close
1.

図書

図書
溝上, 慎一(1970-)
出版情報: 東京 : 東信堂, 2016.3  7冊 ; 21cm
所蔵情報: loading…
2.

図書

図書
溝上慎一編 ; 串崎真志 [ほか著]
出版情報: 京都 : ナカニシヤ出版, 2002.10  xi, 201p ; 22cm
所蔵情報: loading…
3.

図書

図書
溝上慎一編
出版情報: 京都 : ナカニシヤ出版, 2001.10  v, 239p ; 22cm
所蔵情報: loading…
4.

図書

図書
森朋子, 溝上慎一編
出版情報: 京都 : ナカニシヤ出版, 2017.5  2冊 ; 21cm
所蔵情報: loading…
5.

図書

図書
溝上慎一著
出版情報: 東京 : 有斐閣, 2006.3  xxii, 186p ; 19cm
シリーズ名: 有斐閣アルマ ; Interest
所蔵情報: loading…
6.

図書

図書
溝上慎一, 成田秀夫編
出版情報: 東京 : 東信堂, 2016.3  x, 160p ; 21cm
シリーズ名: アクティブラーニング・シリーズ ; 2
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
第1部 理論編 : アクティブラーニングとしてのPBL・探究的な学習の理論
問題解決や課題探究のための情報リテラシー教育
高校での探究的な学習の展開
第2部 事例編 : マップ作りを軸としたプロジェクト型学習—学部横断型ジグソー学習法の可能性
岐阜大学の医療系PBL(Problem‐based Learning
ブライダルをテーマにしたPBL / Project‐based Learning
高等学校での探究型学習とアクティブラーニング
学校設定科目「探究ナビ」におけるアクティブラーニング
第1部 理論編 : アクティブラーニングとしてのPBL・探究的な学習の理論
問題解決や課題探究のための情報リテラシー教育
高校での探究的な学習の展開
7.

図書

図書
溝上慎一編
出版情報: 東京 : 東信堂, 2016.3  2冊 ; 21cm
シリーズ名: アクティブラーニング・シリーズ ; 4-5
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
第1章 : アクティブラーニングの背景
第2章 : 大学教育におけるアクティブラーニングとは
第3章 : 高等学校に下りてきたアクティブラーニング
第4章 : 習得から活用・探究へ
第5章 : キャリア教育の視点から見たアクティブラーニング
第6章 : 専門学科の視点から見たアクティブラーニング
第1章 : 数学におけるアクティブラーニング
第2章 : 世界史におけるアクティブラーニング
第3章 : 現代文におけるアクティブラーニング
第4章 : 物理におけるアクティブラーニング—ICTを用いたアクティブラーニングを中心に
第5章 : 「世界史」「地理」クロスカリキュラムによるアクティブラーニングについての実践報告
第6章 : 英語におけるアクティブラーニング
第7章 : 家庭科におけるアクティブラーニング
第8章 : 質の高い学びを目指す「高校地理」のアクティブラーニング型授業
第9章 : 国語におけるアクティブラーニング
第1章 : アクティブラーニングの背景
第2章 : 大学教育におけるアクティブラーニングとは
第3章 : 高等学校に下りてきたアクティブラーニング
8.

図書

図書
田島充士 [ほか] 編著
出版情報: 京都 : ナカニシヤ出版, 2016.3  vii, 310p ; 22cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
プロローグ : 学問知と実践知との往還を目指す大学教育:学校インターンシップにおける共創的越境
第1部 : 学校インターンシップのシステム:制度の概要
第2部 : 学校インターンシップの理論:理論面からみた学校インターンシップの意義
第3部 : 学校インターンシップの効果:具体的なデータ分析に基づくインターンシップの効果検証
第4部 : 学校インターンシップの支援:共創的越境を実現するための大学側の教育改革
エピローグ : 学問知と実践知との往還を通した共創的越境の実現とは:学校インターンシップの未来へ
プロローグ : 学問知と実践知との往還を目指す大学教育:学校インターンシップにおける共創的越境
第1部 : 学校インターンシップのシステム:制度の概要
第2部 : 学校インターンシップの理論:理論面からみた学校インターンシップの意義
9.

図書

図書
溝上慎一著
出版情報: 東京 : 東信堂, 2014.9  vii, 196p ; 21cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
第1章 アクティブラーニングとは : アクティブラーニング研究・実践の隆盛
アクティブラーニングの定義
第2章 なぜアクティブラーニングか : 教授学習パラダイムの転換
社会の変化に対応して
第3章 さまざまなアクティブラーニング型授業 : アクティブラーニング型授業の技法と戦略
アクティブラーニング型授業の実際
近接概念の相違
第4章 アクティブラーニング型授業の質を高めるための工夫 : 学習内容の深い理解を目指す—ディープ・アクティブラーニング
授業外学習時間をチェックする
逆向き設計とアセスメント
カリキュラム・コースシステムとして発展させるアクティブラーニング型授業
アクティブラーニングのための学習環境の整備
反転授業をおこなう
第5章 : 揺れる教授学習観—筆者のリプライ
第1章 アクティブラーニングとは : アクティブラーニング研究・実践の隆盛
アクティブラーニングの定義
第2章 なぜアクティブラーニングか : 教授学習パラダイムの転換
概要: アクティブラーニングは今や大学教育喫緊の課題であり、すでに多くの大学で、教授の講義を一方的に「聴く」受動的授業から、学生が「書く・話す・発表する」活動もおこなうアクティブラーニング型授業への移行が試みられている。だがその多くは蓄積された知識 伝達という教授的視座に今なお縛られている。本書はアクティブラーニングの理論的整理を進めつつ、教授的視座からの学習的視座へのパラダイム転換、すなわち学生が知識だけでなく、現代的な技能・態度(能力)をも身につけ、経験を組織化して成長する、まさに学びと成長のためのアクティブラーニングの推進を力説するとともに、そのためのアクティブラーニング型授業の変革・向上を主唱する理論的・実践的な体系書である。 続きを見る
10.

図書

図書
松下佳代, 京都大学高等教育研究開発推進センター編著
出版情報: 東京 : 勁草書房, 2015.1  viii, 274p ; 21cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
第1部 ディープ・アクティブラーニングの理論的基盤 : アクティブラーニングの現在—アクティブラーニング論から見たディープ・アクティブラーニング
学生の関与の重要性—関与の条件‐大学授業への学生の関与を理解し促すということ
学習対象へのフォーカス—学習の教授学理論に向けて
協同学習と学生の成長—協同による活動性の高い授業づくり‐深い変化成長を実感できる授業をめざして
第2部 さまざまなフィールドでの試み : 初修物理学—理解か、暗記か?‐私たちは正しいことを教えているのか
哲学—コンセプトマップを使った深い学習‐哲学系入門科目での試み
教員養成—意味のある学習を意識した授業デザイン‐教師としての素養を学び磨くというストーリー
歯学—教室と現場をつなぐPBL‐学習としての評価を中心に
リーダーシップ教育—新しいリーダーシップ教育とディープ・アクティブラーニング
第1部 ディープ・アクティブラーニングの理論的基盤 : アクティブラーニングの現在—アクティブラーニング論から見たディープ・アクティブラーニング
学生の関与の重要性—関与の条件‐大学授業への学生の関与を理解し促すということ
学習対象へのフォーカス—学習の教授学理論に向けて
概要: ディープ・アクティブラーニングを生起するためのカリキュラム、授業、評価、学習環境のヒントを、理論と実践に即して示す。
文献の複写および貸借の依頼を行う
 文献複写・貸借依頼