close
1.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
日本機械学会編 ; 石田幸男編著 ; 遠藤守, Edward Haig, Steven E. Quasha著
出版情報: 東京 : コロナ社, 2009.8  vii, 164p ; 21cm
シリーズ名: 科学英語の書き方とプレゼンテーション / 日本機械学会編 ; 石田幸男編著 ; 村田泰美 [ほか] 著 ; 続
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
1. 講演スライドの作り方
   1.1 はじめに 2
   1.2 コンピュータによる講演スライドの作成とその方法 3
    1.2.1 コンピュータを用いたさまざまな講演スライド 3
    1.2.2 講演スライドの今昔 5
    1.2.3 講演スライドの利用価値と配布時の注意点 6
    1.2.4 プレゼンテーションに使うパソコン 7
    1.2.5 プレゼンテーションに便利な道具と留意事項 11
   1.3 スライド構成 12
    1.3.1 コンピュータによるスライド作成の前に 12
    1.3.2 スライド資料の基本構成 14
     序論
     本論
     結論
    1.3.3 各スライドのタイトルとその詳細 16
    1.3.4 その他のスライド 16
   1.4 ページのレイアウトとデザイン 17
    1.4.1 はじめに 17
    1.4.2 スライド全体のデザインを決めよう 17
    1.4.3 スライドの色づかいについて 19
    1.4.4 タイトルスライドのレイアウト 20
    1.4.5 本文スライドのレイアウト 21
    1.4.6 その他のスライドのレイアウト 22
   1.5 プレゼンテーションツール特有の機能を活用しよう 23
    1.5.1 図形作成機能 24
    1.5.2 アニメーション機能を利用する 29
    1.5.3 最新機能の利用について 32
   1.6 マルチメディアデータの活用 33
    1.6.1 マルチメディアデータの著作権について 34
    1.6.2 画像の利用 34
     スライドレイアウトを崩さない
     できる限り同じ画像を再利用する
     文字や図形を重ねるときの注意
    1.6.3 動画の活用 38
   1.7 デモンストレーションをする 40
    1.7.1 デモンストレーションを準備するにあたって 40
    1.7.2 いつ見せるか 41
    1.7.3 何を見せるか 41
    1.7.4 どうやってみせるか 42
   1.8 コンピュータを使った海外でのプレゼンテーション 43
    1.8.1 電源環境の確認 43
    1.8.2 発表資料の携帯 44
    1.8.3 会場および設備環境の確認 45
    1.8.4 発表の進行,コンピュータの操作 46
   1.9 本章のまとめ 50
2. 科学講演における効果的な英語表現
   2.1 はじめに 52
   2.2 英語について 53
    2.2.1 完璧な英語にこだわるな 53
    2.2.2 英語の文体 53
    2.2.3 スライドの使用 54
   2.3 講演の形式 55
    2.3.1 講演の編成 55
    2.3.2 講演の題材 : 振り子 55
    2.3.3 講演の実際 56
     座長への感謝
     タイトル
     アウトライン
     動機
     以前の研究
     モデリング
     理論解析
     数値解析
     結果の比較
     実験
     実験結果
     将来の研究
     最後のスライド
   2.4 質疑応答 100
    2.4.1 質問を聞き,理解する 102
    2.4.2 質問者に謝辞をいう 103
    2.4.3 質問に答える 103
   2.5 本章のまとめ 105
3. Eメールの上手な使い方
   3.1 はじめに 108
   3.2 Eメールの誕生と普及 109
    3.2.1 Eメール通信の普及 109
    3.2.2 学会とビジネス業界における役割 109
    3.2.3 公用と私用のメッセージを分ける 110
   3.3 Eメールの書き方と校正の仕方 111
    3.3.1 立案の段階 111
    3.3.2 書く段階 113
     関心を持たせるために件名を利用する
     メッセージの本文
     トラブルを起こしそうないくつかの点
     締めくくりのメッセージ
     結辞
     署名の欄
    3.3.3 校正の段階 119
     一服する方法
     誤解を避ける
     スペルチェックと読み直し─確認のため
   3.4 送信法 122
    3.4.1 添付の利用 122
    3.4.2 どのような文書を送ることができるか 123
    3.4.3 個人情報を守る 123
   3.5 Eメールへの返信 124
    3.5.1 メッセージにどのように応答したらよいか 124
    3.5.2 適切なメールアカウントの利用 125
   3.6 メッセージの例 126
    3.6.1 問合せ 126
    3.6.2 予約と登録 127
    3.6.3 問合せへの返事 128
   3.7 スパムメールとウイルスの排除 129
    3.7.1 スパムメールとその対策 129
    3.7.2 ウイルスとその対策 130
   3.8 Eメールの暗号化 132
    3.8.1 保護の必要性 132
    3.8.2 秘密鍵暗号方式(共通鍵暗号方式) 133
    3.8.3 公開鍵暗号方式 134
    3.8.4 無料暗号化サービス 136
    3.8.5 有料暗号化 137
   3.9 頭字語とエモティコン 137
    3.9.1 頭字語 137
    3.9.2 エモティコン 138
   3.10 ドメイン名 138
   3.11 本章のまとめ(Eメールにおける10個の基本ルール) 139
付録1 英文書体 141
付録2 図と表 146
付録3 スライドのフォーマット 152
付録4 ポスターのフォーマット 155
引用・参考文献 162
1. 講演スライドの作り方
   1.1 はじめに 2
   1.2 コンピュータによる講演スライドの作成とその方法 3
2.

