close
1.

図書

図書
森谷正規著
出版情報: 東京 : 放送大学教育振興会, 2002.3  191p ; 21cm
シリーズ名: 放送大学教材 ; 12011-1-0211
所蔵情報: loading…
2.

図書

図書
川合知二監修
出版情報: 東京 : 工業調査会, 2001.11  287p ; 26cm
所蔵情報: loading…
3.

図書

図書
森谷正規著
出版情報: 東京 : 文藝春秋, 2001.12  211p ; 18cm
シリーズ名: 文春新書 ; 218
所蔵情報: loading…
4.

図書

図書
歌田明弘著
出版情報: 東京 : アスキー, 2001.7  285p ; 20cm
所蔵情報: loading…
5.

図書

図書
志村史夫著
出版情報: 東京 : ジャパンタイムズ, 2002.3  viii, 279p ; 21cm
所蔵情報: loading…
6.

図書

図書
産業技術総合研究所著
出版情報: [東京] : 日経BPクリエーティブ , 東京 : 日経BP出版センター (発売), 2006.1  198p ; 21cm
所蔵情報: loading…
7.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
野口和彦, 三菱総合研究所編
出版情報: 東京 : 日本経済新聞社, 2005.11  156p ; 18cm
シリーズ名: 日経文庫 ; 1906
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
第Ⅰ章夢のあるテクノロジーの世界 9
   1産業における技術の役割 10
   2これから重要となる技術の特徴 12
   3政策が技術の発展を左石する 14
   4技術経営(MOT)とは何か 16
   5技術の光と陰 18
   6技術が私たちの生活を変える 20
   ●COFFEE BREAK科学技術の進歩と社会への貢献 22
第Ⅱ章日常生活を豊かにする 23
   7デジタル家電 24
   8超薄型ディスプレイ 26
   9電子ペーパー 28
   10ユビキタス・ネットウーク 30
   11ICチップ/ICタグ 32
   12電子決済システム 34
   13パーソナル化技術 36
   14科学技術アート 38
   15サーバーシティ技術 40
   ●COFFEE BREAK生活を変える技術 42
第Ⅲ章医療を進歩させる 43
   16ゲノム技術 44
   17バイオテクノロジー 46
   18遺伝子組み換え技術 48
   19クローン技術 50
   20脳神経技術 52
   21再生医療 54
   22DNAチップ 56
   ●COFFEE BREAK科学技術の発達が迫る決断 58
第Ⅳ章環境問題を解決する 59
   23LED(発光ダイオード) 60
   24水素エネルギー 62
   25燃料電池 64
   26リサイクル技術 66
   27環境調和型生産プロセス技術 68
   28廃棄物処理システム 70
   29バイオマス発電 72
   30生分解性プラスチック 74
   31効率的な自然エネルギー活用 76
   32循環型社会システム 78
   ●COFFEE BREAK環境技術を活かすために 80
第Ⅴ章ナノテクノロジーの衝撃 81
   33デンドリマー 82
   34有機ELディスプレイ 84
   35量子コンピュータ 86
   36カーボンナノチューブ 88
   37メゾスコピックサイエンス 90
   38フラーレン 92
   ●COFFEE BREAK素材の開発が持つ威力 94
第Ⅵ章次代の日本を担うロボットアーキテクチャー 95
   39ヒューマノイド型ロボット 96
   40産業用ロボット 98
   41認識技術 100
   42遠隔操作技術 102
   43制御技術 104
   44安全技術 106
   45ヒューマン・コミュニケーション技術 108
   ●COFFEE BREAK二足歩行のロボットがもたらした意識の変化 110
第Ⅶ章安全・安心な社会を築く 111
   46高度道路交通システム(ITS) 112
   47シュアティ技術 114
   48ホームセキュリティ技術 116
   49ネットワークセキュリティ技術 118
   50ウイルス対策技術 120
   51暗号化技術 122
   52防災技術 124
   53リスク評価技術 126
   54福祉介護技術 128
   55バリアフリー技術 130
   ●COFFEE BREAKアクセルとブレーキ。どちらが大切か 132
第Ⅷ章産業の基盤を支える新素材・新技術 133
   56インテリジェント素材 134
   57生体材料 136
   58光触媒 138
   59半導体デバイス 140
   60有機非線形光学材料 142
   61アセンブリプロセス 144
   62バーチャルリアリティ技術 146
   63宇宙・海洋開発技術 148
   ●COFFEE BREAK支持されなかったコピー機の開発 150
   参考文献 151
   用語索引 152
第Ⅰ章夢のあるテクノロジーの世界 9
   1産業における技術の役割 10
   2これから重要となる技術の特徴 12
8.

