close
1.

図書

図書
戸川隼人著
出版情報: 東京 : オーム社, 1979.6  10, 230p ; 22cm
シリーズ名: コンピュータ実務技法講座
所蔵情報: loading…
2.

図書

図書
J.A.ストラットン著 ; 桜井時夫訳
出版情報: 東京 : 生産技術センター, 1975.11  8, 529p ; 23cm
所蔵情報: loading…
3.

図書

図書
村上雅人著
出版情報: 東京 : 海鳴社, 2001.4  294p ; 22cm
所蔵情報: loading…
4.

図書

図書
梶谷剛著
出版情報: 東京 : アグネ技術センター, 2015.4  v, 179p ; 21cm
シリーズ名: 結晶構造学 / 梶谷剛著 ; 上級編
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
結晶学の基礎
回転群と表現行列
2次元結晶
磁気構造
高次構造の解析
二重群
自動構造解析法
結晶学の基礎
回転群と表現行列
2次元結晶
概要: 結晶物理・化学に関する専門知識である“回転群の表現”、“2次元群”の種類や物性、“(3+1)次元群を含む高次元結晶”の種類とその解析法、“磁気構造の結晶学”および磁気モーメントの配列を記述するための“二重群の表現”について解説。
5.

図書

図書
梶谷剛著
出版情報: 東京 : アグネ技術センター, 2015.4  iv, 119p ; 21cm
シリーズ名: 結晶構造学 / 梶谷剛著 ; 基礎編
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
第1章 直接観察法と間接法による結晶解析 : 透過型電子顕微法 / Transmission Electron Microscopy
電界イオン顕微法 / Field Ion Microscopy
走査トンネル顕微法 / Scanning Tunneling Microscopy
第2章 結晶学入門 : 結晶の次元性と分類
結晶系(晶系
結晶方位と面指数 : ほか
第3章 回折現象 : 原子による散乱
トムソン散乱
原子散乱因子 ほか
第1章 直接観察法と間接法による結晶解析 : 透過型電子顕微法 / Transmission Electron Microscopy
電界イオン顕微法 / Field Ion Microscopy
走査トンネル顕微法 / Scanning Tunneling Microscopy
概要: 結晶学の基礎知識として“晶系”、“点群(回転群)”および“空間群”を学び、その知識を使い、結晶中の原子やイオンによるX線や中性子線の散乱能を考慮して粉末回折結果を解析。
6.

図書

図書
アントニオ・ダマシオ著 ; 高橋洋訳
出版情報: 東京 : 白揚社, 2019.2  349p ; 20cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
第1部 生命活動とその調節 : ホメオスタシス)(人間の本性
比類なき領域
ホメオスタシス
単細胞生物から神経系と心へ
文化的な心の構築
第2部 文化的な心の構築 : 心の起源
拡張する心
アフェクト
感情の構築
意識
第3部 文化的な心の働き : 文化について
医学、不死、そしてアルゴリズム
人間の本性の今
進化の意外な順序
第1部 生命活動とその調節 : ホメオスタシス)(人間の本性
比類なき領域
ホメオスタシス
概要: 脳と心の理解を主導してきた世界的神経科学者がその理論をさらに深化させ、文化の誕生に至る進化を読み解く独創的な論考。
7.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
水島二郎, 柳瀬眞一郎著
出版情報: 東京 : 数理工学社 , 東京 : サイエンス社 (発売), 2009.7  vii, 245p ; 22cm
シリーズ名: 新・数理工学ライブラリ ; 数学=3
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
第1章 計算と誤差 1
   1.1 誤差の種類と起源 2
   1.2 計算精度を調べる方法 5
    1.3.1 級数の和の加速法 7
   1.3 無限級数の計算 8
   第1章の問題 12
第2章 関数の近似 13
   2.1 関数の近似法 14
   2.2 ラグランジュ補間 15
    2.2.1 ラグランジュ補間の誤差 21
   2.3 スプライン補間 24
   2.4 直交多項式による補間 31
    2.4.1 チェビシェフ多項式 31
    2.4.2 ルジャンドル多項式 37
   第2章の問題 41
第3章 数値積分 43
   3.1 ラグランジュ補間に基づく数値積分 44
    3.1.1 台形公式 44
    3.1.2 シンプソン公式 47
   3.2 ガウス・ルジャンドル積分公式 50
   3.3 特殊な場合の積分公式 55
    3.3.1 無限領域での積分 55
    3.3.2 端点で特異となる場合 58
    3.3.3 2重指数型積分公式 60
   第3章の問題 64
第4章 非線形方程式 65
   4.1 3次方程式の解法 66
   4.2 2分法 67
   4.3 ニュートン・ラフソン法 71
    4.3.1 1次元ニュートンラフソン法 71
    4.3.2 2次元ニュートンラフソン法 73
    4.3.3 n次元ニュートンラフソン法 78
   4.4 微分計算ができない関数を含む方程式の数値解法 81
    4.4.1 割線法 81
    4.4.2 マラー法 83
   第4章の問題 88
第5章 線形計算 89
   5.1 連立1次方程式 90
   5.2 ガウスの消去法 91
   5.3 LU分解 95
   5.4 コレスキー分解 101
   5.5 反復法 104
    5.5.1 ヤコビ法とガウス・ザイデル法 105
    5.5.2 SOR法 110
   5.6 共役勾配法(CG法) 113
   5.7 固有値計算法 121
   第5章の問題 128
第6章 常微分方程式 131
   6.1 微分方程式の初期値問題 132
    6.1.1 1階微分方程式の解と数値解 132
    6.1.2 オイラー法 136
    6.1.3 リープ・フロッグ法 144
    6.1.4 ホイン法 151
    6.1.5 ルンゲ・クッタ法 154
    6.1.6 高階微分方程式の初期値問題 159
    6.1.7 連立1階微分方程式の初期値問題 162
   6.2 微分方程式の境界値問題 165
    6.2.1 同次線形微分方程式の境界値問題 166
    6.2.2 非同次線形微分方程式の境界値問題 177
    6.2.3 非線形微分方程式の境界値問題 182
   第6章の問題 184
第7章 偏微分方程式 187
   7.1 偏微分方程式の分類 188
   7.2 放物型偏微分方程式 189
   7.3 双曲型偏微分方程式 198
   7.4 楕円型偏微分方程式 204
   第7章の問題 208
付録 211
   A 関数の偶奇性 212
   B テイラー展開(テイラーの公式) 213
   C 最小2乗法 216
   D チェビシェフ多項式の性質 217
   E ルジャンドル多項式の性質 218
   F プログラム 222
問題の略解 229
参考文献 241
索引 242
第1章 計算と誤差 1
   1.1 誤差の種類と起源 2
   1.2 計算精度を調べる方法 5
8.

図書

図書
Kathryn L. Allen [編] ; 伊藤佑子, 黒澤麻美, 吉田朱美訳
出版情報: 東京 : 丸善, 2005.12  xiv, 157p ; 21cm
所蔵情報: loading…
9.

図書

図書
メラニー・ミッチェル著 ; 伊庭斉志監訳 ; 本堂直浩 [ほか] 訳
出版情報: 東京 : 東京電機大学出版局, 1997.7  x, 259p ; 22cm
シリーズ名: 情報科学
所蔵情報: loading…
10.

図書

図書
渡辺亮, 鈴木穣編集
出版情報: 東京 : 羊土社, 2019.12  218p ; 26cm
シリーズ名: 実験医学 ; 増刊 ; v. 37-no. 20 2019
所蔵情報: loading…
文献の複写および貸借の依頼を行う
 文献複写・貸借依頼