close
1.

図書

図書
掘越弘毅 [ほか] 著
出版情報: 東京 : 講談社, 1992.4  ix, 251p ; 21cm
所蔵情報: loading…
2.

図書

図書
北爪智哉, 石原孝, 田口武夫著
出版情報: 東京 : 講談社, 1993.5  vii, 197p ; 22cm
所蔵情報: loading…
3.

図書

図書
相澤益男, 大倉一郎, 北爪智哉著
出版情報: 東京 : 講談社, 1994.3  viii, 102p ; 26cm
シリーズ名: バイオテクノロジーテキストシリーズ
所蔵情報: loading…
4.

図書

図書
虎谷哲夫 [ほか] 著
出版情報: 東京 : 講談社, 2012.12  x, 292p ; 21cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
序論
酵素の構造
酵素の触媒機構
コファクターと作用機構
酵素の特性
酵素の反応速度論
酵素の精製と分析
酵素の分子工学
物質生産への応用
酵素と医療
酵素と環境
酵素以外の生態触媒
序論
酵素の構造
酵素の触媒機構
5.

図書

図書
北爪智哉 [ほか] 共著
出版情報: 東京 : コロナ社, 2006.9  viii, 160p ; 21cm
所蔵情報: loading…
6.

図書

図書
北爪智哉 [ほか] 共著
出版情報: 東京 : コロナ社, 2005.3  viii, 154p ; 21cm
所蔵情報: loading…
7.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
Tomoya Kitazume and Takashi Yamazaki
出版情報: Tokyo : Kodansha , Amsterdam : Gordon and Breach Science Publishers, 1998  vii, 260p. ; 24 cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
Preface
General Remarks
Abbreviations
Chapter 1 Introduction 1
   1.1 Effect of Fluorine on Physical Properties 1
   1.1.1 Mimic and Block Effects 1
   1.1.2 Effect of the Electron-withdrawing Nature of Fluorine 3
   1.1.2.1 Deactivation Effect 3
   1.1.2.2 Activation Effect 5
   1.1.3 Conformational Preference Including Hydrogen Bonding Ability 7
   1.1.4 Steric Size of Fluorine-containing Groups 9
   1.2 Effect of Fluorine on Chemical Reactivity 10
   1.2.1 Stability of Cationic or Anionic Species Next to Fluorine or Fluoroalkyl Groups 10
   1.2.2 SN1 and SN2 Reactivity of Fluorinated Materials 14
   1.3 Preparation of Fluorine-containing Materials 16
   1.4 Handling Fluorinated Materials 20
   1.5 References and Notes 21
Chapter 2 Preparation of Monofluorinated Materials 31
   2.1 Fluorination 31
   2.1.1 Nucleophilic Fluorination (Substitution) 31
   2.1.2 Nucleophilic Fluorination (Addition) 42
   2.1.3 Nucleophilic Fluorination (Miscellaneous) 44
   2.1.4 Electrophilic Fluorination 45
   2.2 Carbon-Carbon Bond-forming Reactions 49
   2.2.1 Aldol Type Reactions 49
   2.2.2 Wittig Type Reactions 53
   2.2.3 Rearrangement and Cycloaddition 57
   2.2.4 Alkylations 59
   2.2.5 Miscellaneous 62
   2.3 Removal of Fluorine from Difluorinated Materials 68
   2.4 Optically Active Materials by Bioorganic Methods 70
