close
1.

図書

図書
P.J.E.フォーサイス著 ; 中沢一,小林英男共訳
出版情報: 東京 : 養賢堂, 1975.2  205p ; 22cm
所蔵情報: loading…
2.

図書

図書
小林英男編
出版情報: 東京 : 日本規格協会, 1995.10  146p ; 26cm
シリーズ名: JIS使い方シリーズ ; . 圧力容器 / 小林英男[ほか]編集||アツリョク ヨウキ ; 3
所蔵情報: loading…
3.

図書

図書
小林英男編
出版情報: 東京 : 日本規格協会, 1995.10  229p ; 26cm
シリーズ名: JIS使い方シリーズ ; . 圧力容器 / 小林英男[ほか]編集||アツリョク ヨウキ ; 1
所蔵情報: loading…
4.

図書

図書
小林英男編
出版情報: 東京 : 日本規格協会, 1995.10  374p ; 26cm
シリーズ名: JIS使い方シリーズ ; . 圧力容器 / 小林英男[ほか]編集||アツリョク ヨウキ ; 2
所蔵情報: loading…
5.

図書

図書
小林英男編著
出版情報: 東京 : 内田老鶴圃, 2011.3  x, 242p ; 21cm
所蔵情報: loading…
6.

図書

図書
中沢一, 小林英男著
出版情報: 東京 : 共立出版, 1976.11  viii, 237p ; 22cm
シリーズ名: エンジニアリング・サイエンス講座 / 川上正光 [ほか] 編 ; 28
所蔵情報: loading…
7.

図書

図書
日本材料科学会編 ; 小林英男 [ほか] 著
出版情報: 東京 : 裳華房, 1989.10  viii, 207p ; 22cm
シリーズ名: 先端材料シリーズ
所蔵情報: loading…
8.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
小林英男著
出版情報: 東京 : 共立出版, 1993.4  vii, 193p ; 22cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
1章 固体の破壊
   1.1 延性固体と脆性固体 1
   1.2 脆性固体の破壊特性 6
   参考文献 10
2章 材料の破壊
   2.1 破壊機構 11
   2.2 延性破壊と脆性破壊 23
   2.3 延性材料の塑性不安定 25
   2.4 多軸応力の影響と塑性拘束 29
   2.5 ひずみ速度の影響 32
   2.6 脆性材料の不安定破壊 35
   2.7 時間依存型破壊 35
   参考文献 40
3章 エネルギ開放率
   3.1 エネルギ平衡 41
   3.2 エネルギ開放率 43
   3.3 Griffithの式 48
   3.4 き裂先端の曲率半径 51
   3.5 き裂進展速度 53
   参考文献 56
4章 応力拡大係数
   4.1 き裂の弾性学 57
   4.2 き裂先端の応力場と応力拡大係数 61
   4.3 応力拡大係数の実例 66
   4.4 重ね合わせの原理の適用 73
   4.5 応力拡大係数とエネルギ開放率の関係 78
   4.6 応力拡大係数の有用性 80
   4.7 き裂と転位の力学的類似性 83
   参考文献 86
5章 き裂先端の塑性域と開口変位
   5.1 塑性変位の機構 88
   5.2 見掛け上の塑性域 90
   5.3 平面応力状態の塑性域 94
   5.4 平面ひずみ状態の塑性域 98
   5.5 き裂先端開口変位 102
   5.6 応力状態に及ぼす板厚の影響 104
   5.7 応力状態と変形様式 107
   参考文献 111
6章 破壊靭性と破壊抵抗
   6.1 破壊靭性 113
   6.2 安定破壊と不安定破壊 119
   6.3 応力破壊とR曲線 122
   6.4 平面ひずみ破壊靭性 124
   6.5 延性-脆性遷移と破壊靭性 127
   6.6 動的破壊靭性 130
   6.7 時間依存型き裂進展 131
   参考文献 135
7章 破壊制御設計
   7.1 機器の構造健全性保証 137
   7.2 欠陥評価の手法 139
   7.3 非破壊検査と保証試験 146
   7.4 損傷許容設計 151
   7.5 破壊制御設計 156
   参考文献 166
問題解答 167
索引 181
1章 固体の破壊
   1.1 延性固体と脆性固体 1
   1.2 脆性固体の破壊特性 6
9.

