ネルンストの式 174
   5 種々の電池 176
   6 二次電池 178
   7 電気分解 180
   コラム :  ダニエル電池の起電力 174
索引 182
   はじめに ⅴ
第Ⅰ部 熱力学基礎の基礎 1
1章 気体分子の性質 2
8.

図書

図書
齋藤勝裕著 ; 講談社サイエンティフィク編集
出版情報: 東京 : 講談社, 2005.7  xii, 210p ; 21cm
シリーズ名: 絶対わかる化学シリーズ
所蔵情報: loading…
9.

図書

図書
齋藤勝裕著
出版情報: 東京 : 講談社, 2007.1  vi, 152p ; 26cm
シリーズ名: 絶対わかる化学シリーズ
所蔵情報: loading…
10.

図書

図書
齋藤勝裕著 ; 講談社サイエンティフィク編集
出版情報: 東京 : 講談社, 2011.7  vi, 184p ; 21cm
シリーズ名: 絶対わかる化学シリーズ
所蔵情報: loading…
文献の複写および貸借の依頼を行う
 文献複写・貸借依頼