close
1.

図書

図書
作道恒太郎著
出版情報: 東京 : 裳華房, 1993.9  冊 ; 21cm
所蔵情報: loading…
2.

図書

図書
作道恒太郎著
出版情報: 東京 : 裳華房, 1993.9  xi, 190p ; 21cm
シリーズ名: 固体物理 / 作道恒太郎著
所蔵情報: loading…
3.

図書

図書
作道, 恒太郎(1928-)
出版情報: 東京 : 裳華房, 1993.9  xi, 209p ; 21cm
シリーズ名: 固体物理 / 作道恒太郎著
所蔵情報: loading…
4.

図書

図書
作道, 恒太郎(1928-)
出版情報: 東京 : 裳華房, 1993.9  xi, 186p ; 21cm
シリーズ名: 固体物理 / 作道恒太郎著
所蔵情報: loading…
5.

図書

図書
中村輝太郎 [ほか] 編著
出版情報: 東京 : 裳華房, 1988.2  xi,319p ; 22cm
シリーズ名: 物性科学選書 / 鈴木平, 近角聰信, 中嶋貞雄編集
所蔵情報: loading…
6.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
作道恒太郎著
出版情報: 東京 : 裳華房, 1995.3  xi, 186p ; 21cm
シリーズ名: 固体物理 / 作道恒太郎著
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
1. 序論
   §1.1 結晶結合 1
    (1) イオン結合 2
    (2) 共有結合 4
    (3) ファン・デル・ワールス結合 6
    (4) 金属結合 6
    (5) 水素結合 6
   §1.2 量子力学の要約 8
    (1) シュレーディンガー方程式 8
    (2) 分散関係 10
    (3) 摂動論 10
   §1.3 基本的事項 12
    (1) 原子の電子構造 12
    (2) 元素周期表 12
    (3) 統計分布関数 14
    (4) 物理定数,エネルギー尺度,特殊相対論 16
2. 結晶の電子構造
   §2.1 自由電子近似 20
    (1) エネルギー準位 22
    (2) その物性 24
   §2.2 エネルギーバンド構造 30
    (1) エネルギーギャップ 30
    (2) 逆格子空間 32
    (3) ブリュアン・ゾーン 36
   §2.3 バンド理論の一般化 38
    (1) 強結合近似 38
    (2) 有効質量 42
3. 半導体物性I
   §3.1 伝導帯と価電子帯 48
    (1) バンド構造 48
    (2) バンドギャッブ 52
    (3) 正孔 54
    (4) 多バレー構造 56
   §3.2 不純物準位 58
    (1) ドナー・アクセプター準位 60
    (2) 有効質量近似 64
4. 半導体物性II
   §4.1 キャリアー濃度 68
    (1) 固有半導体 70
    (2) 不純物半導体 72
   §4.2 キャリアー散乱機構 76
    (1) ボルツマン輸送方程式 76
    (2) その応用例 78
    (3) 移動度 82
   §4.3 磁場効果 86
    (1) ホール効果 86
    (2) ランダウ準位 88
   §4.4 非線形現象 92
    (1) 高電界効果(I)Si 92
    (2) 高電界効果(II)GaAs 94
    (3) 金属・絶縁体転移 96
5. 格子欠陥
   §5.1 点欠陥 100
   §5.2 転位 104
   §5.3 表面 106
   §5.4 非晶質固体 110
6. p-n接合
   §6.1 熱平衡下のエネルギー構造 112
   §6.2 ダイオードの電気特性 118
    (1) 整流 118
    (2) トンネル効果 118
   §6.3 バイポーラ・トランジスタ 122
7 MOS構造
   §7.1 金属・半導体界面 126
   §7.2 電界効果トランジスタ 130
    (1) 反転層の形成 130
    (2) FETの電流―電圧特性 132
    (3) 技術的課題 134
   §7.3 量子ホール効果 136
    (1) 2次元電子系の磁気効果 136
    (2) ホール効果の量子化 138
    (3) 局在状態,分数量子ホール効果 142
8. ヘテロ接合
   §8.1 バンド設計 144
    (1) エピタキシー技術 144
    (2) 混晶系 148
    (3) バンド整列 148
    (4) 量子井戸 150
   §8.2 応用例 154
    (1) 量子井戸光素子 154
