close
1.

図書

図書
千原秀昭, 徂徠道夫編
出版情報: 東京 : 東京化学同人, 2000.9  vi, 374p ; 15×21cm
所蔵情報: loading…
2.

図書

図書
A.ヴァイス, H.ヴィッテ著 ; 徂徠道夫訳
出版情報: 東京 : みすず書房, 1980.6  viii, 315p ; 22cm
所蔵情報: loading…
3.

図書

図書
徂徠道夫, 中澤康浩編集
出版情報: 東京 : 東京化学同人, 2011.9  viii, 374p, 図版1枚 ; 15×21cm
所蔵情報: loading…
4.

図書

図書
千原秀昭, 徂徠道夫編
出版情報: 東京 : 東京化学同人, 2000.9  vi, 238p, 図版1枚 ; 15×21cm
所蔵情報: loading…
5.

図書

図書
M.L.McGlashan著 ; 関集三, 徂徠道夫共訳
出版情報: 京都 : 化学同人, 1974.9  x, 132p, 図版1枚 ; 22cm
所蔵情報: loading…
6.

図書

図書
徂徠道夫編集委員
出版情報: 東京 : 丸善, 1992.2  xvi, 534p ; 22cm
シリーズ名: 実験化学講座 / 日本化学会編 ; 4
所蔵情報: loading…
7.

