close
1.

図書

図書
ムニャチコ著 ; 栗栖継訳
出版情報: 東京 : 勁草書房, 1969.10  318p, 図版[2]p ; 20cm
シリーズ名: ムニャチコ選集
所蔵情報: loading…
2.

図書

図書
オルガ・トカルチュク著 ; 小椋彩訳
出版情報: 東京 : 白水社, 2014.3  413, 3p ; 20cm
シリーズ名: ExLibris
所蔵情報: loading…
概要: 「ブラウ博士の旅1・2」:人体の神秘に魅せられ、解剖標本の保存を研究するブラウ博士は、学会へ向かう途中、著名な解剖学者の未亡人から招待を受ける。亡き教授の仕事部屋には、驚くべき標本が残されていた。「切断された脚への手紙」:若き日に出会ったス ピノザを師と仰ぐフィリップ・フェルヘイエンは、ふとした怪我がもとで左脚を失っていた。優れた解剖学者となった彼は、あるとき、ないはずの脚に痛みを覚えるようになる。「逃亡派」:アンヌシュカは、難病の息子を抱えてモスクワに暮らしている。週に一度の外出で教会から帰る途中、地下鉄の出口で、たえず足ぶみしながら何かをつぶやく、奇妙ないでたちの女に出会う。「ショパンの心臓」:パリで没した作曲家ショパンは、自分の心臓を愛する祖国に埋葬してほしいと遺言を残した。姉ルドヴィカは、独立の気運が高まるポーランドへ向けて、弟の心臓を携え、冬の平原を馬車で渡っていく。ポーランドで最も権威ある文学賞“ニケ賞”受賞作。 続きを見る
文献の複写および貸借の依頼を行う
 文献複写・貸借依頼