close
1.

図書

図書
吉田文和, 深見正仁, 藤井賢彦編著
出版情報: 札幌 : 北海道大学出版会, 2011.3  x, 273p ; 21cm
シリーズ名: 持続可能な低炭素社会 / 吉田文和, 池田元美編著 ; 3
所蔵情報: loading…
2.

図書

図書
中野洋一著
出版情報: 京都 : 法律文化社, 2011.11  vi, 154p ; 21cm
所蔵情報: loading…
3.

図書

図書
米本昌平著
出版情報: 東京 : 弘文堂, 2011.10  261p, 図版 [6] p ; 21cm
所蔵情報: loading…
4.

図書

図書
浜中裕徳編 ; 浜中裕徳 [ほか] 著
出版情報: 東京 : 慶應義塾大学出版会, 2010.11  iii, 228p ; 21cm
所蔵情報: loading…
5.

図書

図書
エコビジネスネットワーク著
出版情報: 東京 : 日本実業出版社, 2008.8  182p ; 21cm
所蔵情報: loading…
6.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
ヴァーツラフ・クラウス著 ; 住友進訳
出版情報: [東京] : 日経BP社 , 東京 : 日経BP出版センター (発売), 2010.3  192p ; 20cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
第二版への序文 3
イントロダクション 8
第1章 問題の定義 15
第2章 資源、その枯渇性、そして代わりのきかない価格の役割 45
第3章 富の影響と技術進歩の影響 57
第4章 割引率と時間選好 73
第5章 費用便益分析か、予防原則の絶対主義か? 89
第6章 地球温暖化について実際に起こっていること 99
第7章 何をすべきか? 131
付録A 145
付録B 155
付録C 159
付録D 163
解説 若田部昌澄 168
参考文献 190
索引 192
第二版への序文 3
イントロダクション 8
第1章 問題の定義 15
7.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
浜中裕徳編 ; 関谷毅史 [ほか] 著
出版情報: 東京 : 慶應義塾大学出版会, 2009.4  viii, 324p ; 22cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
改訂増補版はしがき i
はしがき iv
第1章 京都会議以後―「ブエノスアイレス行動計画」の合意 1
   1 概観
   2 主要交渉プレーヤー
   3 前期(1998年7月まで)における国際検討
   4 後期(1998年10月まで)における国際検討
   5 COP4における交渉
   6 まとめ
第2章 解けなかった多次元方程式―運用ルール交渉の難航 23
   3 主要国の基本スタンス
   4 議定書運用ルールづくり序盤戦
   5 COP5―京都議定書の2002年発効を目標に
   6 COP6に向けた交渉の加速
   7 COP6―解けなかった多次元方程式
第3章 米国の離脱と歴史的合意―「ボン合意」に向けた国際交渉 59
   3 ブッシュ政権の発足と京都議定書離脱
   4 COP再開会合に向けて―京都議定書の危機
   5 COP6再開会合―歴史的合意
第4章 政治的合意の法文化に向けて―「マラケシュ合意」への最終交渉 113
   3 ボン合意後の課題
   4 COP7―「マラケシュ合意」に向けて
   5 京都議定書の締結
第5章 吸収源に関する交渉経緯 155
   1 COP3における吸収源に関する交渉(1997年12月)
   2 地球温暖化対策推進大綱の決定(1998年10月)
   3 ブエノスアイレス行動計画(1998年11月)
   4 IPCC吸収源特別報告書(2000年5月)
   5 各国からの吸収源データと意見の提出(2000年8月)
   6 吸収源交渉における主な論点
   7 SBSTA13(2000年9月)と会期間会合(2000年10月)
   8 COP6(2000年11月)
   9 オタワ会合(2000年12月)
   10 COP6再開会合の準備
   11 COP6再開会合(2001年7月)
   12 COP7(2001年10月~11月)
   13 COP7後の国内対応
   14 吸収源交渉を振り返って
補章 マラケシュ合意後―京都議定書発効と実施、および第1約束期間後の国際枠組み交渉の開始 197
   1 はじめに
   2 京都議定書発効に至るプロセス
   3 京都議定書の実施・改善と将来枠組み構築準備に向けたプロセス
   4 将来枠組み構築に向けた新たなプロセスへの機運の高まり
   5 将来枠組み構築に向けた新たなプロセスの開始
   6 COP15までのプロセス
関連資料 233
   i ブエノスアイレス行動計画の要旨 234
   ii プロンク・ペーパーの内容と我が国提出意見(2001年1月)の概要 237
   iii プロンク議長調停案の概要 241
   iv ボン合意の概要 242
   v マラケシュ合意(COP7)の概要 246
   vi モントリオール会合(COP11/CMP1)におけるの将来枠組みに関する成果 251
   vii 京都議定書に基づく導守に関する手続及びメカニズムに関する手続及び制度(CMP1決定) 254
   viii 共同実施監督委員会(JISC)委員名簿 257
   ix クリーン開発と気候に関するアジア太平洋パートナーシップ第1回閣僚会議 258
   x G8ハイリゲンダム・サミット首脳宣言(気候変動関連部分のみ抜粋) 260
   xi バリ行動計画 267
   xii G8北海道洞爺湖サミット首脳宣言(気候変動関連部分のみ抜粋) 271
   xiii 京都議定書実施ルール交渉過程 年表 276
   xiv 用語集 295
   xv 京都議定書(和文) 301
索引 321
改訂増補版はしがき i
はしがき iv
第1章 京都会議以後―「ブエノスアイレス行動計画」の合意 1
8.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
茅陽一編著 ; 秋元圭吾, 永田豊著
出版情報: 東京 : 日本経済新聞出版社, 2008.11  228p ; 20cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
   注 : CO[2]の[2]は下つき文字
   
