close
1.

図書

図書
アルバート・アインシュタイン著 ; ゼエブ・ローゼンクランツ編 ; 畔上司訳
出版情報: 東京 : 草思社, 2019.6  358p ; 20cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
歴史への手引き : レバントおよびレバント人についてのアインシュタインの見解
インド人およびシンハラ族についてのアインシュタインの見解
中国および中国人についてのアインシュタインの見解 ほか
旅日記—日本、パレスチナ、スペイン 一九二二年一〇月六日〜一九二三年三月一二日 : 日本人は自国と自国民を愛している
私の旅はシオニスト運動のために利用されようとしている
日本人の純粋な心は他のどこの人々にも見られない ほか
テキスト補遺 : 山本実彦より
アインシュタインの訪日旅行開始日(一九二二年九月二九日)に行われた会話についての報告
シンガポールでの歓迎会のスピーチ ほか
歴史への手引き : レバントおよびレバント人についてのアインシュタインの見解
インド人およびシンハラ族についてのアインシュタインの見解
中国および中国人についてのアインシュタインの見解 ほか
概要: ノーベル物理学賞受賞の前後、アインシュタインは日本、パレスチナ、スペインを訪れていた(1922年〜1923年)。本書はその期間に本人が書き記した日記・手紙類を網羅した一冊である。公開を考えずに綴られた日記には各国民への辛辣な観察も散見される 一方、日本人についての好意的記述が目につく。20世紀を代表する科学者による貴重な証言である。 続きを見る
2.

図書

図書
アーチャン・ブラーム著 ; 畔上司訳
出版情報: 東京 : 主婦の友社, 2017.7  175p ; 19cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
第1章 すべてがうまくいく心の持ち方 : 頭の中のアルバムにイヤな記憶がたくさんある人は、今すぐ、いい思い出と取りかえよう。
人生における「イヌのフン」=苦難は後にあなたの人生を豊かで実り多いものにしてくれる。 ほか
第2章 人生で本当に大切にしたいもの : 器は壊されても、またつくることができる。でも、中身の心が失われたら、取り戻すのはむずかしい。
いくらお金があっても、“思いやり”と“平穏な心”を持つ人にはかなわない。 ほか
第3章 手放すことはコワイけれど、手放せばラクになる : 一度、手に入れたものは、ずっと自分のもの?どんなに愛するものも、いつか手放すときが来るのです。
ひとつ残らずとっておきたい?古いもので占領されていると、新しい幸運の入るスペースがありませんよ。 ほか
第4章 人間関係の悩みがなくなる : あなたがイヤなやつと思っている誰かも、あなたのことをイヤなやつと思っている。
欠点を指摘するときは、まずほめて、最後にまたほめるとうまくいく。つまり、サンドイッチ方式。 ほか
第5章 不安のない穏やかな心でいるために : 「自分は誰よりもすぐれている」と思っていると、自分以上の人が現れたときに、困ってしまう。比べるクセはやめよう。
完全無欠な人間なんていない。欠点があっていい。それが当たり前で、美しい。 ほか
第1章 すべてがうまくいく心の持ち方 : 頭の中のアルバムにイヤな記憶がたくさんある人は、今すぐ、いい思い出と取りかえよう。
人生における「イヌのフン」=苦難は後にあなたの人生を豊かで実り多いものにしてくれる。 ほか
第2章 人生で本当に大切にしたいもの : 器は壊されても、またつくることができる。でも、中身の心が失われたら、取り戻すのはむずかしい。
概要: 振り回されない穏やかな心。怒り、不安、悩みが、あっけないほどラクになる。
文献の複写および貸借の依頼を行う
 文献複写・貸借依頼