図書

図書
徂徠道夫ほか著
出版情報: 東京 : 東京化学同人, 2003.3  x, 148p, 図版1枚 ; 21cm
所蔵情報: loading…
8.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
Michio Sorai, editor-in-chief, the Japan Society of Calorimetry and Thermal Analysis
出版情報: Chichester, West Sussex : J. Wiley, c2004  xxi, 534 p. ; 24 cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
Preface xi
Acknowledgements xiii
List of Contributors xv
Part I PRINCIPLE OF CALORIMETRY AND THERMAL ANALYSIS 1
   1.1 Calorimetry 3
   1.2 Thermal Analysis 29
Part II EXPERIMENTAL METHODS 57
   2.1 Temperature Measurement in Thermal Study 59
   2.2 Principles and Methods of Calorimetry 63
   2.3 Principles and Methods of Thermal Analysis 123
   2.4 Other Experiments 162
Part III DATA ANALYSIS 187
   3.1 Data Analysis of Calorimetry 189
   3.2 Techniques of Thermal Analysis and the Data Analysis 213
Part IV HOW TO UTILIZE THE THERMODYNAMIC DATABASE 247
   4.1 Thermodynamic and Related Database 249
   4.2 Utilization of Thermodynamic Database 262
   4.3 Thermodynamic Database for Biomolecules 276
Part V ACTUAL APPLICATIONS 285
   5.1 Metals and Alloys 287
   5.2 Inorganic Materials and Ceramics 315
   5.3 Organic Materials and Polymers 365
   5.4 Biomolecules 419
   5.5 Medicines 445
   5.6 Foods and Biomaterials 469
APPENDIX 497
Index 523
Preface xi
Acknowledgements xiii
List of Contributors xv
9.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
徂徠道夫著
出版情報: 東京 : 朝倉書店, 2007.4  vi, 256p ; 22cm
シリーズ名: 朝倉化学大系 ; 10
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
1. 分子熱力学とは 1
   1.1 熱力学・化学熱力学・分子熱力学 1
   1.2 熱力学の特徴 2
   1.3 ナノカロリメトリー 3
2. 熱容量とその測定法 6
   2.1 熱容量から求められる熱力学諸量 7
   2.2 熱容量に寄与するミクロな自由度 8
   2.3 単原子分子固体の熱容量 9
    2.3.1 アインシュタインモデル 10
    2.3.2 ポルン-フォン・カルマンの格子振動理論 11
    2.3.3 デバイモデル 12
   2.4 多原子分子個体の熱容量 14
   2.5 熱容量の測定法 15
    2.5.1 断熱法による熱容量測定 15
    2.5.2 緩和法による熱容量測定 18
    2.5.3 交流法による熱容量測定(AC法) 19
    2.5.4 示差走査熱容量測定(DSC) 20
   引用文献 21
3. 相転移 23
   3.1 相転移の次数 24
    3.1.1 1次相転移 24
    3.1.2 2次相転移 26
    3.1.3 2次相転移における秩序度(秩序パラメーター) 27
    3.1.4 臨界現象 29
   3.2 正常熱容量の決定法 29
    3.2.1 温度のべき級数による方法 30
    3.2.2 対応状態の方法 30
    3.2.3 デバイ関数とアインシュタイン関数の組み合わせによる方法 31
    3.2.4 有効振動数分布法 32
    3.2.5 2状態転移の場合の正常熱容量決定法 35
   3.3 相転移に伴う熱力学諸量 36
   3.4 相転移の種類 38
   引用文献 40
4. 分子結晶と配向相転移 42
   4.1 柔粘性結晶 42
    4.1.1 四面体状分子:M(SCH₃)₄ 44
    4.1.2 鼓形分子:ホルミルフェロセン 48
    4.1.3 球状分子:フラーレンC₆₀ 51
   4.2 フェロセン結晶 54
    4.2.1 フェロセンの安定結晶相 54
    4.2.2 フェロセン結晶の爆発的崩壊 61
   4.3 フェロセンとチオ尿素の包接化合物 63
   4.4 メタロセニウム塩 68
    4.4.1 [Fe(C₅H₅)(C₅H₅)]PF₆ 68
    4.4.2 [Fe(C₅H₅)₂]PF₆ 73
   引用文献 76
5. 液晶における相転移 79
   5.1 中間相としての液晶 79
    5.1.1 室温液晶の発見 80
    5.1.2 液晶の種類 81
    5.1.3 分子構造と相系列 83
   5.2 ガラス性液晶 86
    5.2.1 ネマチック液晶のガラス状態 88
    5.2.2 スメクチック液晶のガラス状態 90
   5.3 円盤状分子からなるディスコチック液晶 94
    5.3.1 棒状分子液晶とどこが違うか 94
    5.3.2 アルキル側鎖の逐次融解 96
    5.3.3 相転移エントロピーの奇偶効果 102
    5.3.4 モルエントロピーの奇妙なペアリング 104
   5.4 反強誘電性液晶 106
   5.5 光学的に等方性のキュービック液晶 110
    5.5.1 キュービック液晶性化合物の熱容量 111
    5.5.2 溶媒の働きをするアルキル側鎖 117
    5.5.3 相転移エントロピーの鎖長依存性と相系列の逆転 120
    5.5.4キュービック相での分子の凝集構造 122
   5.6 リオトロピック液晶 124
   引用文献 126
6. 分子磁性体と磁気相転移 130
   6.1 磁気的相互作用 130
   6.2 格子次元と磁気熱容量 132
   6.3 素励起としてのスピン波熱容量 135
   6.4 ショットキー熱異常 136
   6.5 常磁性クラスター 140
   6.6 最初の強磁性錯体 144
   6.7 有機ラジカル 148
    6.7.1 最初の有機強磁性体:p-NPNN 148
    6.7.2 TEMPO誘導体:MOTMP,AOTMP,MATMP,CATMP 150
    6.7.3 ベンズイミダゾールラジカル:BABI 153
    6.7.4 チアジルラジカル:BDTA 155
   6.8 1次元分子磁性体 156
    6.8.1 電荷移動デカメチルフェロセニウム塩 156
    6.8.2 1次元集積型金属錯体 159
    6.8.3 マンガン-ポルフィリン錯体 161
   6.9 2次元集積型金属錯体 164
   6.10 単分子磁性体 168
   引用文献 171
7. スピンクロスオーバー現象と相転移 175
   7.1 電子が直接的に関与する有機金属化合物の相転移 175
   7.2 スピンクロスオーバー現象 179
   7.3 最初のスピンクロスオーバー錯体 181
   7.4 スピンクロスオーバーに及ぼす様々な要因 183
    7.4.1 配位子 183
    7.4.2 対イオン 184
    7.4.3 結晶溶媒 184
    7.4.4 結晶溶媒の重水素化 190
    7.4.5 金属希釈効果 191
    7.4.6 メカノケミカル効果 194
   7.5 ドメインモデルと協同現象性 196
   引用文献 201
8. 電荷移動による相転移 204
   8.1 3核混合原子価錯体 204
   8.2 2核混合原子価錯体 215
   8.3 ハロゲン架橋白金複核錯体 223
   8.4 集積型混合原子価錯体 228
   8.5 集積型異種金属錯体 233
   8.6 中性イオン性転移 236
   引用文献 238
9. サーモクロミズム現象と相転移 243
   9.1 配位子のパッカリング運動によるサーモクロミズム 244
   9.2 配位子の秩序無秩序型運動によるサーモクロミズム 247
   9.3 配位数の変化によるサーモクロミズム 249
   引用文献 251
索引 253
1. 分子熱力学とは 1
   1.1 熱力学・化学熱力学・分子熱力学 1
   1.2 熱力学の特徴 2
文献の複写および貸借の依頼を行う
 文献複写・貸借依頼