close
1.

図書

図書
Belkis W.Leong-Hong, Bernard K.Plagman共著 ; 成田光彰訳
出版情報: 東京 : オーム社, 1986.1  xviii, 338p ; 22cm
所蔵情報: loading…
2.

図書

図書
David A. Patterson, John L. Hennessy著 ; 成田光彰訳
出版情報: [東京] : 日経BP社 , 東京 : 日経BP出版センター (発売), 2007.5  173p ; 21cm
シリーズ名: コンピュータの構成と設計 : ハードウエアとソフトウエアのインタフェース / デイビッド・A.パターソン, ジョン・L.ヘネシー著 ; 成田光彰訳 ; 別冊
所蔵情報: loading…
3.

図書

図書
ジョン・L・ヘネシー, デイビッド・A・パターソン著 ; 成田光彰訳
出版情報: [東京] : 日経BP社 , 東京 : 日経BP出版センター (発売), 1999.5  2冊 ; 26cm
所蔵情報: loading…
4.

図書

図書
クリストファー・ハドナジー著 ; 成田光彰訳
出版情報: [東京] : 日経BP社 , 東京 : 日経BPマーケティング(発売), 2012.11  xii, 405p ; 21cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
第1章 : ソーシャル・エンジニアリングとは何か
第2章 : 情報収集
第3章 : 誘導質問術
第4章 : 役作り—誰かになりすます方法
第5章 : 心のトリック—ソーシャル・エンジニアリングに応用される心理学的原理
第6章 : 感化—説得の力
第7章 : ソーシャル・エンジニアリングに利用できるツール
第8章 : ケース・スタディ—ソーシャル・エンジニアリングの手口を分析する
第9章 : 防止と緩和の方策
第1章 : ソーシャル・エンジニアリングとは何か
第2章 : 情報収集
第3章 : 誘導質問術
概要: 鉄壁の防御を誇る大企業のコンピュータが、なぜ次々とハッカーの攻撃に屈して機密情報が流出するのか?—答えはこの本の中に。
5.

図書

図書
デイビッド・A・パターソン, ジョン・L・ヘネシー著 ; 成田光彰訳
出版情報: [東京] : 日経BP社 , 東京 : 日経BPマーケティング(発売), 2011.11  2冊 ; 24cm
所蔵情報: loading…
6.