図書

図書
齊藤了文著
出版情報: 東京 : 講談社, 2005.2  262p ; 19cm
シリーズ名: 講談社選書メチエ ; 323
所蔵情報: loading…
9.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
小野義正著
出版情報: 東京 : 丸善, 2004.9  ix, 117p ; 21cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
1. 国際会議に出席する 1
   1.1 国際会議とは 1
   1.2 国際会議での発表方法 2
    1.2.1 口頭・ポスターでのプレゼンテーション 2
   1.3 国際会議への参加 2
   1.4 口頭発表までの手順 4
   1.5 国際会議への出席 7
2. 英文手紙の書き方 11
   2.1 英文手紙の特徴 11
    2.1.1 正確で簡潔な英文を書く 11
    2.1.2 親しい表現と礼儀正しい表現 12
    2.1.3 書かれた内容は証拠になる 13
   2.2 英文手紙の形式 13
    2.2.1 ビジネス・レターの形式 13
    2.2.2 差出人の住所 (Letterhead) 15
    2.2.3 日付 (Date) 15
    2.2.4 相手(受取人)の氏名と住所 (Addressee and Address) 15
    2.2.5 受取人につける敬称 (Title) 17
    2.2.6 敬辞 (Salutation, Greetings) 17
    2.2.7 照合 (Reference)、見出し(Heading) 18
    2.2.8 本文 19
    2.2.9 結辞 (Complimentary Close) 19
    2.2.10 署名 (Signature) 19
    2.2.11 同封物、その他 (Enclosures and Others) 19
   2.3 英文ビジネス・レターの基本 21
   2.4 文例と表現 22
    2.4.1 手紙の書き出し 22
    2.4.2 手紙の結び 23
    2.4.3 面識のない人に手紙を出すとき 24
    2.4.4 同封するとき 25
    2.4.5 依頼するとき 25
    2.4.6 返事が遅れたとき 26
    2.4.7 急ぎのとき 27
   2.5 機能別決まり文句 27
    2.5.1 礼を述べる 27
    2.5.2 詫びる 28
    2.5.3 通知する 28
    2.5.4 感情・気持ちを伝える 29
    2.5.5 依頼とそれに対する返事 30
    2.5.6 問合せ・注文をする 31
    2.5.7 お祝いを述べる 31
    2.5.8 お悔やみを述べる 31
   2.6 ビジネス・レターの誤り 31
   2.7 発想・習慣の違いによる誤り 33
3. 論文投稿 35
   3.1 雑誌への投稿 35
    3.1.1 投稿規程 36
    3.1.2 投稿論文を作成するときの注意事項 36
    3.1.3 送り状 (covering letter) の作成 38
   3.2 論文の査読者と論文の審査基準 40
    3.2.1 論文の審査 40
    3.2.2 査読者 (reviewers, referees) の役割 40
    3.2.3 論文の審査基準 41
    3.2.4 査読報告書の内容 45
    3.2.5 編集者が決定する掲載の可否 46
    3.2.6 論文審査報告の手紙例 46
   3.3 論文の修正 48
    3.3.1 論文修正の考え方 (査読者対策) 49
    3.3.2 修正論文に添付する手紙 (covering letter) 49
    3.3.3 修正論文が受理された後の処理 51
   3.4 役に立つ文例と表現 53
    3.4.1 投稿論文に添付する手紙 53
    3.4.2 論文の査読報告書 (revewer reports) 53
    3.4.3 修正論文に添付する手紙 54
4. 国際会議後の大学研究室・研究所訪問 57
   4.1 大学・研究所訪問の重要性 57
