close
1.

図書

図書
[コペルニクス著] ; 高橋憲一訳・解説
出版情報: 東京 : みすず書房, 2017.10  v, 707p ; 22cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
第1部 天球回転論 : 『天球回転論』解題
読者へ この著述の諸仮説について
最も聖なる主・教皇パウルス3世宛て回転論諸巻へのニコラウス・コペルニクスの序文
ニコラウス・コペルニクスの『天球回転論』6巻各章の目次
第2部 コメンタリオルス : 『コメンタリオルス』解題
ニコラウス・コペルニクスの小論
第3部 ヴェルナー論駁書簡 : 「ヴェルナー論駁書簡」解題
ヴェルナー論駁書簡
第4部 解説・コペルニクスと革命 : コペルニクス以前の天文学1—ギリシャとローマの世界
コペルニクス以前の天文学2—イスラームとヨーロッパの世界
コペルニクスの生涯と著作
コペルニクスの天文学—地球中心説から太陽中心説へ
コペルニクス説の受容と変容の過程
第1部 天球回転論 : 『天球回転論』解題
読者へ この著述の諸仮説について
最も聖なる主・教皇パウルス3世宛て回転論諸巻へのニコラウス・コペルニクスの序文
概要: 1543年、ニコラウス・コペルニクスが地球中心説(天動説)から太陽中心説(地動説)へと理論を革新させた、科学史第一級の古典全6巻をここに完訳。さらにコペルニクスが太陽中心説の構想を初めて著した未刊の論考『コメンタリオルス』、ヨハン・ヴェルナ ーの著作を批判した書簡を収録し、コペルニクス天文学のすべてを凝集する。コペルニクスはいかにして、そしてなぜ地動説へと辿りついたのか?全篇に付した精緻な訳注、天文学史を古代から“コペルニクス以後”まで詳細に綴った訳者解説「コペルニクスと革命」によって明かされる、革命の全貌。 続きを見る
2.

図書

図書
コペルニクス [著] ; 高橋憲一訳・解説
出版情報: 東京 : みすず書房, 1993.12  v, 247p ; 22cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
1 天球回転論 : 宇宙は球形であること
大地もまた球形であること
どのようにして大地は水と共に1つの球状をなすのか ほか
2 コメンタリオルス : 天球の順序について
太陽に関して現われる諸運動について
運動の一様性は2分点ではなく恒星を起点とすべきこと ほか
3 解説・コペルニクスと革命 : コペルニクス以前の天文学1:ギリシアとローマの世界
コペルニクス以前の天文学2:アラビアとヨーロッパの世界
コペルニクスの天文学—地球中心説から太陽中心説へ
コペルニクス説の受容と変容の過程 : ほか
1 天球回転論 : 宇宙は球形であること
大地もまた球形であること
どのようにして大地は水と共に1つの球状をなすのか ほか
概要: 1543年5月24日、臨終の床にあったポーランドの聖堂参事会員ニコラウス・コペルニクスの許に、印刷されたばかりの彼の主著が届けられた。『天球回転論』と題するこの書こそは、古代・中世を通して支配的であったアリストテレス=プトレマイオス流の地球 中心説(天動説)に真っ向から対立する宇宙論=太陽中心説(地動説)を打ち立て、“科学革命”という歴史的事件を引き起こす引き金となったものであり、近代の幕開けを告げる革命の書であった。本書は、『天球回転論』第1巻の待望の新訳と、コペルニクスが初めて太陽中心説の構想を記した未刊論文『コメンタリオルス』の初の邦訳から成り、併せて天文学における“コペルニクス革命”の意味を解明する詳細な訳者解説を付したものである。 続きを見る
文献の複写および貸借の依頼を行う
 文献複写・貸借依頼