図書

図書
edited by Yue Zhao, Tomiki Ikeda
出版情報: Hoboken, N.J. : Wiley, c2009  xviii, 514 p. ; [8] p. of plates ; 25 cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
Preface
Contributors
Azobenzene Polymers for Photonic Applications / Kevin G. Yager ; Christopher J. Barrett1:
Introduction to Azobenzene / 1.1:
Azobenzene Chromophores / 1.1.1:
Azobenzene Photochemistry / 1.1.2:
Classes of Azobenzene Systems / 1.1.3:
PhotoiDduced Motions and Modulations / 1.2:
Molecular Motion / 1.2.1:
Phot obi ological Experiments / 1.2.2:
Photoorientation / 1.2.3:
Domain Motion / 1.2.4:
Macroscopic Motion / 1.2.5:
Other Applications of Azobenzenes / 1.2.6:
Acknowledgment
References
Photo-Induced Phenomena In Supramolecular Azobenzene Materials / Joachim Stumpe ; Olga Kulikovska ; Leonid M. Goldenberg ; Yuriy Zakrevskyy2:
Introduction / 2.1:
Surface Relief Gratings / 2.2:
Conclusion and Outlook / 2.4:
Photodeformable Materials And Photomechanical Effects Based On Azobenzene-Containing Polymers and Liquid Crystals / Yanlei Yu ; Tomiki Ikeda3:
Photodeformable Materials Based on Azobenzene-Containing Polymer Gels / 3.1:
Photodeformable Materials Based on Azobenzene-Containing Solid Films / 3.3:
Photodeformable Materials Based on Azobenzene-Containing LCs / 3.4:
LCs and LCEs / 3.4.1:
General Methods of Preparation of LCEs / 3.4.2:
Temperature-/Electricity-/pH-Responsive LCEs / 3.4.3:
Photoresponsive Behavior of Chromophore-Containmg LCs / 3.4.4:
Light-Responsive LCEs / 3.4.5:
Summary and Outlook / 3.5:
Amorphous Azobenzene Polymers For Light-Induced Surface Patterning / 4:
Surface Mass Transport / 4.1:
Experimental Observations / 4.1.1:
Patterning / 4.1.2:
Dependence on Material Properties / 4.1.3:
Photosoftening / 4.1.4:
Photomechanical Effects / 4.1.5:
Measuring Gratings / 4.1.6:
Dynamics / 4.1.7:
Mechanism / 4.2:
Thermal Considerations / 4.2.1:
Asymmetric Diffusion / 4.2.2:
Mean-Field Theory / 4.2.3:
Permittivity Gradient Theory / 4.2.4:
Gradient Electric Force / 4.2.5:
Isomerization Pressure / 4.2.6:
Applications of Surface Mass Transport / 4.2.7:
Conclusions / 4.3:
Azo Polymer Colloidal Spheres: Formation, Two-Dimensional Array, and Photoresponsive Properties / Xiaogong Wang5:
Azo Polymer Synthesis / 5.1:
Self-Assembly of Polydispersed Amphiphilic Azo Polymers in Solutions / 5.3:
Characteristics of Polydispersed Azo Polymer Self-Assembly / 5.3.1:
Colloidal Sphere Formation and Characterization / 5.3.2:
Colloidal Sphere Formation Mechanism / 5.3.3:
Hybrid Colloids Composed of Two Types of Amphiphilic Azo Polymers / 5.3.4:
Photoresponsive Properties of Azo Polymer Colloidal Spheres / 5.4:
Photoresponsive Porperties of Hybrid Colloids / 5.4.1:
Photoresponsive 2-D Colloidal Array and Its in situ Structure Inversion / 5.5:
Colloidal Array and Photoinduced Dichroism / 5.5.1:
Porous Structure from in situ Colloidal Array Structure Inversion / 5.5.2:
Closing Remarks / 5.6:
Azobenzene-Containing Block Copolymer Micelles: Toward Light-Controllable Nanocarriers / Yue Zhao6:
What is the Use of Light-Controllable Polymer Micelles? / 6.1:
How to Design Azobenzene Block Copolymers for Light-Controllable Micelles? / 6.2:
Synthesis of Azobenzene-Containing Amphophilic Block Copolymers / 6.3:
Reversible Dissociation and Formation of Azobenzene Block Copolymer Micelles / 6.4:
Factors Influencing the Reversible Dissociation and Formation Processes / 6.5:
Effect of Solution Stirring / 6.5.1:
Effect of Irradiation Light Intensity / 6.5.2:
Effects of Solvent and Block Copolymer Composition / 6.5.3:
Other Light-Responsive Azobenzene-Based Polymer Micelles / 6.6:
Perspectives and Future Work / 6.7:
Acknowledgments
Association Between Azobenzene-Modified Polymers And Surfactants Or Nanoparticles To Amplify Macroscopic Phototransitions In Solution / Christophe Tribet7:
Light Responsiveness of Solution Properties: A Question of Amplification / 7.1:
From Cloud Point to Associative Phase Separation of Photopolymers / 7.2:
Polymers in Poor Solvents or at Low Critical Solubility Temperature / 7.2.1:
Complexation and Solubility of Chains / 7.2.2:
Associative Phase Separation / 7.2.3:
Intrachain Association with Colloid Particles: Photorecognition / 7.3:
Complexes with Protein and Micelles in the Dilute Regime / 7.3.1:
Sol-Gel Transition in Semidilute Conditions / 7.3.2:
Complexes on Disperse Interfaces: Photoreversible Emulsions / 7.4:
Conclusion / 7.5:
Light-Responsive / Takahiro Seki8:
Alignment of Functional Materials by Command Surface / 8.1:
Photoalignment of Polymer Main Chain of Polysilane / 8.2.1:
Surfactant-Silica Nanohybrids / 8.2.2:
Photoalignment of Chromonic LC-Silica Nanohybrid / 8.2.3:
Surface-Grafted Az-Containing LC Polymer / 8.3:
Photogenerated Mass Migrations / 8.4:
Conventional Type / 8.4.1:
Phase Transition Type / 8.4.2:
On the Migration Features of the PT Type / 8.4.3:
Extended Studies in the PT-Type Mass Migration / 8.4.4:
Photoresponsive LC Block Copolymer Systems / 8.5:
Monolayer Systems / 8.5.1:
Photocontrolled Macroscopic Alignment of MPS Structures / 8.5.2:
Micropatterning of MPS Structure in the Hierarchical Structure / 8.5.3:
Conclusion and Scope / 8.6:
Photoinduced Immobilization Of Molecules On The Surface Of Azobenzene Polymers: Principles and Application / Osamu Watanabe9:
