close
1.

図書

図書
平田篤胤著 ; 子安宣邦校注
出版情報: 東京 : 岩波書店, 2000.1  432p ; 15cm
シリーズ名: 岩波文庫 ; 青(33)-046-3
所蔵情報: loading…
2.

図書

図書
ハワード・ロリン・パッチ著 ; 黒瀬保[ほか]訳
出版情報: 東京 : 三省堂, 1983.9  vii, 360, 図版 [4] p ; 22cm
所蔵情報: loading…
3.

図書

図書
川村邦光著
出版情報: 東京 : 中央公論新社, 2015.8  xii, 295p ; 18cm
シリーズ名: 中公新書 ; 2334
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
天災と弔い—鴨長明の作法
第1部 弔いの作法 : 鎮魂とは何か—折口信夫の鎮魂論
火葬と遊離魂の行方—『日本霊異記』の世界
弔いの結社と臨終の技法—源信の「臨終行儀」と活動
女人の救いと弔い—蓮如の実践
第2部 弔いの風習 : 死者の霊魂の行方
弔いとしての口寄せの語り
ホトケ降ろしの語りと弔い
弔いの形としての絵馬・人形
災厄と遺影
天災と弔い—鴨長明の作法
第1部 弔いの作法 : 鎮魂とは何か—折口信夫の鎮魂論
火葬と遊離魂の行方—『日本霊異記』の世界
概要: 日本人は天災や戦争によって非業の死を遂げた者をどのように弔ってきたのか。『古事記』『日本書紀』を起点に仏教説話集『日本霊異記』の世界に分け入り、念仏結社を作った源信、女人救済を説いた蓮如らによる弔いの作法を歴史的に辿る。さらに死者の霊を呼び 寄せる巫女の口寄せ、ムカサリ絵馬や花嫁・花婿人形の奉納など現在も続く風習を紹介し、遺影のあり方をも考察。古代から東日本大震災後まで連なる鎮魂の形を探る。 続きを見る
4.

図書

図書
久野昭編
出版情報: 京都 : 国際日本文化研究センター, 1994.3  296p ; 22cm
シリーズ名: 日文研叢書 = Nichibunken Japanese studies series ; 3
所蔵情報: loading…
5.

図書

図書
熊野純彦, 下田正弘編
出版情報: 東京 : 東京大学出版会, 2008.12  ix, 269p ; 21cm
シリーズ名: 死生学 / 島薗進, 竹内整一, 小佐野重利責任編集 ; 2
所蔵情報: loading…
6.

図書

図書
小佐野重利, 木下直之編
出版情報: 東京 : 東京大学出版会, 2008.9  viii, 232, vp, 図版 [4] p ; 21cm
シリーズ名: 死生学 / 島薗進, 竹内整一, 小佐野重利責任編集 ; 4
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
言葉とイメージ : ダンテの地獄と源信の地獄 / 小佐野重利 [執筆]
ローマ帝政期の墓における市民の自己表現 / パウル・ツァンカー [執筆] ; 芳賀京子, 尾関幸訳
『往生要集』と近世小説 : 日本における「地獄」イメージの流布 / 長島弘明 [執筆]
東アジアにおける死屍・白骨表現 : 「六道絵」と「骷髏幻戯図」 / 板倉聖哲 [執筆]
歌舞伎の慰霊 : 追善と襲名 / 古井戸秀夫 [執筆]
清正公考 : 死してのち木像と銅像を遺すことについて / 木下直之 [執筆]
長崎平和公園 : 慰霊と平和祈念のはざまで / 末廣眞由美 [執筆]
言葉とイメージ : ダンテの地獄と源信の地獄 / 小佐野重利 [執筆]
ローマ帝政期の墓における市民の自己表現 / パウル・ツァンカー [執筆] ; 芳賀京子, 尾関幸訳
『往生要集』と近世小説 : 日本における「地獄」イメージの流布 / 長島弘明 [執筆]
7.

図書

図書
棚瀬襄爾著
出版情報: 京都 : 京都大学東南アジア研究センター, 1966.4  xiii, 959p ; 22cm
シリーズ名: 東南アジア研究双書 ; 1
所蔵情報: loading…
文献の複写および貸借の依頼を行う
 文献複写・貸借依頼