close
1.

図書

図書
P.A. Cox著 ; 西原寛訳
出版情報: 東京 : シュプリンガー・フェアラーク東京, 2004.10  v, 295p ; 26cm
シリーズ名: キーノート化学シリーズ
所蔵情報: loading…
2.

図書

図書
Geoff Rayner-Canham, Tina Overton著 ; 西原寛, 高木繁, 森山広思訳
出版情報: 東京 : 東京化学同人, 2009.3  xx, 456p ; 26cm
所蔵情報: loading…
3.

図書

図書
[Per Enghag原著] ; 西原寛 [ほか] 訳
出版情報: 東京 : 朝倉書店, 2007.11  xxiii, 685p, 図版 [16] p ; 27cm
所蔵情報: loading…
4.

図書

図書
Catherine E. Housecroft, Alan G. Sharpe著
出版情報: 東京 : 東京化学同人, 2012.3-8  2冊 ; 26cm
所蔵情報: loading…
5.

図書

図書
西原寛, 市村彰男, 田中晃二編著 ; 伊藤翼 [ほか] 共著
出版情報: 東京 : 三共出版, 2013.11  viii, 244p ; 22cm
シリーズ名: 錯体化学会選書 ; 9
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
1章 電子移動の熱力学と速度論 : 電子移動反応の分類
電子移動の熱力学、電気化学ポテンシャルとネルンストの式 ほか
2章 電気化学測定と解析法 : 電気化学セル
電気化学測定法 ほか
3章 金属錯体の電気化学的性質 : 金属錯体の酸化還元挙動
混合原子価錯体 ほか
4章 最近のトピックス : 光電子移動
生体電子移動と錯体 ほか
1章 電子移動の熱力学と速度論 : 電子移動反応の分類
電子移動の熱力学、電気化学ポテンシャルとネルンストの式 ほか
2章 電気化学測定と解析法 : 電気化学セル
6.

図書

図書
大塩寛紀編著 ; 石黒慎一 [ほか] 共著
出版情報: 東京 : 三共出版, 2010-2012  2冊 ; 22cm
シリーズ名: 錯体化学会選書 ; 7
所蔵情報: loading…
7.

図書

図書
後藤顕一 [ほか] 編
出版情報: 京都 : 化学同人, 2019.9  xii, 238p ; 26cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
第1部 探究型授業をライブで見る / 実録ライブ授業!実験で見いだす反応物の量と化学反応式との関係
第2部 「化学基礎」プロローグ / 「化学びらき」で伝えよう!
第3部 「化学基礎」探究型授業の実践 : 化学の特徴
単体と化合物(塩化ナトリウムの確認
電子と原子核の発見の歴史
酸・塩基
酸化還元反応の利用
化学が拓く世界—安全な水を得るためには
第4部 「化学」探究型授業の実践 : 凝固点降下
化学反応と熱・光「ヘスの法則」
エントロピーとは何だろう
アルカリ金属
混成軌道
有機化合物の同定
第5部 役立つ情報 : 大学入学共通テスト試行調査問題から見る探究型授業実践
実験の安全配慮への注意事項—学習指導要領解説より
国際単位系(SI)
第1部 探究型授業をライブで見る / 実録ライブ授業!実験で見いだす反応物の量と化学反応式との関係
第2部 「化学基礎」プロローグ / 「化学びらき」で伝えよう!
第3部 「化学基礎」探究型授業の実践 : 化学の特徴
概要: 新学習指導要領関係者が総力をかけて執筆!暗記型授業から脱却し、生徒が夢中になる探究型授業を実現!「化学基礎」授業担当者のバイブル!中学・高校・大学・社会接続を意識した最適な授業実践ガイド!これからの大学入学・入試に向き合った内容構成!教員養 成、教員研修、化学関係会社の社員研修の必携書! 続きを見る
8.

図書

図書
立間徹 [ほか] 著 ; 電気化学会編
出版情報: 東京 : 丸善出版, 2013.12  vi, 148p ; 19cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
1 電子・イオンとエネルギー : 電池は電気をどうつくる?
乾電池はなぜ充電できないの? ほか
2 電子・イオンと身近な製品 : ステンレスはなぜさびない?
金ぴかのプラスチックはどうつくる? ほか
3 電子・イオンと命のしくみ : 酸素はなんでだいじなの?
血糖値を測るには? ほか
4 電子・イオンのひらく未来 : 電池はどこまで軽くなる?
太陽電池を着て歩ける? ほか
1 電子・イオンとエネルギー : 電池は電気をどうつくる?
乾電池はなぜ充電できないの? ほか
2 電子・イオンと身近な製品 : ステンレスはなぜさびない?
概要: くらしに欠かせない“電子とイオン”。その働きをわかりやすく解説しました。エネルギーを生み、蓄え、そのエネルギーで色々なものをつくる。そのとき、目には見えなくても、“電子とイオン”が大忙しで働いています。私たちのからだや、植物の中でも、“電子 とイオン”は大活躍。現在から未来まで明るく照らす“電子とイオン”。その科学は、日本が世界をリードしています。世界中で使われているリチウムイオン電池も、光触媒も、日本の企業が実用化したのです。未来の技術も盛りだくさん...“電子とイオン”には、夢がつまっています。 続きを見る
文献の複写および貸借の依頼を行う
 文献複写・貸借依頼