Background Study: Nanofabrication / 9.1:
Principles of Photoinduced Immobilization / 9.3:
Application for Immunochips / 9.4:
Immobilization Depending on the Azobenzene Moiety / 9.5:
Two-Dimensional Arrangement and Area-Selective Immobilization of Microspheres / 9.6:
Summary / 9.7:
Phototuning Of Helical Structure Of Cholesteric Liquid Crystals / Seiji Kurihara10:
Properties and Design of Chiral Azobenzenes / 10.1:
Effect of Spacer Length / 10.2.1:
Effects of Molecular Shape / 10.2.2:
Effects of Chiral Groups on Photochemical Change in HTP / 10.2.3:
Applications / 10.3:
Photochemical Switching of Selective Reflection / 10.3.1:
Control of Transparency / 10.3.2:
Photochemical Inversion of Helix / 10.3.3:
Photochemical Control of Lasing / 10.3.4:
Tunable Diffraction Gratings Based On Azobenzene Polymers and Liquid Crystals / 10.4:
Diffraction Gratings Can Easily Be Recorded on Azobenzene-Containing Polymers and Liquid Crystals / 11.1:
What are Tunable Diffraction Gratings? / 11.2:
Mechanically Tunable Diffraction Gratings / 11.3:
Preparation of Azobenzene Thermoplastic Elastomers / 11.3.1:
Coupled Mechanical and Optical Effects / 11.3.2:
Elastic Diffraction Gratings Recorded Using a Photomask / 11.3.3:
Grating Formation Dynamics and Mechanisms / 11.3.4:
Electrically Tunable Diffraction Gratings / 11.4:
Use of Liquid Crystals / 11.4.1:
Grating Formation in Photosensitive Self-Assembled Liquid Crystal Gels / 11.4.2:
Electrical Switching / 11.4.3:
Optically Tunable Diffraction Gratings / 11.5:
Dynamic Holographic Gratings / 11.5.1:
Optically Tunable Diffraction Gratings in Polymer-Stabilized Liquid Crystals / 11.5.2:
Optically Switchable Reflection Gratings / 11.5.3:
Concluding Remarks and Perspectives / 11.6:
Azo Block Copolymers In The Solid State / Haifeng Yu12:
Preparation Method / 12.1:
Direct Polymerization of Azo Monomers / 12.2.1:
Polymer Analogue Reaction / 12.2.2:
Supramolecular Self-Assembly / 12.2.3:
Special Reactions / 12.2.4:
Properties / 12.3:
Basic Properties / 12.3.1:
Properties from Non-Azo Blocks / 12.3.2:
Properties Originating from Microphase Separation / 12.3.3:
Control of Microphase Separation / 12.4:
Thermal Annealing / 12.4.1:
Rubbing Method / 12.4.2:
Photoalignment / 12.4.3:
Electric Field / 12.4.4:
Magnetic Field / 12.4.5:
Shearing Flow and Other Methods / 12.4.6:
Enhancement of Surface Relief Gratings / 12.5:
Enhancement of Refractive Index Modulation / 12.5.2:
Nanotemplates / 12.5.3:
Volume Storage / 12.5.4:
Other Applications / 12.5.5:
Outlook / 12.6:
Photoresponsive Hybrid Silica Materials Containing Azobenzene Ligands / Nanguo Liu ; C. Jeffrey Brinker13:
Azobenzene-Containing Organosilanes / 13.1:
Synthesis and Photoisomerization of TSUA and BSUA / 13.2.1:
Crystallography of the TSUA Compound / 13.2.2:
Self-Directed Self-Assembly of the BSUA Compound / 13.2.3:
Photoresponsive Mesoporous Materials / 13.3:
Synthesis and Characterization of Photoresponsive Nanoporous Materials / 13.3.1:
Photoisomerization of Azobenzene Ligands in Mesoporous Materials / 13.3.2:
Photoswitched Azobenzene Nanovalves / 13.3.3:
Photocontrolled Release of Dye Molecules from Azobenzene-Modified Nanocomposite Particles / 13.3.4:
Reversible Photoswitching Li quid-Ad sorption of Azobenzene-Modified Mesoporous Silica Materials / 13.3.5:
Photoresponsive Polysilsesquioxane Gels / 13.4:
Azobenzene-Modified Polysilsesquioxanes for Photocontrol of Refractive Index / 13.4.1:
Azobenzene-Modified Polysilsesquioxane Gels for Optomechanical Devices / 13.4.2:
Future Work / 13.5:
Index
Preface
Contributors
Azobenzene Polymers for Photonic Applications / Kevin G. Yager ; Christopher J. Barrett1:
3.

図書

図書
Yoshimi Ito
出版情報: New York : McGraw-Hill, c2008  xxiii, 504 p. ; 24 cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
Preface
Terminology and Abbreviations
Nomenclature
Conversion Table
Engineering Guides of Modular Design and Description Methodology of Machine Tools / Part 1:
Basic Knowledge: What Is the Modular Design? / Chapter 1:
Definition and Overall View of Modular Design / 1.1:
Advantageous and Disadvantageous Aspects of Modular Design / 1.2:
A Firsthand View of Developing History and Representative Applications / 1.3:
Application to TL and FTL / 1.3.1:
Application to conventional machine tools / 1.3.2:
Application to NC machine tools / 1.3.3:
Different-kind generating modular design / 1.3.4:
References
Engineering Guides and Future Perspectives of Modular Design / Chapter 2:
Four Principles and Further Related Subjects / 2.1:
Effective Tools and Methodology for Modular Design / 2.2:
Classification of Modular Design Including Future Perspectives / 2.3:
Modular design being widely employed / 2.3.1:
Modular design in the very near future-a symptom of upheaval of new concepts / 2.3.2:
Characteristic Features of Modular Design Being Used in Machine Tools of the Most Advanced Type / 2.4:
System machines / 2.4.1:
Machining complex and processing complex / 2.4.2:
Description of Machine Tools / Chapter 3:
Basic Knowledge about Functional and Structural Description Methods / 3.1:
Details of Functional Description / 3.2:
Details of Structural Description / 3.3:
Application of Machine Tool Description to Engineering Design / Chapter 4:
Application of Functional Description / 4.1:
Classification of machining centers and its application to marketability analysis / 4.1.1:
Analysis of machining function and its application to evaluate compatibility with production systems / 4.1.2:
Automated generation of concept drawing / 4.1.3:
Estimation of assembly accuracy in design stage / 4.1.4:
Application of Structural Description / 4.2:
Similarity evaluation of structural configuration-availability constraints of modular design / 4.2.1:
Variant design for structural configuration / 4.2.2:
Free design for structural configuration / 4.2.3:
Engineering Design for Machine Tool Joints-Interfacial Structural Configuration in Modular Design / Part 2:
Basic Knowledge of Machine Tool Joints / Chapter 5:
Classification of Machine Tool Joints / 5.1:
Definition of Machine Tool Joint and Representation of Joint Characteristics / 5.2:
External Applied Loads to Be Considered and Fundamental Factors Governing Joint Characteristics / 5.3:
Effects of Joint on Static and Dynamic Stiffness, and Thermal Behavior of Machine Tool as a Whole / 5.4:
Firsthand View of Research History / 5.5:
Fundamentals of Engineering Design and Characteristics of the Single Flat Joint / Chapter 6:
Quick Notes for Single Flat Joint, Determination of Mathematical Model, and Fundamental Knowledge about Engineering Design Formulas / 6.1:
Design Formulas for Normal Joint Stiffness and Related Research / 6.2:
Expressions for static normal joint stiffness / 6.2.1:
Representative researches into behavior of the single flat joint under normal loading / 6.2.2:
Design Formulas for Tangential Joint Stiffness, Related Researches, and Peculiar Behavior of Microslip / 6.3:
Expressions for static tangential joint stiffness / 6.3.1:
Representative researches into behavior of the static tangential joint stiffness and the microslip / 6.3.2:
Peculiar behavior of microslip / 6.3.3:
Design Formulas for Damping Capacity and Related Researches / 6.4:
Expressions for damping capacity / 6.4.1:
Representative research into dynamic behavior / 6.4.2:
Thermal Behavior of Single Flat Joint / 6.5:
Forerunning Research into Single Flat Joint with Local Deformation / 6.6:
Supplement: Theoretical Proof of Ostrovskii's Expression
Design Guides, Practices, and Firsthand View of Engineering Developments-Stationary Joints / Chapter 7:
Bolted Joint / 7.1:
Design guides and knowledge-pressure cone and reinforcement remedies from structural configuration / 7.1.1:
Engineering design for practices-suitable configuration of bolt pocket and arrangement of connecting bolts / 7.1.2:
Engineering calculation for damping capacity / 7.1.3:
Representative researches and their noteworthy achievements-static behavior / 7.1.4:
Representative researches and their noteworthy achievements-dynamic behavior / 7.1.5:
Representative researches and their noteworthy achievements-thermal behavior / 7.1.6:
Foundation / 7.2:
Engineering calculation for foundation / 7.2.1:
Stiffness of leveling block / 7.2.2:
Firsthand View for Researches in Engineering Design in Consideration of Joints / Supplement 1:
Influences of Joints on Positioning and Assembly Accuracy / Supplement 2:
Supplement References
Design Guides, Practices, and Firsthand View of Engineering Developments-Sliding Joints / Chapter 8:
Slideways / 8.1:
Design knowledge-slideway materials / 8.1.1:
Design knowledge-keep plate and gib configurations / 8.1.2:
Linear Rolling Guideways (Linear Guide and Rolling Guideways) / 8.2:
Main Spindle-Bearing Systems / 8.3:
Static stiffness of rolling bearing / 8.3.1:
Dynamic stiffness and damping capacity of rolling bearing / 8.3.2:
Sliding Joints of Special Types / 8.4:
Screw-and-nut feed driving systems / 8.4.1:
Boring spindle of traveling type / 8.4.2:
Supplement: Deflection and Interface Pressure Distribution of Slideway
Supplement Reference
Rudimentary Engineering Knowledge about Other Joints / Chapter 9:
Joints for Light-Weighted Structures / 9.1:
Welded joint / 9.1.1:
Bonded joint / 9.1.2:
Taper Connection / 9.2:
Chucking / 9.3:
Measurement of Interface Pressure by Means of Ultrasonic Waves / Appendix 1:
Principle of Measurement and Its Verification / A1.1:
Some Applications and Perspectives in the Very Near Future / A1.2:
Model Testing and Theory / Appendix 2:
Model Testing and Theory for Structural Body Component / A2.1:
Model Testing in Consideration of Joints / A2.2:
Index
Preface
Terminology and Abbreviations
Nomenclature
4.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
メアリ・K・マカスキル著 ; 片岡英樹訳・解説
出版情報: 京都 : 京都大学学術出版会, 2009.12  xii, 315p ; 22cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
まえがき i
訳者まえがき iii
Acknowledgments vi
第1章 テクニカルライティングにおける英文法の基本
   1.1. 効果的ライティングに必須の英文法とは 4
   1.2. 名詞の所有格のポイントを知る 5
    1.2.1. 所有格の作り方 5
    1.2.2. 無生物名詞の所有格 6
   1.3. 代名詞を明確にする 8
    1.3.1. 先行詞 8
    1.3.2. 人称代名詞 10
    1.3.3. 関係代名詞 12
    1.3.4. 指示代名詞 17
   1.4. 動詞を効果的に運用する 21
    1.4.1. 動詞の時制 21
    1.4.2. 動詞の仮定法 26
    1.4.3. 動詞の態 28
    1.4.4. 動詞の数の一致 28
   1.5. 形容詞を正しく使う 35
    1.5.1. 冠詞の使い方 35
    1.5.2. 複合修飾語の正しい使い方 38
   1.6. 副詞の暖昧な使い方は避ける 45
    1.6.1. 誤った位置に置かれた副詞 46
    1.6.2. 修飾が暖昧な副詞 47
    1.6.3. 分離不定詞の使い方 48
   1.7. 前置詞の使用に慣れる 51
    1.7.1. 熟語をつくる前置詞 51
    1.7.2. 文の終わりの前置詞 51