   2.5 Substitution Reactions 72
   2.6 Miscellaneous Reactions 74
Chapter 3 Preparation of Difluorinated Materials 79
   3.1 Fluorination 79
   3.1.1 Nucleophilic Fluorination 79
   3.1.2 Electrophilic Fluorination 81
   3.1.3 Miscellaneous 82
   3.2 Difluoromethylenation 83
   3.3 Introduction of Difluoromethyl and Related Groups 85
   3.4 Carbon-Carbon Bond-forming Reactions 91
   3.4.1 Reformatsky Type Reactions 91
   3.4.2 Aldol Reactions and Claisen Condensation 95
   3.4.3 Diels-Alder Reactions 98
   3.4.4 Claisen Rearrangement 100
   3.4.5 Alkylations and Acylations 102
   3.5 Removal of Fluorine from Trifluorinated Materials 106
   3.6 Reactions of Hemiacetals 111
   3.7 Oxidations and Reductions 115
   3.8 Miscellaneous Reactions 118
Chapter 4 Preparation of Trifluorinated Materials 121
   4.1 Introduction of a Trifluoromethyl Group 121
   4.1.1 Introduction of a Trifluoromethyl Group (Nucleophilic) 121
   4.1.2 Introduction of a Trifluoromethyl Group (Electrophilic, Radical) 127
   4.1.3 Introduction of a Trifluoromethyl Group (Miscellaneous) 131
   4.2 Conversion to a Trifluoromethyl Group 132
   4.3 Carbon-Carbon Bond-forming Reactions 135
   4.3.1 Aldol Type Reactions 135
   4.3.2 Michael Reactions 140
   4.3.3 Ene Reactions 146
   4.3.4 Diels-Alder Reactions and 1,3-Dipolar Cycloadditions 148
   4.3.5 Wittig Type Reactions 152
   4.3.6 Rearrangements 154
   4.3.7 Nucleophilic Additions 158
   4.3.8 Electrophilic Additions 166
   4.3.9 Miscellaneous 172
   4.4 Reactions with Hetero Nucleophiles 175
   4.4.1 Reactions with Nitrogen Nucleophiles 175
   4.4.2 Reactions with Oxygen Nucleophiles 177
   4.4.3 Reaction with a Sulfur Nucleophile 181
   4.5 Dehydrations 183
   4.6 Oxidations and Reductions 184
   4.6.1 Oxidations 184
   4.6.2 Reductions 189
   4.7 Optical Resolutions 194
   4.7.1 Bioorganic Methods 194
   4.7.2 Chemical Method 198
   4.8 Miscellaneous Reactions 199
Chapter 5 Preparation of Poly- or Perfluorinated Materials 209
   5.1 Introduction of Poly- or Perfluorinated Groups 209
   5.1.1 Introduction of Poly- or Perfluorinated Groups (Nucleophilic) 209
   5.1.2 Introduction of Poly- or Perfluorinated Groups (Electrophilic, Radical) 212
