close
1.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
川村光男著
出版情報: 東京 : 昭晃堂, 1981.9  2, iv, 265p ; 22cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
第1章 序論
   (a) マイクロ波 1
   (b) マイクロ波の小歴史 4
   (c) マイクロ波の特徴 6
第2章 電磁波の基礎
   2.1 マクスウエルの方程式 7
   2.2 波動方程式 11
   2.3 平面波 13
   2.4 電磁波のエネルギーとポインティングベクトル 17
   2.5 媒質中の平面波の伝搬 18
   2.6 媒質境界での平面波の反射と透過 23
第3章 伝送線路(一般)
   3.1 伝送方程式とその解 30
   3.2 反射係数と定在波比 36
   3.3 スミス図表 40
   3.4 伝送電力と伝送損失 46
第4章 伝送線路(各論)
   4.1 矩形導波管 50
   4.2 円形導波管 63
   4.3 同軸線路 70
   4.4 ストリップ線路 73
第5章 マイクロ波集中受動回路(I)
   5.1 LCR直列回路とそのQ 75
   5.2 過渡現象とQの物理的意味 77
   5.3 金属損失 79
   5.4 空胴共振器 82
   5.5 透過型空胴共振器の出力 88
第6章 マイクロ波集中受動回路(II)
   6.1 マイクロ波可逆回路 91
   6.2 フェライト中の電磁波 96
   6.3 ファラデー回転 105
   6.4 フェライトを用いたマイクロ波回路 107
第7章 周期構造
   7.1 フロケット(Floquet)の定理と空間調波 113
   7.2 周期構造のω-β図の一般的性質 117
   7.3 低速波回路の例(その1) 119
   7.4 周期構造回路の例(その2) 126
第8章 マイクロ波電子デバイス
   8.1 クライストロン 135
   8.2 マグネトロン 142
   8.3 進行波管 147
   8.4 なだれダイオード 151
   8.5 ガンダイオード 158
第9章 マイクロ波アンテナ
   9.1 フィールド(Field)とその一般的計算方法 164
   9.2 放射電磁界の例 168
   9.3 磁流とその応用 180
   9.4 アンテナに関する二,三の性質 184
第10章 マイクロ波集積回路
   10.1 基本線路 189
   10.2 受動デバイス 196
   10.3 能動素子を含んだ集積回路の例 211
第11章 メーザとレーザ
   11.1 反転分布とポンピング 214
   11.2 二準位レーザ 216
   11.3 三準位レーザ 218
   11.4 ファプリ・ペロ(Fabry-Ferot)共振器 224
   11.5 ファプリ・ペロ共振器の性質 232
   11.6 レーザの種類と応用 237
第12章 マイクロ波応用概観
   12.1 マイクロ波通信 243
   12.2 マイクロ波レーダ 246
   12.3 マイクロ波電力応用 249
   12.4 科学における二,三の応用 253
参考文献 255
索引 261
第1章 序論
   (a) マイクロ波 1
   (b) マイクロ波の小歴史 4
2.

図書

図書
大越孝敬, 三好旦六共著
出版情報: 東京 : オーム社 , 東京 : オーム社書店 (発売), 1975.4  11, 256p ; 22cm
所蔵情報: loading…
3.

図書

図書
柴田長吉郎著
出版情報: 東京 : 電気書院, 1986.12  11, 250 p ; 22cm
所蔵情報: loading…
4.

図書

図書
Joseph F White著 ; 鴻巣巳之助訳
出版情報: 東京 : CQ出版, 1985.12  xvi, 471p ; 21cm
所蔵情報: loading…
5.

図書

図書
藤澤和男, 岡本尚道共著
出版情報: 東京 : コロナ社, 1975.2  iv, 165p ; 22cm
シリーズ名: 標準電気・電子工学例題演習シリーズ ; 13
所蔵情報: loading…
6.