    1.7.3. 前置詞の繰り返し 52
   1.8. 接続詞の論理的な関係を知る 55
    1.8.1. 等位接続詞の正しい使い方 55
    1.8.2. 従位接続詞の正しい使い方 59
   1.9. 準動詞を効果的に使う 65
    1.9.1. 等位動名詞と等位不定詞 65
    1.9.2. 動名詞または不定詞をとる動詞 66
    1.9.3. 懸垂準動詞 67
第2章 テクニカルライティングにおける文の構成力を高める基本手法
   2.1. 文の構成力を高める5つの手法とは 82
   2.2. 主語と動詞の関係を力強くする手法 83
    2.2.1. 主語を明確にする 83
    2.2.2. 動詞を力強くする 88
    2.2.3. 主語と動詞の関係を改善する 95
   2.3. パラレリズムにより一貫性をとる手法 99
    2.3.1. パラレリズムを必要とする接続語を選択する 100
    2.3.2. 箇条書きにする 102
   2.4. 簡潔に書く手法 105
    2.4.1. 冗漫さをさける 105
    2.4.2. 文を短くする 109
    2.4.3. タイトルを簡潔にする 112
   2.5. 比較を効果的に行う手法 116
    2.5.1. 形容詞と副詞の比較級を正しく使う 117
    2.5.2. あいまいな比較はさける 119
    2.5.3. 比較構文を効果的に使う 124
   2.6. 文を強調する手法 131
    2.6.1. 文の構成により強調する 131
    2.6.2. 句読点を使って強調する 135
第3章 テクニカルライティングに必須の句読点の使い方
   3.1. 句読点の機能とは 140
   3.2. アポストロフィ(Apostrophe) 141
   3.3. 角カッコ(Brackets) 143
   3.4. コロン(Colon) 144
    3.4.1. 導入のコロン 144
    3.4.2. コロンの慣用的用法 151
    3.4.3. 他の句読点とともに使うコロン 151
   3.5. コンマ(Comma) 152
    3.5.1. 分離のコンマ 152
    3.5.2. 囲い込みのコンマ 165
    3.5.3. コンマの慣用的用法 175
    3.5.4. 他の句読点とともに使うコンマ 178
   3.6. emダッシュ(Em Dash) 180
    3.6.1. 囲い込みのダッシュ 180
    3.6.2. 分離のダッシュ 183
    3.6.3. ダッシュの慣用的用法 186
    3.6.4. 他の句読点と使うダッシュ 187
   3.7. enダッシュ(En Dash) 188
   3.8. ハイフン(Hyphen) 190
    3.8.1. 分綴のハイフン 190
    3.8.2. 接頭辞のハイフン 191
    3.8.3. 接尾辞のハイフン 193
    3.8.4. 複合語のハイフン 193
   3.9. イタリック体(Italics) 198
    3.9.1. 強調のイタリック体 198
    3.9.2. 専門用語のイタリック体 199
    3.9.3. 差別化のイタリック体 200
    3.9.4. 記号のイタリック体 201
    3.9.5. イタリック体の慣用的用法 201
    3.9.6. ローマン体以外の書体におけるイタリック体 204
    3.9.7. 句読点のイタリック体 205
   3.10. 丸カッコ(Parentheses) 206
   3.11. ピリオド(Period) 210
    3.11.1. 略語のピリオド 211
    3.11.2. ピリオドの慣習的用法 212
    3.11.3. 他の句読点とともに使うピリオド 214
   3.12. 省略符(Points of Ellipsis) 216
   3.13. 疑問符(Question Mark) 218
   3.14. 引用符(Quotation Marks) 222
    3.14.1. 引用符の正しい使い方 222
    3.14.2. 区別を必要とする語句に使う引用符 224
    3.14.3. 他の句読点とともに使う引用符 227
   3.15. セミコロン(Semicolon) 229
    3.15.1. 等位節のセミコロン 229
    3.15.2. 連続する要素のセミコロン 231
    3.15.3. 説明句と説明節のセミコロン 233
    3.15.4. 省略構文のセミコロン 234
    3.15.5. 他の句読点とともに使うセミコロン 234
   3.16. スラッシュ(slash) 236
第4章 テクニカルライティングにおける大文字使用の基本
   4.1. 大文字を効果的に使うには 240
   4.2. 文スタイルにおける大文字使用 242
    4.2.1. 文の大文字 242
    4.2.2. 引用文の大文字 244
    4,2.3. 疑問文の大文字 246
    4.2.4. 箇条書きの大文字 247
    4.2.5. 文でない要素の大文字 248
   4.3. 表題スタイルにおける大文字使用 250
   4.4. 頭字語と略語における大文字使用 254
    4.4.1. 頭字語の大文字 254
    4.4.2. 略語の大文字 256
   4.5. 固有名詞とその形容詞における大文字使用 257
    4.5.1. 個人名と肩書き 260
    4.5.2. 地理上の名前 263
    4.5.3. 官公庁の名前 265
    4.5.4. 公共の場所と公共機関の名前 266
    4.5.5. 暦(月、曜日、休日等)と時間の名称 267
    4.5.6. 科学技術の名称 269
    4.5.7. 著作物のタイトル 270
    4.5.8. その他の固有名詞 272
用語解説 275
文献一覧 280
良い例一覧 285
索引 298
まえがき i
訳者まえがき iii
Acknowledgments vi
5.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
島村東世子著
出版情報: 東京 : 日刊工業新聞社, 2009.11  172p ; 21cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
はじめに 7
本書の使い方 9
Part1 英文Eメールの基本&重要ポイントを押さえよう! 11
   1. 英文Eメールの書き方の基本 13
   2. 英文Eメールの心得8か条と詳細 14
   3. 英文Eメールの基本構成と重要ポイント 18
   (1) 件名 21
   (2) 敬辞(宛名) 22
    Supplement 敬辞(宛名)の書き方・理解度チェック 24
   (3) 本文書き出し 25
    本文書き出しのお役立ちパターン TOP 6 ! 26
   (4) 本文詳細 33
    Supplement 依頼をする時の適切な書き方・理解度チェック 34
    Supplement よく使われる『つなぎの表現』 35
   (5) 結びの文 37
    結びのお役立ちパターン TOP 5 ! 37
   (6) 結辞 41
   (7) 差出人の名前 42
   (8) 差出人の名前・署名欄 42
    Supplement 前置詞について 43
    Supplement 代表的な略語 45
Part2 丁寧表現をマスターしよう! 47
   1. 相手に好印象を与える英文Eメールとは? 50
   2. 丁寧表現のバリエーション 52
    依頼表現のバリエーション : フォーマル-カジュアル 52
    番外編 : 必要性を伝える依頼表現(-しなくてはならない-) 53
    お礼表現のバリエーション : フォーマル-カジュアル 54
    お詫び表現のバリエーション : フォーマル-カジュアル 55
    【お礼・感謝のお役立ちフレーズ】 56
    【お詫びのお役立ちフレーズ】 59
    Supplement 依頼の際の感謝の気持ちや、お礼、お詫びを強調する語 61
    Supplement こんな時どう書くの? 62
Part3 頻出パターン!理系・研究の英文Eメールサンプル集 65
   1. 学会関連の英文Eメール 68
    サンプル1 学会での講演・プレゼンテーション依頼 68
    サンプル2 プレゼンテーション機器の連絡 70
    サンプル3 学会予定の変更に対するお詫びと依頼 72
    サンプル4 アブストラクトの締め切り 74
    サンプル5 ホテルの予約手配 76
    サンプル6 学会での講演・プレゼンテーションへのお礼 78
    サンプル7 学会参加に関する問い合わせ 80
    サンプル8 研究に関する資料の提供 82
    サンプル9 学会後のお礼 84
    【学会関連のお役立ちフレーズ】 86
    Supplement 英文レターの書き方 88
    英文レターフォーマット(アメリカ式) 89
    英文レターサンプル : 講演の依頼 92
    封筒の宛名と差出人の書き方(サンプル) 94
    郵便方法指示 95
   2. 研究試料の授受に関する英文Eメール 96
    サンプル1 研究試料の送付の依頼 96
    サンプル2 研究試料の送付を了解する 98
    サンプル3 研究試料の送付を断る 100
    サンプル4 研究試料未着の問い合わせ 102
    【研究試料の授受に関するお役立ちフレーズ】 104
   3. 論文投稿と論文に関する英文Eメール 106
    サンプル1 論文投稿 106
    サンプル2 論文投稿時のトラブル 108
    サンプル3 論文審査の結果に関する問い合わせ 110
    サンプル4 論文に記載されている内容に関する問い合わせ 112
    サンプル5 投稿時のトラブルを伝える 114
    【論文投稿に関するお役立ちフレーズ】 116
   4. 研究所の訪問に関する英文Eメール 118
    サンプル1 研究所訪問の依頼 118
    サンプル2 研究所訪問を了解する 120
    サンプル3 研究所訪問を断る 122
    サンプル4 研究所訪問に関する変更事項の伝達 124
    サンプル5 研究所へのアクセス 126
    サンプル6 到着日時の連絡 128
    サンプル7 海外研究所に研究員として応募する 130
    【研究所訪問に関するお役立ちフレーズ】 132
    Supplement クリスマスと新年のご挨拶 134
    【お祝い・お見舞い・おくやみ関するお役立ちフレーズ】 135
   5. 研究所スタッフへ連絡の英文Eメール 136
    サンプル1 受け入れ手続きに関する必要事項の連絡 136
    サンプル2 歓迎会の連絡 138
    サンプル3 視察の連絡 140
    サンプル4 視察の連絡 142
    サンプル5 セミナーの案内 144
    【研究所スタッフへの連絡に関するお役立ちフレーズ】 146
   6. 注文・支払い関連の英文Eメール 148
    サンプル1 見積り 148
    サンプル2 注文 150
    サンプル3 注文の確認 152
    サンプル4 商品未着の問い合わせ 154
    サンプル5 支払い方法の伝達 156
    サンプル6 リプリント注文に関する問い合わせ 158
    サンプル7 心あたりのない請求書の確認 160
    サンプル8 銀行口座の連絡 162
    【注文・支払い関連のお役立ちフレーズ】 164
INDEX 167
はじめに 7
本書の使い方 9
Part1 英文Eメールの基本&重要ポイントを押さえよう! 11
6.