   5.2 Carbon-Carbon Bond-forming Reactions 216
   5.2.1 Aldol Type Reactions 216
   5.2.2 Wittig Reactions 221
   5.2.3 Alkylations 223
   5.2.4 Anti-Michael Reactions 225
   5.2.5 Miscellaneous 228
   5.3 Miscellaneous Reactions 230
Appendix Representative Distributors of Fluorochemicals 233
Appendix Availability of Fluorinated Reagents 235
Compound Index 239
Reagent Index 243
Product Index 247
Author Index 256
Preface
General Remarks
Abbreviations
8.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
戸田不二緒 [ほか] 著
出版情報: 東京 : 講談社, 1988.4  vii, 147p ; 21cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
   序文 iii
1 生体物質
   1.1 アミノ酸 1
   1.1.1 α-アミノ酸 1
   1.1.2 その他のアミノ酸 5
   1.2 タンパク質 7
   1.2.1 ペプチド結合 7
   1.2.2 タンパク質の分類と機能 8
   1.2.3 タンパク質の構造 9
   1.3 糖 11
   1.3.1 糖質 12
   1.3.2 単糖類 14
   1.3.3 オリゴ糖類 16
   1.3.4 多糖類 16
   1.3.5 配糖体 17
   1.4 核酸-遺伝情報 17
   1.4.1 遺伝情報と核酸 17
   1.4.2 DNAの複製 23
   1.4.3 DNAの転写 25
   1.4.4 遺伝コードと翻訳 26
   1.4.5 遺伝子の構成と制御 28
   1.5 機能性タンパク質 29
   1.5.1 機能性タンパク質の分類 30
   1.5.2 酵素 31
   1.5.3 輸送タンパク質 45
   1.5.4 その他の機能性タンパク質 52
   問題 53
2 生体エネルギー論
   2.1 自由エネルギー 55
   2.2 代謝回路 56
   2.2.1 エネルギー変換 56
   2.2.2 解糖と発酵 58
   2.2.3 クエン酸回路 61
   2.2.4 電子伝達系 64
   2.2.5 プロトンポンプ機構 66a
   2.3 光合成 67
   2.3.1 光合成における物質の流れ 68
   2.3.2 植物のCO2の固定 70
   2.3.3 C4植物 71
   2.3.4 電子・エネルギーの流れ 74
   2.3.5 光合成器官 75
   2.3.6 光合成色素 77
   2.3.7 光合成単位 78
   2.3.8 高等植物の2つの光化学系 78
   2.3.9 光合成細菌 81
   問題 83
3 細胞
   3.1 細胞の形態と構造 84
   3.1.1 細胞の組織 84
   3.1.2 細胞をはかる 86
   3.1.3 細胞を見る 87
   3.2 細胞膜の構造と機能 90
   3.2.1 細胞膜の組成 90
   3.2.2 膜の流動性 92
   3.2.3 細菌の細胞壁 93
   3.2.4 細胞膜の輸送現象 95
   3.3 細胞の増殖 97
   3.3.1 細胞の周期 97
   3.3.2 動植物細胞の培養 99
   3.3.3 微生物の培養 99
   3.4 細胞間情報伝達 100
   3.4.1 細胞間信号伝達 100
   問題 103
4 バイオプロセスによる物質生産
   4.1 有用物質 104
   4.1.1 発酵・醸造食品 104
   4.1.2 精密化学品 113
   4.2 ニューバイオテクノロジー 123
   4.2.1 遺伝子工学 123
   4.2.2 細胞工学 127
   4.3 生産と分離 130
   4.3.1 バイオリアクター 130
   4.3.2 分離・精製 139
   参考書 143
   索引 144
   序文 iii
1 生体物質
   1.1 アミノ酸 1
9.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
奥忠武 [ほか] 著
出版情報: 東京 : 講談社, 2006.3  ix, 195p ; 21cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
序文 ⅴ
   1 有機化学の基礎 1
    1.1 生物有機化学の概念 1
    1.2 有機化合物の構造と官能基 2
    1.2.1 炭素骨格による分類 4