図書

図書
小林英男著
出版情報: 東京 : 日刊工業新聞社, 2019.4  xii, 190p ; 21cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
第1部 機械の開発・設計者が振動・騒音技術を理解するために必要になる基礎技術を項目別に解説 : 振動と音は同じ波動現象ですが、物理現象としての違いは何なのでしょうか?
同じ波の現象(波動現象)なのに、音と振動で取り扱う上限周波数が違うのはなぜでしょうか?
音の継続時間が200msec以下なら人間は音の存在に気がつかないらしい!
周波数の低い騒音のほうが、うるさく感じない!
騒音は固体音と空気音に大別できます。どちらの騒音かによって騒音対策の内容が全く異なります。(よって、問題となる騒音が固体音であるのか空気音であるのかを明確にするのが騒音対策の1丁目1番地になります。また、振動による音の音響放射効率とは?) ほか
第2部 機械の開発・設計者に必要になる振動・騒音の低減技術と問題解決技術 : たたみ込み積分、周波数応答関数、コヒーレンス関数とは?
モード信頼性評価基準(MAC)とは?
製鉄所の燃焼炉の燃焼音の低減
電子部品が高密度実装されたプリント基板にてどの部品が騒音源であるのかを見つける方法は?この場合の騒音の最大低減量の数値を求める簡単な方法とは?
大きな振動は大きな騒音を放射するというのは間違いであるということが多い。振動体の音響放射効率を考えないといけません。(また、正方形の板と細長い板を比較すると細長い板の音響放射効率は通常低くなります。) ほか
第1部 機械の開発・設計者が振動・騒音技術を理解するために必要になる基礎技術を項目別に解説 : 振動と音は同じ波動現象ですが、物理現象としての違いは何なのでしょうか?
同じ波の現象(波動現象)なのに、音と振動で取り扱う上限周波数が違うのはなぜでしょうか?
音の継続時間が200msec以下なら人間は音の存在に気がつかないらしい!
10.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
小林英男, 轟章共著
出版情報: 東京 : 数理工学社 , 東京 : サイエンス社 (発売), 2007.12  viii, 171p ; 22cm
シリーズ名: 機械工学 ; EKK-3
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
第1章 応力とひずみ 1
   1.1 応力の定義 2
   1.2 応力の成分 3
   1.3 応力の変換 4
   1.4 主応力 9
   1.5 応力のつり合い方程式 13
   1.6 ひずみの定義 15
   1.7 ひずみの変換 17
   1.8 ひずみの適合条件 20
   1.9 フックの法則 21
   1.10 極座標表示 22
   1.11 サンブナンの原理 28
   1.12 境界条件 29
   1章の問題 30
第2章 2次元弾性論 31
   2.1 平面問題 32
   2.2 応力関数 34
   2.3 極座標表示 37
   2.4 厚肉円筒問題 40
   2.5 円孔の応力集中 46
   2.6 楕円孔の応力集中 53
   2.7 有限板の円孔の応力集中 54
   2.8 曲がった梁の曲げ 55
   2.9 半無限板の集中荷重 58
   2.10 回転円盤 60
   2章の問題 63
第3章 ねじり 65
   3.1 円形断面軸のねじり 66
   3.2 ねじりの応力関数 68
   3.3 薄肉長方形断面棒のねじり 74
   3.4 薄肉任意断面管のねじり 76
   3.5 薄肉開断面棒のねじり 81
   3章の問題 82
第4章 平板の曲げ 83
   4.1 薄板の曲げと変形 84
   4.2 薄板のつりあい方程式 87
   4.3 長方形板の曲げ 90
   4.4 円盤の曲げ 95
   4章の問題 99
第5章 熱応力 101
   5.1 熱応力の基礎 102
   5.2 軸対称温度分布の円筒の熱応力 105
   5章の問題 107
第6章 異方性材料 109
   6.1 複合材料 110
   6.2 複合則 113
   6.3 応力-ひずみ関係 118
   6.4 変換 120
   6.5 積層理論 123
   6章の問題 129
第7章 弾塑性問題 131
   7.1 弾完全塑性体の引張り 132
   7.2 梁の弾塑性曲げと残留応力 136
   7.3 弾塑性ねじりと残留応力 141
   7.4 降伏条件 145
   7.5 厚肉円筒の弾塑性変形 147
   7.6 回転円板の弾塑性変形 152
   7章の問題 155
補章 エネルギー原理 157
   A1 ひずみエネルギー 158
   A2 仮想仕事の原理 159
   A3 最小ポテンシャルエネルギーの原理 161
   A4 レイリー・リッツ法 163
   A5 平板の曲げにおけるひずみエネルギー 165
問題略解 166
索引 170
第1章 応力とひずみ 1
   1.1 応力の定義 2
   1.2 応力の成分 3
文献の複写および貸借の依頼を行う
 文献複写・貸借依頼