図書

図書
Tetsurō Takasaki ; translated by Kazue E. Campbell
出版情報: Sapporo, Japan : Hokkaido University Press, 2009  xiv, 250 p. ; 22 cm
所蔵情報: loading…
7.

図書

図書
Hiroshi Sekimoto
出版情報: Tokyo : The 21st Century Center of Excellence Program "Innovative Nuclear Energy Systems for Sustainable Development of the World", Tokyo Institute of Technology, c2007  viii, 105 p. ; 30 cm
所蔵情報: loading…
8.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
Anthony T.Tu著
出版情報: 京都 : 化学同人, 2008.6  xiii, 481p ; 19cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
はじめに i
1章 覚えておきたい! 基本日常表現
1.1 会話の表現
   1.1.1 あいづち 2
   ①同意する
   ②同意できない
   ③すぐに言葉がでない
   1.1.2 「はい」と「いいえ」 3
   1.1.3  人に会ったときのあいさつ 4
   ①「おはよう」「こんにちは」「こんばんは」
   ②「やあ」
   ③「はじめまして」
   ④「お元気ですか」
   ⑤「お久しぶりです」
   ⑥「いい天気ですね」
   1.1.4 「ありがとう」 5
   1.1.5 「すみません」と「ごめんなさい」 5
   ①Excuse me.
   ②I'am sorry.
   ③apoogize
   ④Pardon me.
   1.1.6 「おめでとう」 7
   1.1.7 返事・応答 7
   ①"Thank you."に対して
   ②"Good bye."に対して
   ③"I am sorry."に対して
   ④"Can you help me?"に対して
   ⑤祝日の「おめでとう」に対して
   1.1.8 「ちょっと」 10
   1.1.9 人を紹介する 11
   1.1.10 道順を尋ねる・教える 12
   ①道順を尋ねる
   ②道順を教える
1.2 手紙の表現
   1.2.1 手紙の形式 13
   ①便せんの書式
   ②封筒の書き方
   ③手紙の折り方
   1.2.2 ファックスの形式 22
   1.2.3 Eメールの形式 23
   ①墓本構成
   ②よくつかう件名(Subject)
   1.2.4 手紙の書きだし 26
   ①手紙の切りだし
   ②面識のない人の場合
   1.2.5 手紙の結び 31
   ①手紙のしめくくり
   ②「返事をください」
   1.2.6 年末のあいさつ(クリスマス)の手紙 32
   1.2.7 問い合わせ・依頼の手紙 34
   ①商品の購入依頼
   ②資料の請求
   ③研究内容についての質問
   ④引用の許可願い
   1.2.8 催促の手紙 37
   ①返事の催促
   ②原稿の催促
   ③納品の催促
   ④支払いの催促
   1.2.9 お礼の手紙 39
   ①お世話になったお礼
   ②招待されたお礼
   ③教えてもらったお礼
   ④品物をもらったお礼
   1.2.10 おわびの手紙 41
   ①返事が遅くなったことへのおわび
   ②あやまちを指摘されたことへのおわび
   ③会費の支払いが遅れたことへのおわび
   ④約束を破ったことへのおわび
   1.2.11 断りの手紙 44
   1.2.12 お祝いの手紙 46
   ①入学のお祝い
   ②受賞のお祝い
   ③出産のお祝い
   ④Ph.D.取得のお祝い
   1.2.13 お悔やみの手紙 49
   1.2.14 見舞状 51
   ①地震の見舞状
   ②自動車事故の見舞状
   1.2.15 なぐさめの手紙 52
   ①試験に落ちた友人へ
   ②求職に失敗した友人へ
   1.2.16 道順を教える手紙 55
   1.2.17 手紙でよく使うその他の表現 59
   ①「同封します」
   ②「前もってお礼をいいます」
   ③「思う」
   ④「できるだけ早く」
   1.2.18 話し言葉との違い 61
   1.2.19 個人的な手紙の表現 61
1.3 研究生活の必須表現
   1.3.1 研究室・実験室でよく使う会話表現 62
   1.3.2 学会での口頭発表 63
   ①話し始め
   ②図表を見せる
   ③質疑応答
   1.3.3 ポスター発表 65
   ①ポスター発表の基礎知識
   ②ポスターづくりの決まりとコツ
   ③こんなことも忘れずに
   1.3.4 アンケート,質問票 68
   1.3.5 レポート 69
   1.3.6 論文を投稿する 70
   ①論文の投稿
   ②原稿受領の通知
   ③修正して再提出せよとの通知
   ④論文再提出の手紙
   ⑤論文採用の通知
   1.3.7 別刷を請求する 80
   ①別刷請求のカード
   ②別刷請求の手紙
   1.3.8  留学する 82
   ①力夕ログの請求
   ②入学申請書の提出
   ③大学院への入学申請
   ④留学手続き
   ⑤指導教授への礼状
   1.3.9 ポスドクに応募する 90
2章 心得ておきたい! アメリカの特殊事情
2.1 制度・組織
   2.1.1 アメリカ政府の機構 94
   ①Executive Branch (行政)
   ②Legislative Branch(立法)
   ③Judicial Branch(司法)
   2.1.2 軍 98
   ①職階名
   ②部隊名
   2.1.3 アメリカの教育制度 100
   2.1.4 大学関係の職階名およびoffice名 102
   ②office名
   ③手紙を書くとき
   2.1.5 大学・大学院の入試 105
   2.1.6 アメリカ・イギリスの主要学会 105
   ①アメリカ
   ②イギリス
   2.1.7 報道機関,マスコミ 107
   ①科学雑誌
   ②新聞
   ③ラジオ
   ④テレビ
   2.1.8 アメリカの通貨 109
   ①硬貨
   ②紙幣
   2.1.9 著作権 110
2.2 文化・習慣
   2.2.1 名前のよび方(ニックネーム) 111
   2.2.2 敬語について 113
   ①大学の先生をよぶとき
   ②先生以外の人をよぶとき
   2.2.3 名刺について 115
   ①大きさ
   ②どんな情報を入れるか
   ③工夫された企業の名刺
   2.2.4 度量衡の単位について 119
   ①長さ(length)
   ②重さ(weight)
   ③面積(area)
   ④体積・容量(Volume)
   ⑤温度(temperature)
   2.2.5 履歴書の書き方 124
   2.2.6 テーブルマナー 128
   ①日本とアメリカの違い
   ②食器の並べ方
   ③作法
   2.2.7 パーティーについて 130
   ①いろいろなパーティー
   ②パーテイーヘの招待
   ③パーティーのマナー
   2.2.8 冠婚葬祭のしきたり 135
   ①結婚式・披露宴
   ②葬式
   2.2.9 仕事・学校のタイムテーブル 138