    1.2.2 官能基による分類 7
    1.3 有機化合物の反応 14
    1.4 有機化合物の異性体 15
    1.4.1 構造異性体 16
    1.4.2 立体異性体 16
    1.5 生体関連物質の分離と分析 24
    1.5.1 抽出と分離・精製 24
    1.5.2 同定のための機器分析 25
2 生体物質の化学 35
    2.1 糖質の化学 35
    2.1.1 糖質の定義と分類 35
    2.1.2 糖質の構造と性質 36
    2.1.3 複合糖質と糖鎖生物学・糖鎖工学 47
    2.2 脂質の化学 53
    2.2.1 中性脂質と油脂 54
    2.2.2 複合脂質 54
    2.2.3 脂質の機能 56
    2.3 タンパク質の化学 57
    2.3.1 アミノ酸の定義,構造と性質 57
    2.3.2 ペプチドの構造と性質 67
    2.3.3 タンパク質の定義と分類 70
    2.3.4 タンパク質の構造と性質 71
    2.3.5 金属タンパク質による酸素運搬・貯蔵と電子伝達 87
    2.3.6 プロテオミクス 90
    2.4 酵素の化学 92
    2.4.1 酵素の定義と分類 92
    2.4.2 触媒としての特性 95
    2.4.3 酵素の活性中心 96
    2.4.4 誘導効果 98
    2.4.5 反応の機構 98
    2.4.6 酵素を用いる有機合成反応 101
    2.5 ビタミンの化学 109
    2.5.1 ビタミンの定義と分類 109
    2.5.2 ビタミンの化学構造と作用機構 110
    2.6 核酸の化学 118
    2.6.1 核酸の定義と分類 118
    2.6.2 遺伝子としてのDNA 120
    2.6.3 DNAの立体構造と物理化学的性質 121
    2.6.4 DNAの自己複製 124
    2.6.5 RNAを介した遺伝情報の発現 125
    2.6.6 遺伝子工学を支える基盤技術 128
    2.6.7 遺伝子工学の応用 132
3 生命現象の化学 137
    3.1 細胞構造に基づく生物の分類と進化 137
    3.1.1 細胞の構造と機能 137
    3.1.2 生物の分類と進化 140
    3.2 自由エネルギー 143
    3.3 代謝回路 144
    3.3.1 生体物質の代謝 144
    3.3.2 糖質の代謝 145
    3.3.3 脂質の代謝 148
    3.3.4 クエン酸回路 149
    3.3.5 物質代謝とエネルギー 150
    3.3.6 ATPの生成と貯蔵 152
    3.3.7 電子伝達系 152
    3.3.8 プロトンポンプ機構 154
    3.4 生化学的情報伝達 155
    3.4.1 情報伝達物質と受容体 155
    3.4.2 ホルモン 157
    3.4.3 神経伝達物質 163
    3.4.4 アゴニストとアンタゴニスト 166
    3.5 免疫の化学 169
    3.5.1 免疫の機構 169
    3.5.2 抗体の構造と多様性 170
    3.5.3 モノクローナル抗体とハイブリドーマ 173
    3.5.4 抗体の応用 176
   参考書 181
   付録 183
   索引 191
コラムー覧
   ・サリドマイドの光と影 23
   ・失敗は成功のもと 31
   ・特定保健用食品としてのオリゴ糖 42
   ・牛海綿状脳症(BSE) 79
   ・アルツハイマー病(Alzheheimer's disease) 85
   ・有機フッ素化合物を合成する酵素 107
   ・抗体触媒の作用を利用するドラッグデリバリーシステム 108
   ・ゲノムは生命の設計図 135
   ・クローン技術 142
   ・情報伝達物質としてのNOとバイアグラ 156
   ・神経ガス・サリンによる急性中毒 165
序文 ⅴ
   1 有機化学の基礎 1
    1.1 生物有機化学の概念 1
10.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
大倉一郎, 北爪智哉, 中村聡著
出版情報: 東京 : 講談社, 1996.2  viii, 142p ; 21cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
まえがき iii
1 生物有機化学に関する表現 1
   1.1 元素名と化合物名 1
   1.2 生物有機実験の器具 3
   1.2.1 秤量や分析に使用される器具 3
   1.2.2 貯蔵や乾燥に使用される器具 5
   1.2.3 液体量の測定に使用される器具 6
   1.2.4 個体と液体などの分離に使用する器具 7
   1.2.5 加熱に使用する器具 7
   1.3 簡単な実験装置 9
   1.3.1 ソックスレー抽出器 9
