close
1.

図書

図書
アゴタ・クリストフ著 ; 堀茂樹訳
出版情報: 東京 : 早川書房, 2002.3  266p ; 16cm
シリーズ名: ハヤカワepi文庫 ; epi 16
所蔵情報: loading…
2.

図書

図書
アゴタ・クリストフ著 ; 堀茂樹訳
出版情報: 東京 : 早川書房, 2001.5  301p ; 16cm
シリーズ名: ハヤカワepi文庫 ; epi 2
所蔵情報: loading…
3.

図書

図書
アゴタ・クリストフ著 ; 堀茂樹訳
出版情報: 東京 : 早川書房, 2001.11  302p ; 16cm
シリーズ名: ハヤカワepi文庫 ; epi 12
所蔵情報: loading…
4.

図書

図書
レーモン・ルーセル著 ; 岡谷公二訳
出版情報: 東京 : 平凡社, 2004.8  387p ; 16cm
シリーズ名: 平凡社ライブラリー ; 511
所蔵情報: loading…
5.

図書

図書
ガストン・ルルー [著] ; 長島良三訳
出版情報: 東京 : 角川書店, 2000.2  458p ; 15cm
シリーズ名: 角川文庫
所蔵情報: loading…
6.

図書

図書
モーリス・ルブラン [著] ; 堀口大學訳
出版情報: 東京 : 新潮社, 2003.7  281p ; 16cm
シリーズ名: 新潮文庫 ; ル-3-7 . ルパン傑作集||ルパン ケッサクシュウ ; 7
所蔵情報: loading…
7.

図書

図書
ミシェル・ウエルベック著 ; 中村佳子訳
出版情報: 東京 : 河出書房新社, 2015.10  414p ; 15cm
シリーズ名: 河出文庫
所蔵情報: loading…
概要: 「なぜ人生に熱くなれないのだろう?」—圧倒的な虚無を抱えた「僕」は、父の死をきっかけに参加したタイへのツアーで出会った女性と恋におちる。パリへ帰国し、ふたりは売春ツアーを企画するが...。高度資本主義下の愛と性、そして絶望を描き、イスラーム の脅威を見事に予言した、最もスキャンダラスな長編作。 続きを見る
8.

図書

図書
アンリ・トロワイヤ著 ; 小笠原豊樹訳
出版情報: 東京 : 小学館, 2014.11  253p ; 16cm
シリーズ名: 小学館文庫 ; [ト2-1]
所蔵情報: loading…
概要: 巨匠が描く三部構成の物語。第一部は、新人作家ヴァランタンの視点で描かれる。社交界とマスコミ、そして有名無名の作家、批評家たちがうごめくパリの人間模様...もちろん上流夫人との恋愛も。しかし、十九世紀小説のような物語は、読者の予想を裏切る展開 でいきなる幕を下ろす。そしてミステリの手法を取り入れた斬新な第二部が始まる。無名の作家は皮肉にも死後人気作家になっている。語り手は、甥のアドリアン。彼は叔父の評伝を書くために第一部の登場人物たちを訪ね歩き、天才作家の虚と実の間を揺れ動く。そして最後に、鮮烈な第三部が待ち受けている。 続きを見る
9.

図書

図書
モーリス・ルブラン著 ; 平岡敦訳
出版情報: 東京 : 早川書房, 2012.9  262p ; 19cm
シリーズ名: Hayakawa pocket mystery books ; 1863
所蔵情報: loading…
目次情報:
ルパン、最後の恋
アルセーヌ・ルパンの逮捕—初出版
アルセーヌ・ルパンとは何者か?
ルパン、最後の恋
アルセーヌ・ルパンの逮捕—初出版
アルセーヌ・ルパンとは何者か?
概要: 父レルヌ大公が自殺し、一人娘のコラは悲しみに沈んでいた。そんな彼女への遺書の中で大公は、こう記していた。コラの身近には正体を隠した、かのアルセーヌ・ルパンがいる。彼を信頼し、頼りにするようにと。やがて思いがけない事実が明らかになる。コラは大 公の実の娘ではなく、母親が英国のハリントン卿との間にもうけた子だったのだ。高貴の血をひくコラは、にわかに国際的陰謀に巻き込まれる...永遠のヒーローと姿なき強敵との死闘が幕を開ける。著者が生前執筆しながら封印されていた幻の遺作、ついに解禁。 続きを見る
10.

図書

図書
ピエール・ルメートル [著] ; 平岡敦訳
出版情報: 東京 : 早川書房, 2015.10  2冊 ; 16cm
シリーズ名: ハヤカワ・ミステリ文庫 ; HM 425-1
所蔵情報: loading…
概要: 1918年11月、休戦が近いと噂される西部戦線。上官プラデルの悪事に気づいたアルベールは、戦場に生き埋めにされてしまう!そのとき彼を助けに現われたのは、年下の青年エドゥアールだった。しかし、アルベールを救った代償はあまりに大きかった。何もか も失った若者たちを戦後のパリで待つものとは—?『その女アレックス』の著者が書き上げた、サスペンスあふれる傑作長篇。フランス最高の文学賞ゴンクール賞受賞。<br />第一次世界大戦直後のパリでのしあがる実業家プラデルは、戦没者追悼墓地の建設で儲けをたくわえていく。一方、アルベールは生活のため身を粉にして働いていた。そんな彼にエドゥアールが提案したのは、ある途方もない詐欺の計画だった。国をゆるがす前代未聞のたくらみは、はたしてどこにたどりつくのか?日本のミステリ・ランキング一位を独占した人気作家が放つ、スリルと興奮に満ちた群像劇。一気読み必至の話題作。 続きを見る
文献の複写および貸借の依頼を行う
 文献複写・貸借依頼