close
1.

図書

図書
小玉英雄著
出版情報: 東京 : 丸善, 1991.2  xi, 238p ; 22cm
シリーズ名: パリティ物理学コース / 牧二郎 [ほか] 編
所蔵情報: loading…
2.

図書

図書
小玉英雄著
出版情報: 東京 : 培風館, 1997.4  viii, 309p ; 22cm
シリーズ名: 物理学基礎シリーズ ; 6
所蔵情報: loading…
3.

図書

図書
佐藤文隆, 小玉英雄著
出版情報: 東京 : 岩波書店, 1992.10  ix, 244p ; 22cm
シリーズ名: 岩波講座現代の物理学 / 江沢洋 [ほか] 編 ; 6
所蔵情報: loading…
4.

図書

図書
佐藤文隆, 小玉英雄著
出版情報: 東京 : 岩波書店, 1996.10  x, 258p ; 22cm
シリーズ名: 岩波講座現代の物理学 / 江沢洋 [ほか] 編 ; 6
所蔵情報: loading…
5.

図書

図書
佐藤文隆, 小玉英雄著
出版情報: 東京 : 岩波書店, 2000.6  x, 258p ; 22cm
シリーズ名: 現代物理学叢書
所蔵情報: loading…
6.

図書

図書
小玉英雄著 . 長島順清著 . 宮村修著
出版情報: 東京 : 共立出版, 1985.10  221p ; 21cm
シリーズ名: 物理学最前線 / 大槻義彦編 ; 12
所蔵情報: loading…
7.

図書

図書
小玉英雄, 井岡邦仁, 郡和範著
出版情報: 東京 : 共立出版, 2014.1  ix, 291p, 図版xp ; 22cm
シリーズ名: KEK物理学シリーズ / 高エネルギー加速器研究機構監修 ; 3
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
第1章 : 序章—宇宙の姿
第2章 : 星の誕生と進化—重力と核融合の織りなす星の世界
第3章 : 超新星爆発とガンマ線バースト—謎に満ちた壮絶な星の死
第4章 : 高エネルギー天体現象—中性子星、ブラックホールの生み出す極限状態の物理
第5章 : 宇宙を満たす超高エネルギー素粒子達—宇宙線の起源を求めて
第6章 : CMBで見る宇宙—光と重力の競演
第7章 : 素粒子標準モデルでひもとく宇宙の歴史
第8章 : 物質の起源を求めて—素粒子の標準モデルを超える
第9章 : インフレーション宇宙モデル—ビッグバンの起源に迫る
付録A : 自由粒子の熱統計力学
第1章 : 序章—宇宙の姿
第2章 : 星の誕生と進化—重力と核融合の織りなす星の世界
第3章 : 超新星爆発とガンマ線バースト—謎に満ちた壮絶な星の死
8.