   ①仕事
   ②学校
2.3 生活場面
   2.3.1 電話 140
   ①電話のかけ方
   ②電話の受け方
   ③電話に関する単語
   2.3.2 トイレ 143
   2.3.3 ホテルの予約 143
   2.3.4 買い物 145
   ①店の種類(どこで買うか)
   ②買い物の定番表現
   2.3.5 おつり 147
   2.3.6 レストランにて 148
   ①エスコート
   ②注文
   ③デザート
   ④チップ
   ⑤勘定
   ⑥ビュッフェ
   2.3.7 映画,観劇,音楽会 150
   ①チケットの購入
   ②入場
   2.3.8 ポーツ 151
   2.3.9 郵便,宅配便 153
   ①郵便
   ②宅配便
   2.3.10 銀行,送金 155
   ①銀行
   ②送金の種類
   ③小切手
   2.3.11 交通 160
   ①車の運転
   ②道路
   ③レンタカー
   ④タクシー
   ⑤パス・鉄道
   ⑥飛行機
   2.3.12 警察,救急,消防 163
   ①緊急電話番号911
   ②交通事故にあったら
   ③盗難,暴行にあったら
   ④火事
   ⑤中毒
   ⑥迷子になったら
   2.3.13 病気,病院,薬局 167
   ①病院について
   ②病状を伝える
   ③薬を買う
   2.3.14 保険 170
   2.3.15 散髪 171
   2.3.16 アパートさがし 172
3章 注意したい!英語のルール
3.1 重要な基本ルール
   3.1.1 冠詞 176
   ①定冠詞(definite article)
   ②不定冠詞(indefinite article)
   ③科学用語の冠詞について
   3.1.2 可算名詞と不可算名詞 178
   ①可算名詞
   ②不可算名詞
   3.1.3 動詞の時制(tense) 179
   ①過去形,現在形,未来形
   ②完了形
   ③未来の時制
   ④進行形
   3.1.4 同意語と反意語 184
   ①同意語(synonyms)
   ②反意語(antonyms)
   3.1.5 音節区分(syllabication)186
   3.1.6 関係代名詞 188
3.2 記号の使い方
   3.2.1 大文字の使い方 190
   ①文の最初の文字
   ②固有名詞
   3.2.2 イタリック体の使い方 190
   ①書籍,雑誌,映画などの題名
   ②ラテン語に由来する学名
   ③とくに強調する場合
   3.2.3 コンマ,コロン,セミコロン 191
   ①コンマ(comma)
   ②コロン(colon)
   ③セミコロン(semicolon)
   ④まちがった使い方の例
   3.2.4 ダツシユ,ハイフン 194
   ①ダッシユ(dash)
   ②ハイフン(hyphen)
   3.2.5 アポストロフィ,プライム
    ①アポストロフィ(apostrophe)
    ②プライム(prime)
   3.2.6 引用符 197
3.3 略語
   3.3.1 よく使われる略語 198
   ①地名
   ②時刻表
   ③敬称
   ④肩書き
   ⑤会社名
   3.3.2 州名 200
   3.3.3 国名 201
   3.3.4 一般的略語 205
   3.3.5 単位の略語 208
   3.3.6 物質名の略語 209
   3.7.7 コンビユーータ関連の略語 211
   3.3.8 ラテン語由来の略語 218
3.4 まちがえやすいポイント
   3.4.1 日付の表現 220
   ①書くとき
   ②話すとき
   3.4.2 時間の表現 221
   ①午前と午後
   ②時計の時間
   ③「朝に」などの表現
   ④「この前」
   ⑤「次の」
   3.4.3 方向・方角の表現 225
   ①方向の英語
   ②方角の英語
   ③軍隊での方向表現
   3.4.4 英米英語の差 227
   ①スペリングの違い
   ②単語の違い
   ③その他
   3.4.5 和製英語 231
   3.4.6 スペルをまちがえやすい単語 232
   ①似たスペルの単語
   ②スペルに注意したい単語
3.5 避けたい表現
   3.5.1 個人的事情 235
   3.5.2 死に関する言葉 235
   3.5.3 生理現象に関する言葉 236
   3.5.4 体部・セックスに関する言葉 237
   3.5.5 差別英語について 238
   3.5.6 一般的侮辱 238
4章 知っておきたい!記号・数式・図表と実験器具の表現
4.1 数・記号・図形
   4.1.1 大きな数字 242
   4.1.2 小数 243
   4.1.3 分数 243
   4.1.4 四捨五入 245
   4.1.5 序数 245
   4.1.6 指数・根 246
   ①指数
   ②根
   4.1.7 倍率 247
   4.1.8 記号 248
   4.1.9 ギリシャ語のアルファベット 249
   ①物理・化学での記号として
   ②fratenity(社交クラブ)
   ③タンパク質の構造を表すとき
   ④放射性を表すとき
   4.1.10 数を表す接頭語 250
   4.1.11 図形 251
   4.1.12 元素名とその略語 253
   4.1.13 物理定数 255
4.2 数式
   4.2.1 数学の単語 257
   4.2.2 四則計算 260
   ①たし算(addition)
   ②ひき算(substraction)
   ③かけ算(multiplication)
   ④わり算(division)
   4.2.3 積分 262
   4.2.4 微分 263
   4.2.5 代数 264
   4.2.6 三角関数 266
   4.2.7 行列式 266
   4.2.8 回転 267
4.3 図表
   4.3.1 紙や図表の大きさ 268
   ①紙の大きさ
   ②図表の大きさ
   4.3.2 マージン 268
   4.3.3 グラフ 269
   4.3.4 座標軸 270
   4.3.5 直線と曲線 271
   4.3.6 曲線のスロープ 272
   4.3.7 屈折点 273
   4.3.8 一定値に近づく 273
   4.3.9 曲線の部分の面積 274
   4.3.10 外挿する 274
   4.3.11 表の読み方 275
   4.3.12 legendについて276
4.4 実験用具
   4.4.1 実験器具のよび名 278
   ①フラスコ
   ②びん
   ③漏斗
   ④薬さじ
   ⑤虫眼鏡
   ⑥バリカン
   ⑦解剖道具
   ⑧天秤
   ⑨毛細管
   ⑩ミキサー
   ⑪その他
   4.4.2 実験室の設備 285
   ①水道
   ②ドラフト
   ③電気器具
   ④ゴミ箱
   4.4.3 置物用具 287
   4.4.4 実験衣 288
   4.4.5 目を保護する器具 288
4.4.6 日本語と異なる器具名 288
   4.4.7 実験生物 290
5章 使いこなしたい!科学者必須用語集
   あ行(アイデア~OHP)294
   か行(会員~懇親会) 302
   さ行(サイエンスライター~速報) 346
   た行(第一線~特許) 380
   な行(日程~ノーベル賞) 390
   は行(博士号~翻訳本)391
   ま行(マニュアル~模倣する) 408
   や行(要約~予測する) 412
   ら行(落第点~論文審査)412