本書のポイント 8
Ⅰ 温暖化問題への対応姿勢
 1 温暖化対応の基本姿勢
   1 温暖化の進展と抜本的対策の必要性 18
   2 温室効果ガス排出の抑制をめぐる懐疑論 22
   3 温暖化対応の基本的要件―影響と対応努力とのバランス 30
   コラム IPCCとは 27
 2 温室効果ガス排出抑制目標とその評価
   1 トップダウンアプローチとボトムアップアプローチ 36
   2 温室効果ガス削減目標の時間的側面 39
   3 世界排出半減目標(2050年)の評価―途上国は受け入れまい 52
   4 IPCCシナリオの真実 57
   コラム 気候変動枠組条約、京都議定書とは? 38
Ⅱ 温暖化抑制方策とそのコスト評価
 3 日本の温暖化抑制目標は達成できるか
   1 脱炭素率からみた検討 68
   2 具体的対策面からみた検討(1)―2050年目標 78
   3 具体的対策面からみた検討(2)―2020年目標 98
   4 まとめ
 4 温暖化対策にどの程度のコストが必要か
   1 将来排出の見通し 115
   2 長期2050年の排出削減費用 125
   3 中期2020年の排出削減費用 141
   4 排出削減コストの議論を総括して 166
   コラム 排出量取引(キャップ・アンド・トレード) 109
   コラム スターン報告 112
   コラム DNE21+モデル 120
   コラム CO[2]限界削減費用とは?
   コラム セクター別アプローチ 142
Ⅲ 経済的手段による温暖化抑制効果―専門的分析―
 5 経済的手段による温暖化抑制シミュレーション
   1 経済的手段による温暖化抑制の特徴 172
   2 環境税による温暖化抑制費用の分析 190
   3 わが国における経済的手段の導入議論について 220
   注 : CO[2]の[2]は下つき文字
   
本書のポイント 8
9.

図書

図書
明日香壽川著
出版情報: 東京 : 日本評論社, 2015.9  xiv, 181p ; 21cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
第1章 : 地球温暖化問題の今
第2章 : だれがどれだけ削減するべきか
第3章 : 合意をより難しくしている問題群
第4章 : 公平性のものさし
第5章 : 各国が持つべき公平で野心的な目標
第6章 : 各国の数値目標を評価する
第1章 : 地球温暖化問題の今
第2章 : だれがどれだけ削減するべきか
第3章 : 合意をより難しくしている問題群
10.

図書

図書
環境経済・政策学会編
出版情報: 東京 : 東洋経済新報社, 2010.3  v, 232p ; 21cm
所蔵情報: loading…
文献の複写および貸借の依頼を行う
 文献複写・貸借依頼