close
1.

図書

図書
Tsutomu Sasao
出版情報: Boston, Mass. : Kluwer Academic Publishers, 1999  viii, 362 p. ; 24 cm
所蔵情報: loading…
2.

図書

図書
笹尾勤著
出版情報: 東京 : 近代科学社, 1995.1  vii, 290p ; 21cm
所蔵情報: loading…
3.

図書

図書
笹尾勤著
出版情報: 東京 : 日刊工業新聞社, 1986.5  iii, 213, 6p ; 21cm
所蔵情報: loading…
4.

図書

図書
向殿政男, 笹尾勤著
出版情報: 東京 : 朝倉書店, 1984.5  ix, 142p ; 21cm
シリーズ名: 電気・電子・通信・情報工学演習シリーズ / 相磯秀夫 [ほか] 編
所蔵情報: loading…
5.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
笹尾勤著
出版情報: 東京 : 近代科学社, 2005.2  viii, 297p ; 21cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
   はじめに i
1数学的基礎 1
   1.1集合 1
   1.2関係 4
   1.3同値類 5
   1.4関数 7
   1.5順序集合 9
2束とブール代数 15
   2.1代数 15
   2.2束 15
   2.3分配束と補元のある束 16
   2.4ブール代数 17
   2.5論理関数 22
   2.6群,環,体 24
3論理関数とその表現 31
   3.1論理素子と論理回路 31
   3.2論理関数と組合せ回路 34
   3.3論理和形と論理積形 36
   3.4シャノン展開 38
   3.5リード.マラー展開 39
   3.6論理式と多段論理回路 41
   3.7二分決定グラフ(BDD) 43
   3.8論理関数の表現法の比較 46
   3.9論理等式と命題算 48
4二段論理回路の最適化 55
   4.1論理和形と二段論理回路 55
   4.2n次元立方体 56
   4.3カルノー図 58
   4.4主項 62
   4.5歳小論理和形 63
   4.6カルノー図を用いた簡単化 64
   4.7クワイン.マクラスキ法 65
   4.8最小論理和形の応用 75
   4.9多出力回路の簡単化 76
5論理関数の諸性質 81
   5.1自己双対関数 81
   5.2単調関数とユネイト関数 83
   5.3線形関数 85
   5.4対称関数 86
   5.5しきい関数 88
   5.6万能系 90
   5.7論理関数の同値類 93
6順序回路 101
   6.1順序回路の基礎 101
   6.2フリップ・フロップ 102
   6.3順序回路の表現 109
   6.4状態割当と遷移表 110
   6.5順序回路の構成 111
7順序回路の最適化 121
   7.1完全定義順序回路の状態数最小化 121
   7.2不完全定義順序回路の状態数最小化 125
   7.3状態割当 129
8遅延と非同期動作 133
   8.1組合せ回路の過渡応答 133
   8.2非同期式順序回路 136
   8.3非同期式順序回路の誤動作 146
9多値入力二値出力関数 157
   9.1多値入力二値出力関数と論理和形 157
   9.2多価入力二値出力関数のビット表現 159
   9.3制限 159
   9.4恒真性 161
   9.5包含関係 162
   9.6等価性 162
   9.7分割統治法 163
   9.8論理式否定 164
   9.9恒真性判定 166
   9.10主項生成 168
   9.11シャープ演算 170
10論理式簡単化プログラム 177
   10.1大規模論理式の簡単化 177
   10.2併合,拡大,除去 178
   10.3縮小,整形 182
   10.4必須主項検出 183
   10.5多出力関数 186
   10.6PRESTO 189
   10.7MINIとESPRESS0 192
   10.8組合せ回路の符号化法 196
   10.9順序回路の状態割当 198
11多段論理合成 203
   11.1論理合成システム 203
   11.2積項を用いたファクタリング 205
   11.3TVFG(二変数関数発生器) 207
   11.4論理式の割り算 209
   11.5関数分解 215
   11.6回路の変換 219
   11.7多段論理回路簡単化とドント・ケア 221
   11.8ブール関係 225
   11.9タイミング最適化 226
12モジュールを用いた設計 233
   12.1PLAを用いた設計 233
   12.2マルチプレクサを用いた設計 250
   12.3ROMを用いた設計 253
13EXORを用いた論理回路 257
   13.1AND-EXOR形論理式の分類 257
   13.2ESOPの簡単化 267
   13.3故障検査とブール微分 268
14論理回路の複雑度 277
   14.1二段論理回路の複雑度 277
   14.2多段論理回路の複雑度 279
   スイッチング回路理論の歴史 285
   参考文献 287
   索引 293
   はじめに i
1数学的基礎 1
   1.1集合 1
文献の複写および貸借の依頼を行う
 文献複写・貸借依頼