   わ行(ワープロ~話題) 417
付録 これも覚えておきたい!役に立つ便利知識
Ⅰ もっと知りたいアメリカ
   アメリカの歴代大統領 420
   アメリカの法定休日 422
   アメリカのおもな総合大学 423
   アメリ力での理工系専攻名 424
   アメリカの博物館・美術館 426
   アメリカのホテル 428
   アメリ力の観光地 430
   アメリカにある世界遺産 434
   アメリカのプロスポーツチーム 436
   アメリカの食べ物・飲み物 438
Ⅱ 英語の語彙・表現を広げる
   衣服 440
   パソコン・電子機器 441
   道路標識・車 442
   天体・地球 443
   家系図 444
   体の部位 445
   ジェスチャー 446
   英語のことわざ 448
Ⅲ いつでも使える実用資料
   服・靴のサイズ 450
   おもな空港の略号 451
   おもな航空会社の略号 452
   ノーベル賞受賞者 454
   度量衡換算表 464
   アメリカの州・都市 466
◆索引 467
はじめに i
1章 覚えておきたい! 基本日常表現
1.1 会話の表現
9.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
渡邉和男編著 ; 渡邉純子著
出版情報: 東京 : コロナ社, 2008.8  iv, 166p ; 21cm
シリーズ名: 英語で学ぶ自然科学シリーズ ; 2
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
Unit A Foods and Security
   Chapter 1 How Can We Get Our Food? 1
   Chapter 2 Food Mileage and Virtual Water 11
   Chapter 3 Food Nutritional Value and Health 19
   Chapter 4 Food Safety and Information 28
Unit B Natural Resources
   Chapter 5 Water: Problems and Conflicts 36
   Chapter 6 Waste and Domestic Garbage 46
   Chapter 7 Energy Demands and New Sources 55
   Chapter 8 Rare Metals and Conflicts 65
Unit C Environment
   Chapter 9 Food Chain and Biodiversity 75
   Chapter 10 Invasive Species and Crisis in Biodiversity 83
   Chapter 11 Facing Environmental Degradation 94
Unit D Summary
   Chapter 12 Environment and Ethics 104
   Chapter 13 How Would be Our Efforts to Daily Life to be Environmentally Friendly? 114
   Chapter 14 Epilogue: Challenges at Tsukuba Science City 122
Appendix 125
References 139
Answers to Exercises 144
Index 160
Unit A Foods and Security
   Chapter 1 How Can We Get Our Food? 1
   Chapter 2 Food Mileage and Virtual Water 11
10.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
宮野晃著
出版情報: 東京 : ベレ出版, 2008.8  340p ; 21cm
シリーズ名: Beret books
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
第1章 技術英語の数量表現
   (1)「~以上」、「~以下」、「~を超えて」、「~未満」の表現 10
   (2)「以内」の表現 11
   (3)範囲の表現 12
   (4)倍率の表現 13
   (5)比の表現 14
   (6)間隔・距離の表現 15
   (7)長さ・幅の表現 16
   (8)直径・半径の表現 18
   (9)内径・外径の表現 19
   (10)厚みの表現 20
   (11)高さの表現 21
   (12)角度の表現 22
   (13)面積・体積(容積)の表現 23
   (14)温度の表現 24
   (15)時間の表現 25
   (16)速度の表現 26
   (17)圧力の表現 27
   (18)力・応力の表現 28
   (19)トルクの表現 29
   (20)重さ(重量)の表現 30
   (21)周波数の表現 31
   (22)波長の表現 32
   (23)電圧の表現 33
   (24)電流の表現 34
   (25)抵抗・インピーダンス・静電容量の表現 34
   (26)インダクタンス 36
   (27)電力の表現 36
   (28)消費電力の表現 37
   (29)利得(ゲイン)の表現 37
   (30)電界・磁界の表現 38
   (31)SN 比の表現 39
   (32)帯域幅の表現 40
   (33)ダイナミックレンジの表現 40
   (34)流量・流速の表現 41
   (35)濃度・密度の表現 42
   (36)効率の表現 42
   (37)誤差の表現 43
   (38)精度の表現 44
   (39)歪みの表現 45
   (40)分解能の表現 46
   (41)費用(価格、コスト)の表現 46
   (42)その他の表現 47
第2章 技術英語の重要動詞
   A 54
   B 72
   C 78
   D 98
   E 111
   F 124
   G 130
   H 134
   I 138
   J 148
   K 148
   L 150
   M 155
   N 162
   O 164
   P 168
   Q 183
   R 183
   S 200
   T 217
   U 223
   V 225
   W 227
   Y 229
第3章 技術英語で使われる基本形容詞・副詞
   A 232
   B 239
   C 240
   D 247
   E 250
   F 256
   G 259
   H 260
   I 262
   J 267
   K 267
   L 267
   M 269
   N 272
   O 276
   P 278
   Q 282
   R 283
   S 286
   T 296
   U 298
   V 301
   W 302
第4章 技術英語でよく使われる前置詞表現
   at 304
   by 308
   for 310
   from 313
   in 313
   to 330
   with 332
   out
   of 333
   under 334
   of 336
   on 337
   as 340
第1章 技術英語の数量表現
   (1)「~以上」、「~以下」、「~を超えて」、「~未満」の表現 10
   (2)「以内」の表現 11
文献の複写および貸借の依頼を行う
 文献複写・貸借依頼