   4.2 訪問希望の手紙 57
   4.3 研究所を見学する際の心得 62
    4.3.1 受付にて 62
    4.3.2 見学などの打合せ 62
    4.3.3 昼食や夕食へ招待する 64
    4.3.4 将来の交流を提案する 64
   4.4 打合せ時の例文 64
    4.4.1 はじめてあったときの表現 65
    4.4.2 別れるときの表現 66
    4.4.3 打合せの内容表現 67
    4.4.4 打合せ時の基本表現 71
5. Eメール(電子メール)による通信 73
   5.1 Eメールの基本的な構成と書き方 73
    5.1.1 ヘッダー部分 73
    5.1.2 件名に含まれる Re や Fw の意味 75
    5.1.3 cc、bcc の使い方 75
    5.1.4 添付書類 (Attachment) 76
    5.1.5 本文 (Text) 77
    5.1.6 署名 77
   5.2 E メールの書き方 77
    5.2.1 E メールの段落(パラグラフ)の書き方 78
    5.2.2 E メール作成の基本ポイント 79
    5.2.3 E メールを書くときの具体的注意点 (Tips) 81
    5.2.4 略語 (acronym) の使い方 83
    5.2.5 スマイリー (smiley) の使い方 85
    5.2.6 “You attitude” の原則 86
    5.2.7 礼儀正しい表現 86
   5.3 E メールの例文 87
    5.3.1 「書き始め」の表現 87
    5.3.2 「書き終わり」の表現 87
    5.3.3 日本語的な表現を伝えたいとき 87
    5.3.4 E メールを間違って送ったときの対策 88
    5.3.5 E メールの返事 88
    5.3.6 文字化けで読めないとき 88
    5.3.7 添付書類のトラブル 89
    5.3.8 ウイルスに感染しているとき 89
    5.3.9 メールアドレス 89
6. 電話の英語 91
   6.1 電話英語-電話をかける 92
   6.2 電話英語の実際 (電話をかける) 93
    6.2.1 会話の切り出し 93
    6.2.2 話が通じないときの対応 94
    6.2.3 話したい相手が不在のときの対応 94
    6.2.4 相手が出て、用件に入るときの対応 95
    6.2.5 間違い電話をかけたときの対応 95
    6.2.6 途中で電話が切れてしまったときの対応 96
    6.2.7 かけた電話を切る 96
   6.3 アポイントメントをとる 96
   6.4 電話英語の実際 (電話を受ける) (原則は Don't hesitate) 98
    6.4.1 電話を受ける 98
    6.4.2 挨拶をする 98
    6.4.3 電話を取りつぐ 98
    6.4.4 取りつがれた電話に出る 99
    6.4.5 本人が電話に出られないときの対応 99
    6.4.6 かかってきた電話のトラブル対策 100
    6.4.7 かかってきた電話を切る 100
   6.5 電話の会話例 101
   6.6 国際電話のかけ方 103
   6.7 国際電話の綴りの伝え方 104
   6.8 電話で使う時間の言い方、数字の言い方 105
   6.9 電話でよく使われる英語表現 105
7. 参考文献・参考書 109
   7.1 国際会議・国際学会に関する本 109
   7.2 英文手紙・E メールの書き方に関する本 109
   7.3 電話の英語に関する本 110
   7.4 英語論文の書き方に関する本 110
   7.5 英語口頭発表に関する本 111
   7.6 英語の書き方に関する本 112
   7.7 英語辞書 112
索引 114
1. 国際会議に出席する 1
   1.1 国際会議とは 1
   1.2 国際会議での発表方法 2
10.

図書

図書
下村隆一著
出版情報: 東京 : 誠文堂新光社, 2011.11  267p ; 21cm
所蔵情報: loading…
文献の複写および貸借の依頼を行う
 文献複写・貸借依頼