図書

図書
宮内一洋, 山本平一共著 ; 電子情報通信学会編
出版情報: 東京 : 電子情報通信学会 , 東京 : コロナ社 (発売), 1981.10  v, 388p ; 22cm
所蔵情報: loading…
7.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
本城和彦著 ; 小西良弘監修
出版情報: 東京 : 日刊工業新聞社, 1993.9  vii, 218, vi p ; 21cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
序文 i
第1章 マイクロ波装置における能動素子回路 1
第2章 電界効果トランジスタ(FET) 7
   2.1 GaAs FET(Field Effect Transistor) 7
   2.1.1 動作原理と構造 7
   2.1.2 等価回路モデル 15
   2.2 2次元電子ガスによるFETの高性能化 19
第3章 バイポーラトランジスタ-FETとの比較において- 31
   3.1 バイポーラトランジスタの動作原理-ヘテロ接合の導入 31
   3.1.1 電流利得 31
   3.1.2 高周波特性 35
   3.1.3 電子走行時間 38
   3.1.4 大信号等価回路モデル 43
   3.2 バイポーラトランジスタの構造 47
   3.3 バイポーラトランジスタと電界効果トランジスタとの比較 54
   3.3.1 雑音特性の比較 54
   3.3.2 電力駆動特性の比較 57
   3.3.3 直流投入電力密度 58
   3.3.4 ひずみ特性 60
   3.3.5 しきい電圧 62
   3.3.6 総合比較 64
第4章 トランジスタの超高周波動作と電力利得 69
   4.1 普遍量としての電力利得 69
   4.2 負荷に最大の電力を供給するには 71
   4.3 増幅器の電力利得を最大にする 73
   4.4 電力利得の計算 79
   4.5 安定性の判別 82
   4.6 能動素子の普遍的パラメータの追求 86
   4.7 最大発振周波数 f maxの定義 89
   4.8 f max,fr の測定 91
第5章 増幅器の低雑音化 95
   5.1 雑音の発生源 95
   5.2 雑音指数と位相雑音 102
   5.3 雑音指数の一般的表現 103
   5.4 雑音指数の測定 110
   5.5 低雑音増幅器 113
第6章 増幅器の高出力化 121
   6.1 高出力増幅回路の一般的取扱い 121
   6.2 高出力増幅器の高効率化 126
   6.3 ひずみ特性 133
   6.4 高出力増幅器の構成 138
   6.5 寄生発振の防止 141
第7章 増幅器の広帯域化 145
   7.1 広帯域回路の原形 145
   7.2 負帰還による増幅器の広帯域化 148
   7.3 R-C 基本回路とインピーダンス整合回路の両立 155
   7.4 分布型構成による広帯域化 160
第8章 発振器 165
   8.1 発振器の基本構成 165
   8.2 発振器の位相雑音 170
   8.3 位相雑音の低減 174
   8.3.1 誘電体共振回路による周波数安定化 174
   8.3.2 位相同期回路 176
   8.3.3 注入同期 178
第9章 ミクサ(混合器) 183
   9.1 ダイオードミクサ 183
   9.1.1 ダイオードミクサの原理 183
   9.1.2 ダイオードミクサの構成 195
   9.2 トランジスタミクサ 197
   9.2.1 トランジスタミクサの動作原理 197
   9.2.2 トランジスタミクサの雑音指数 202
   9.2.3 トランジスタミクサの構成例 204
章末問題の解答 207
付録 211
索引
序文 i
第1章 マイクロ波装置における能動素子回路 1
第2章 電界効果トランジスタ(FET) 7
8.

図書

図書
黒川兼行
出版情報: 東京 : 丸善, 1963.10  v, 323p ; 18cm
シリーズ名: エンジニアスライブラリ
所蔵情報: loading…
9.

図書

図書
小口文一著 ; 日本電信電話公社電気通信研究所編
出版情報: 東京 : 丸善, 1964  xvii, 458 p ; 21cm
シリーズ名: 通研叢書 ; 1
所蔵情報: loading…
10.

図書

図書
秋山守雄,野田和男共編
出版情報: 東京 : 産業図書, 1963.3  255p ; 22cm
所蔵情報: loading…
文献の複写および貸借の依頼を行う
 文献複写・貸借依頼