図書

図書
David A.Patterson, John L.Hennessy著 ; 成田光彰訳
出版情報: 東京 : 日経BP社 , 東京 : 日経BPマーケティング (発売), 2014.12  2冊 ; 24cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
1 コンピュータの抽象化とテクノロジ : コンピュータ・アーキテクチャにおける8つの主要なアイデア
プログラムの裏側 ほか
2 命令:コンピュータの言葉 : コンピュータ・ハードウエアの演算
コンピュータ・ハードウエアのオペランド ほか
3 コンピュータにおける算術演算 : 加算と減算
乗算 ほか
4 プロセッサ : 論理設計とクロック方式
データパスの構築 ほか
5 容量と速度の両立:記憶階層の利用 : メモリ・テクノロジ
キャッシュの基礎 ほか
6 クライアントからクラウドまでの並列プロセッサ : 並列処理プログラム作成の困難さ
SISD、MIMD、SIMD、SPMD、ベクトル ほか
A アセンブラ、リンカ、SPIMシミュレータ : アセンブラ
リンカ ほか
B 論理設計の基礎 : ゲート、真理値表、論理式
組み合わせ論理 ほか
1 コンピュータの抽象化とテクノロジ : コンピュータ・アーキテクチャにおける8つの主要なアイデア
プログラムの裏側 ほか
2 命令:コンピュータの言葉 : コンピュータ・ハードウエアの演算
概要: 世界最高のコンピュータ教科書がモバイル、クラウド対応で全面刷新。性能とエネルギー効率のバランスを目指す現代の最新ハードウエア/ソフトウエア技術を解説。<br />クライアントからクラウドまでの最新並列処理技術を徹底解説。クラスタやウエアハウ ス・スケール・コンピュータといったSaaSなどが普及する現代に必須の知識を解説。 続きを見る
7.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
デイビッド・A.パターソン, ジョン・L.ヘネシー著 ; 成田光彰訳
出版情報: [東京] : 日経BP社 , 東京 : 日経BP出版センター (発売), 2006.3-2007.5  3冊 ; 24cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
まえがき
第1章 コンピュータの抽象化とテクノロジ 3
   1.1 はじめに 10
   1.2 プログラムの裏側 14
   1.3 コンピュータの内部 26
   1.4 実例 : Pentiumチップの製造技術 30
   1.5 誤信と落とし穴 31
   1.6 歴史展望と参考文献 33
   1.7 演習問題 33
    実世界におけるコンピュータ : ITに無縁の40億人にとっての情報技術 40
第2章 命令 : コンピュータの言葉
   2.1 はじめに 44
   2.2 コンピュータ・ハードウエアの演算 45
   2.3 コンピュータ・ハードウエアのオペランド 47
   2.4 コンピュータ内での命令の表現 54
   2.5 論理演算 61
   2.6 条件判定用の命令 63
   2.7 コンピュータ・ハードウエア内での手続きのサポート 70
   2.8 人との情報交換 72
   2.9 32ビットの即値およびアドレスに対するMIPSのアドレシング方式 87
   2.10 プログラムの翻訳と起動 97
   2.11 コンパイラによる最適化 107
   2.12 コンパイラの仕組み : 概説 112
   2.13 Cプログラムの包括的な例題解説 112
   2.14 オブジェクト指向言語による実現 120
   2.15 配列とポインタの対比 120
   2.16 実例 : IA-32の命令 124
   2.17 誤信と落とし穴 133
   2.18 おわりに 134
   2.19 歴史展望と参考文献 137
   2.20 演習問題 137
    実世界におけるコンピュータ : データで地球環境の救済を支援する 144
第3章 コンピュータにおける算術演算
   3.1 はじめに 148
   3.2 符号付き数と符号なし数 148
   3.3 加算と減算 157
   3.4 乗算 162
   3.5 除算 168
   3.6 浮動小数点演算 174
   3.7 実例 : IA-32における浮動小数点演算 199
   3.8 誤信と落とし穴 202
   3.9 おわりに 206
   3.10 歴史展望と参考文献 210
   3.11 演習問題 210
    実世界におけるコンピュータ : 古代世界の再生 216
第4章 性能の評価と理解
   4.1 はじめに 220
   4.2 CPU性能とその要因 226
   4.3 性能の評価 232
   4.4 実例 : 2つのSPECベンチマークと最近のIntelプロセッサの性能 237
   4.5 誤信と落とし穴 244
   4.6 おわりに 247
   4.7 歴史展望と参考文献 248
   4.8 演習問題 249
    実世界におけるコンピュータ : より高速に、そしてより安全に人々を移動させる 256
索引 索-1
第5章 プロセッサ : データパスと制御
   5.1 はじめに 260
   5.2 論理設計とクロック方式 264
   5.3 データパスの構築 267
   5.4 単純な実現方式 274
   5.5 マルチサイクルを用いた実現方式 289
   5.6 例外 310
   5.7 マイクロプログラミング : 制御設計の単純化 315
   5.8 ハードウエア設計言語を用いたディジタル設計の手ほどき 315
   5.9 実例 : 最近のPentiumの実現方式 315
   5.10 誤信と落とし穴 319
   5.11 おわりに 320
   5.12 歴史展望と参考文献 322
   5.13 演習問題 322
    実世界におけるコンピュータ : 障害者の機能回復を支援する 332
第6章 パイプラインを用いた性能向上
   6.1 パイプライン処理の概要 336
   6.2 データパスのパイプライン化 349
   6.3 パイプラインの制御 363
   6.4 データ・ハザードとフォワーディング 367
   6.5 データ・ハザードの制御 : ストール 377
   6.6 分岐ハザード 381
   6.7 ハードウエア記述言語によるパイプラインのモデル化と記述 391
   6.8 例外 391
   6.9 高度なパイプライン処理 : 性能のさらなる向上 396
   6.10 実例 : Pentium 4 のパイプライン 410
   6.11 誤信と落とし穴 413
   6.12 おわりに 414
   6.13 歴史展望と参考文献 416
   6.14 演習問題 416
    実世界におけるコンピュータ : 門番のいないマスコミュニケーション 426
第7章 容量と速度の両立 : 記憶階層の利用
   7.1 はじめに 430
   7.2 キャッシュの基礎 435
   7.3 キャッシュの性能の測定と改善 451
   7.4 仮想記憶 468
   7.5 記憶階層間に共通する概念 494
   7.6 実例 : Pentium 4 とAMD Opteronの記憶階層 501
   7.7 誤信と落とし穴 505
   7.8 おわりに 508
   7.9 歴史展望と参考文献 510
   7.10 演習問題 511
    実世界におけるコンピュータ : 世界の芸術的な至宝を保存する 518
第8章 外部記憶装置、ネットワーク、およびその他の周辺装置
   8.1 はじめに 522
   8.2 ディスク記憶装置と信頼性 524
   8.3 ネットワーク 536
   8.4 プロセッサ、メモリ、入出力装置間のバスその他による接続 536
   8.5 プロセッサ、主記憶、そしてOSと入出力装置のインタフェース 543
   8.6 入出力性能の測定法 : ディスクおよびファイル・システムを例にして 552
   8.7 入出力システムの設計 555
   8.8 実例 : ディジタル・カメラ 558
   8.9 誤信と落とし穴 561
   8.10 おわりに 565
   8.11 歴史展望と参考文献 566
   8.12 演習問題 566
    実世界におけるコンピュータ : 診断方法の改善によって人の命を救う 578
まえがき
第1章 コンピュータの抽象化とテクノロジ 3
   1.1 はじめに 10
文献の複写および貸借の依頼を行う
 文献複写・貸借依頼