close
1.

図書

図書
モムゼン [著] ; 長谷川博隆訳
出版情報: 名古屋 : 名古屋大学出版会, 2005.4-2007.12  4冊 ; 22cm
所蔵情報: loading…
2.

図書

図書
マティアス・ゲルツァー著 ; 長谷川博隆訳
出版情報: 名古屋 : 名古屋大学出版会, 2013.8-2014.9  3冊 ; 22cm
所蔵情報: loading…
3.

図書

図書
ヘルガ=フォン=ハインツェ著 ; 長谷川博隆訳
出版情報: 東京 : グラフィック社, 1980.2  260p ; 23cm
シリーズ名: 西洋美術全史 ; 3
所蔵情報: loading…
4.

図書

図書
モムゼン [著] ; 長谷川博隆訳
出版情報: 名古屋 : 名古屋大学出版会, 2005.4  iv, 467, 4p ; 22cm
シリーズ名: ローマの歴史 / モムゼン [著] ; 長谷川博隆訳 ; 1
所蔵情報: loading…
5.

図書

図書
モムゼン [著] ; 長谷川博隆訳
出版情報: 名古屋 : 名古屋大学出版会, 2005.4  iv, 417, 4p ; 22cm
シリーズ名: ローマの歴史 / モムゼン [著] ; 長谷川博隆訳 ; 2
所蔵情報: loading…
6.

図書

図書
モムゼン [著] ; 長谷川博隆訳
出版情報: 名古屋 : 名古屋大学出版会, 2007.12  iv, 575, 71p ; 22cm
シリーズ名: ローマの歴史 / モムゼン [著] ; 長谷川博隆訳 ; 4
所蔵情報: loading…
7.

図書

図書
モムゼン [著] ; 長谷川博隆訳
出版情報: 名古屋 : 名古屋大学出版会, 2006.2  iv, 430, 3p ; 22cm
シリーズ名: ローマの歴史 / モムゼン [著] ; 長谷川博隆訳 ; 3
所蔵情報: loading…
8.

図書

図書
マティアス・ゲルツァー著 ; 長谷川博隆訳
出版情報: 名古屋 : 名古屋大学出版会, 2013.8  vi, 271, 8p ; 22cm
シリーズ名: ローマ政治家伝 / マティアス・ゲルツァー著 ; 長谷川博隆訳 ; 2
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
第1章 : 序説
第2章 : 権力の座に
第3章 : レピドゥスの蜂起とセルトリウス戦争
第4章 : 第一次執政官職
第5章 : 海賊戦争
第6章 : ミトラダテス戦争と東方の新秩序
第7章 : 帰還
第8章 : 三頭同盟
第9章 : 三頭同盟の更新と第二次執政官職
第10章 : 第三次執政官職
第11章 : 内乱の勃発
第12章 : デュッラキオン、ファルサロス、最期
第1章 : 序説
第2章 : 権力の座に
第3章 : レピドゥスの蜂起とセルトリウス戦争
概要: 偉大(マグヌス)と呼ばれた男。ローマ帝国の拡大に身を投じた「政治家」ポンペイウスの栄光と挫折の生涯を、史料の徹底的な読み込みから鮮やかに描き出す。世界史の転換点を活写した傑作、本邦初訳。
9.

図書

図書
マティアス・ゲルツァー著 ; 長谷川博隆訳
出版情報: 名古屋 : 名古屋大学出版会, 2013.8  vi, 404, 11p ; 22cm
シリーズ名: ローマ政治家伝 / マティアス・ゲルツァー著 ; 長谷川博隆訳 ; 1
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
第1章 : 政治的背景
第2章 : 政治世界への登場と栄達
第3章 : 執政官職
第4章 : 執政官代理職
第5章 : 内乱
第6章 : 勝利と破局
第1章 : 政治的背景
第2章 : 政治世界への登場と栄達
第3章 : 執政官職
概要: 大政治家とは何か。徹底した史料の精査とローマ社会全体を見据えた叙述により、悲劇の英雄にとどまらない新しいカエサル像を描き出した古典的名著。いかにしてカエサルは世界帝国を創造したのか—。
10.

図書

図書
マティアス・ゲルツァー著 ; 長谷川博隆訳
出版情報: 名古屋 : 名古屋大学出版会, 2014.9  vi, 493, 17p, 図版 [10] p ; 22cm
シリーズ名: ローマ政治家伝 / マティアス・ゲルツァー著 ; 長谷川博隆訳 ; 3
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
修業時代
公的活動のはじまり
財務官職—元老院議員としての第一歩
ウェッレス弾劾
按察官職から法務官職に
執政官職を目指しての戦い
執政官職
執政官在任中の政策を護って
亡命と帰還
「このような政治状態には喜ばしいことはひとかけらもない」
執政官代理職
内乱
カエサルの独裁官職のもとで
四四年三月一五日以降
レス・プブリカのための最後の戦い
修業時代
公的活動のはじまり
財務官職—元老院議員としての第一歩
概要: 政治の知とは何か。哲学と弁論を武器に戦った政治家キケロ。共和主義の原点とも目されるその思想は、いかなる政治を目指し、なぜ敗北したのか—。『カエサル』『ポンペイウス』に続くシリーズ最終巻、本邦初訳。
文献の複写および貸借の依頼を行う
 文献複写・貸借依頼