    (2) 共鳴トンネル効果 156
    (3) 変調ドープ法 156
9. 半導体の光物性
   §9.1 光吸収特性 162
    (1) 基礎吸収 162
    (2) 励起子 164
   §9.2 光センサーと太陽電池 166
   §9.3 発光素子 170
    (1) 発光ダイオード 170
    (2) 半導体レーザー 174
参考文献 180
索引 182
1. 序論
   §1.1 結晶結合 1
    (1) イオン結合 2
7.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
作道恒太郎著
出版情報: 東京 : 裳華房, 1995.3  xi, 209p ; 21cm
シリーズ名: 固体物理 / 作道恒太郎著
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
1 結晶学序論
   1.1 結晶構造 1
    (1)結晶格子 1
    (2)立体対称構造 2
   1.2 構造解析 6
    (1)X線・粒子線回折 6
    (2)格子面と逆格子空間 8
    (3)ラウエ条件と構造因子 10
   1.3 物理量の対称性 12
    (1)テンソル量と座標変換 12
    (2)結晶対称性と物理量 16
2 格子振動・フォノン
   2.1 1次元モデル 18
    (1)単原子結晶 18
    (2)二原子結晶 22
   2.2 現実結晶の格子振動 26
    (1)基準モードとブリュアン・ゾーン 26
    (2)格子振動の分散関係の実例 28
   2.3 量子化 30
    (1)フォノンエネルギー 30
    (2)結晶運動量と保存則 32
    (3)フォノンとフォトン 34
3 弾性と熱物性
   3.1 弾性と音波 36
    (1)弾性定数 36
    (2)音波物性工学 40
   3.2 固体比熱 44
    (1)古典モデルとアインシュタイン・モデル 44
    (2)デバイ・モデル
   3.3 非調和効果 50
    (1)熱伝導 50
    (2)高次弾性項 54
4 誘電的性質
   4.1 古典理論 58
    (1)誘電分極 58
    (2)局所電場 62
   4.2 誘電分散 66
    (1)配向分極の分散 66
    (2)変位分極の分散 70
    (3)クラマース-クリーニヒ関係 70
   4.3 格子振動理論 72
    (1)LST関係 72
    (2)殻モデル理論 76
5 誘電体の光物性
   5.1 光学スペクトロスコピー 80
    (1)概論 80
    (2)赤外反射スペクトル 84
    (3)プラズマ振動 84
   5.2 光散乱実験 88
    (1)ラマン散乱 88
    (2)ブリュアン,ハイパーラマン散乱 92
    (3)ポラリトン 94
   5.3 非線形光学 96
    (1)概論 96
    (2)光SHG 98
    (3)位相共役波,光屈折率効果 102
6 強誘電性I
   6.1 基本的性質 106
    (1)変位型強誘電体 108
    (2)整列・不整列強誘電体 110
   6.2 熱力学的現象論 114
    (1)束縛条件 114
    (2)自由条件 118
    (3)双1次結合条件 122
   6.3 格子力学的機構 124
    (1)スレーター理論 124
    (2)ソフトモード理論 128
    (3)ソフトモード観測 128
7 強誘電性II
   7.1 電子構造計算 134
    (1)計算結果 134
    (2)考察 138
   7.2 組成効果 140
    (1)混晶系 140
    (2)考察 140
    (3)PbZrO3-PbTiO3系 144
   7.3 量子効果 148
    (1)量子常誘電性 148
    (2)量子強誘電性 152
8 構造相転移
   8.1 ゾーン境界モード相転移 158
    (1)観測結果 158
    (2)現象論的解釈 162
    (3)臨界現象 164
   8.2 静水圧効果 168
   8.3 エキゾティック相転移 172
    (1)サイレントモード相転移 172
    (2)副格子相互作用 176
付録
   A. 結晶毛糸プラヴェー格子 184
   B. 対称捜査と結晶点群 186
   C. 物理量のテルソン形 188
   D. 結晶点群の指標表 191
   E. 結晶構造の図 197
参考文献 201
索引 203
1 結晶学序論
   1.1 結晶構造 1
    (1)結晶格子 1
文献の複写および貸借の依頼を行う
 文献複写・貸借依頼