図書

図書
小玉英雄著
出版情報: 東京 : 丸善出版, 2015.5  xi, 252p ; 19cm
シリーズ名: パリティ物理学コース / 牧二郎 [ほか] 編
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
1 : 宇宙モデル
2 : 物質の進化
3 : 構造の進化
4 : 物質と構造の起源
付録 : ロバートソン‐ウォーカー時空とその摂動に対する諸公式
補遺 : 1990年以降での宇宙論の進展
1 : 宇宙モデル
2 : 物質の進化
3 : 構造の進化
概要: 宇宙論は相対性理論なしに語ることはできない。本書は、宇宙の大域的構造に関することがら全般を、一般相対性理論の裏づけのもとに詳細に解説した教科書である。宇宙モデル、物質の進化、構造の進化、物質と構造の起源について、観測結果・研究結果とともに問 題点も含めて明快に話を進めていく。1991年の初版刊行後、大きく進展した観測・研究の成果を補って、待望の復刊。本書は、宇宙論に興味をもつ学生からこれを専攻する大学院生まで、広く役立つに違いない。 続きを見る
9.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
小玉英雄著
出版情報: 東京 : 朝倉書店, 2008.5  x, 136p ; 21cm
シリーズ名: 朝倉物理学選書 / 鈴木増雄, 荒船次郎, 和達三樹編 ; 6
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
0章 歴史と意義 1
1章 特殊相対性理論における時空概念 5
   1.1 光速不変性 5
   1.2 ローレンツ変換 7
   1.3 速度の変換則 9
   1.4 ローレンツ収縮 10
   1.5 同時性の相対化 11
   1.6 運動する時計の遅れ 13
   1.7 ミンコフスキー時空 15
2章 ミンコフスキー時空のテンソル 17
   2.1 テンソルとテンソル場 18
   2.2 テンソル代数 20
   2.3 計量テンソルによる添え字の上げ下げ 22
   2.4 レヴィ-チヴィタ疑テンソル 22
3章 特殊相対性理論における物理法則 25
   3.1 粒子の運動方程式 25
   3.2 ボルツマン方程式 28
   3.3 流体の方程式 30
   3.4 電気力学 32
   3.5 一様静電磁場中の荷電粒子の運動 34
   3.6 スピンの運動 35
   3.7 電磁波 38
   3.8 スカラー場 40
4章 ローレンツ群とスピノール 41
   4.1 ローレンツ群の有限次元線形表現 41
   4.2 スピノール 43
   4.3 ディラックスピノール 45
   4.4 ディラック方程式 48
5章 曲がった時空の幾何学 51
   5.1 多様体 51
   5.2 ベクトルと1形式 52
   5.3 テンソル 55
   5.4 写像と変換 57
   5.5 リー微分 58
   5.6 微分形式 60
   5.7 共変微分 63
   5.8 リーマン多様体 67
   5.9 定曲率空間 70
   5.10 等長変換とキリングベクトル 72
   5.11 向き付け可能性 73
   5.12 ストークスの定理 74
6章 一般相対性理論 77
   6.1 基本仮定 77
   6.2 特殊相対性理論との対応規則 79
7章 曲がった時空における物理法則 81
   7.1 運動方程式 81
   7.2 ボルツマン方程式 82
   7.3 流体の方程式 83
   7.4 エネルギー運動量の局所保存則 84
   7.5 電気力学 85
   7.6 スカラー場とスピノール場 86
8章 重力場の方程式 89
   8.1 アインシュタイン方程式 89
   8.2 ニュートン極限 90
   8.3 変分原理による定式化 91
   8.4 初期値問題 92
9章 重力波 95
   9.1 摂動方程式 95
   9.2 重力場のエネルギー
10章 ブラックホール 101
   10.1 定常時空 101
   10.2 球対称時空 102
   10.3 球対象ブラックホール 104
   10.4 エルンスト形式 106
   10.5 ワイルクラス 107
   10.6 定常軸対象ブラックホール 107
   10.7 剛性定理と一意性定理 109
   10.8 ブラックホール熱力学 110
   10.9 宇宙検閲仮説 112
11章 相対論的宇宙モデル 115
   11.1 ロバートソン-ウォーカー宇宙 115
   11.2 宇宙赤方偏移 116
   11.3 宇宙膨張の方程式 117
   11.4 初期特異点と宇宙の地平線 117
   11.5 フリードマンモデル 119
   11.6 インフレーション宇宙モデル 120
   11.7 ドジッター宇宙と反ドジッター宇宙 121
12章 一般相対性理論の実験的検証 123
   12.1 基本仮定の検証 123
   12.2 水星の近日点移動 124
   12.3 重力による光の屈曲 126
   12.4 レーダーエコーの遅れ 127
   12.5 連星系からの重力波 127
参考文献 129
索引 133
0章 歴史と意義 1
1章 特殊相対性理論における時空概念 5
   1.1 光速不変性 5
文献の複写および貸借の依頼を行う
 文献複写・貸借依頼