   1.3.2 蒸留装置 9
   1.3.3 融点測定装置 12
   1.3.4 カラムクロマトグラフィー 13
   1.3.5 減圧ろ過 14
   1.4 化合物の性質 15
   1.4.1 化合物の安定性 15
   1.4.2 化合物の物理化学的性質 15
   1.4.3 酸・塩基と中和 15
   1.4.4 分離・精製方法 16
   1.4.5 反応の条件 16
   A. 反応速度と反応時間 16
   B. 体積と濃度 17
   1.4.6 反応機構と反応中間体 17
   1.4.7 試薬の取り扱いと合成操作方法 18
   A. 試薬の取り扱い 18
   B. 合成操作 19
   1.4.8 その他の表現 19
2 生化学に関する表現 22
   2.1 よく使われる基本的な表現 22
   2.1.1 接頭語 22
   2.1.2 長さ, 重さ, 時間などの単位 23
   2.1.3 アミノ酸と糖の名称 25
   A. アミノ酸の名称 25
   B. 糖の名称 25
   2.2 生化学実験の器具と装置 28
   2.2.1 マイクロピペッターとマイクロチューブ 28
   2.2.2 遠心分離機 28
   2.2.3 電気泳動 28
   2.2.4 冷凍庫と冷蔵庫 29
   2.3 タンパク質の精製と性質 29
   2.3.1 タンパク質の精製 29
   2.3.2 タンパク質の性質 33
   2.3.3 タンパク質の分子量 34
   2.3.4 酵素の活性 36
   2.4 代謝および各種生体内反応 37
   2.4.1 グルコースの代謝 37
   A. グルコースの変換 37
   B. クエン酸回路 38
   C. アルコール発酵 40
   D. 電子伝達系 40
   2.4.2 生体内エネルギー貯蔵物質 41
   2.4.3 生物発光 42
   2.4.4 光合成 43
3 生物物理化学・生物化学工学に関する表現 48
   3.1 酵素の分類と名称 48
   3.1.1 酵素の命名法 48
   3.1.2 酵素の分類 49
   3.2 反応速度と速度式 51
   3.2.1 エネルギー状態 51
   3.2.2 反応速度と基質濃度との関係 53
   3.2.3 前定常状態域での速度測定 57
   3.2.4 阻害剤存在下での反応速度 59
   3.3 グラフ, 数式, 化学式に関する表現 60
   3.4 微生物の増殖 63
   3.5 抗原抗体反応 65
4 遺伝子工学に関する表現 67
   4.1 核酸の化学構造 67
   4.2 遺伝情報の発現過程 69
   4.2.1 セントラルドグマ 70
   4.2.2 遺伝子の複製 70
   4.2.3 遺伝子の転写 71
   4.2.4 遺伝子の翻訳 73
   4.2.5 遺伝子の発現調節 75
   4.2.6 タンパク質の分泌 76
   4.3 遺伝子のクローニング 77
   4.3.1 DNAの調製 77
   4.3.2 DNAの組換え操作 80
   4.3.3 細胞の形質転換 82
   4.3.4 目的クローンの取得確率 83
   4.3.5 クローニングした遺伝子の解析 84
   4.3.6 組換え体によるタンパク質生産 87
   4.4 組換えDNA実験の安全対策 88
5 細胞工学に関する表現 90
   5.1 細胞の構造 90
   5.2 微生物工学 93
   5.2.1 微生物の培養 93
   5.2.2 微生物プロセスとバイオリアクター 95
   5.3 真核細胞の培養工学 97
   5.3.1 動物細胞の培養 97
   5.3.2 植物細胞の培養 99
   5.4 モノクローナル抗体とハイブリドーマ 101
   5.4.1 免疫応答 102
   5.4.2 抗体分子の構造と機能 102
   5.4.3 細胞融合技術 104
   5.4.4 モノクローナル抗体の応用 107
6 生物工学系英語の読み書き 110
   6.1 学術論文の構成 110
   6.2 引用文献の調べ方 111
   6.3 国際会議資料請求とアブストラクトの作成 117
   6.4 OHPやポスター用原稿の作成 120
   6.4.1 ポスター用原稿 120
   6.4.2 見やすい文字, きれいな図表 122
   6.4.3 タイトル 123
   6.4.4 フローチャート 125
   6.5 履歴書の書き方 126
   6.6 学会講演での注意 128
   6.6.1 スライドを写してほしいという表現 129
   6.6.2 スライドを直してほしいという表現 129
   A. ピントがぼやけているとき 129
   B. 上下が逆だったり, 上下左右に動かしたいとき 129
   C. 順序がまちがっていたり, 順番をとばしたいとき 130
参考書 131
和文索引 132
欧文索引 138
まえがき iii
1 生物有機化学に関する表現 1
   1.1 元素名と化合物名 1
文献の複写および貸借の依頼を行う
 文献複写・貸借依頼