close
1.

図書

図書
岡嶋裕史著
出版情報: 東京 : 講談社, 2007.11  195p ; 18cm
シリーズ名: ブルーバックス ; B-1577
所蔵情報: loading…
2.

図書

図書
岡嶋裕史著
出版情報: 東京 : PHP研究所, 2011.2  198p ; 18cm
シリーズ名: PHP新書 ; 711
所蔵情報: loading…
3.

図書

図書
岡嶋裕史著
出版情報: 東京 : 光文社, 2006.5  211p ; 18cm
シリーズ名: 光文社新書 ; 255
所蔵情報: loading…
4.

図書

図書
岡嶋裕史著
出版情報: 東京 : 新潮社, 2014.11  191p ; 20cm
シリーズ名: 新潮選書
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
第1章 : アカウントと人格
第2章 : 増殖するデータ
第3章 : 監視されてもいい
第4章 : 情報革命の次の潮流
第5章 : 被監視者が監視者になる時代
第6章 : 私たちは「危うさ」をどれだけわかっているのか
第1章 : アカウントと人格
第2章 : 増殖するデータ
第3章 : 監視されてもいい
概要: あなたのクラウド・データは見知らぬ国に保管されている!ビッグデータはいいこと尽くめじゃない。電話番号、スケジュール、写真、ドキュメントなど、クラウドに委ねることが当たり前となった時代、膨大なデータを誰がどう管理・活用しているか知っているだろ うか?無料、便利さと引き換えに少しずつ侵食される個人の情報。プライバシーを脅かす「新たな監視社会」に警鐘を鳴らす。 続きを見る
5.

図書

図書
岡嶋裕史著
出版情報: 東京 : 講談社, 2006.7  221p ; 18cm
シリーズ名: ブルーバックス ; B-1524
所蔵情報: loading…
6.

図書

図書
岡嶋裕史著
出版情報: 東京 : 講談社, 2019.1  247p ; 18cm
シリーズ名: ブルーバックス ; B-2083
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
第1章 : なぜ社会現象になったのか
第2章 : 特定の値を導く「ハッシュ」
第3章 : さまざまな事象への「ハッシュ」の応用
第4章 : 不正できない構造が連鎖していくしくみ
第5章 : ブロックチェーンが抱える課題と他分野への転用
終章 : 最初の理念が骨抜きにされると、普及が始まる
第1章 : なぜ社会現象になったのか
第2章 : 特定の値を導く「ハッシュ」
第3章 : さまざまな事象への「ハッシュ」の応用
概要: 新しいタイプの「信用」を創造するしくみ—かつて政府や大企業が担保していた「信用」は、ハッシュ関数を応用することで、インターネット上に公開されたブロックチェーンの力で実現された。だが—。ビットコインなど暗号資産との関係を改めて整理し、基盤とな る構造をゼロから解説。なぜ「万能の技術」ではないのか、その限界まで分かってしまう、ブロックチェーン入門書の決定版! 続きを見る
7.

図書

図書
岡嶋裕史著
出版情報: 東京 : 講談社, 2020.7  234p ; 18cm
シリーズ名: ブルーバックス ; B-2144
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
第0章 : 「電波」とはなんだろう
第1章 : 携帯電話がつながるしくみ
第2章 : 携帯電話の「世代」とは何なのか
第3章 : 3G—国際標準規格が採用されたけど
第4章 : 4G—スマホの普及にシステムの進化が追いつかない
第5章 : 5G—移動通信システムの「解放」
第6章 : その先にあるリスク
第0章 : 「電波」とはなんだろう
第1章 : 携帯電話がつながるしくみ
第2章 : 携帯電話の「世代」とは何なのか
概要: ただ「速くなる」だけではありません!その本領は「伝送速度」にあるのではない。「低遅延」「多数同時接続」にある。「5G」は「移動通信システムをスマホ以外のものへと解放する役割」を担っているのだ—。どうしてそのようなことが可能になったのか。「そ もそもケータイがつながる理由」から通信技術の本質まで、平易に解説する決定版。 続きを見る
8.

図書

図書
岡嶋裕史著
出版情報: [東京] : 翔泳社, 2017.10  x, 389p ; 21cm
シリーズ名: Beginner's Best Guide to Programming
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
第1章 : プログラミング入門—門の前
第2章 : とりあえず運動会—プログラムの基本
第3章 : 変数はバケツとともに—演算、変数
第4章 : あの娘にフラグを立てるまで—分岐処理
第5章 : 永遠に続く夏休み—繰り返し処理
第6章 : 私はいつも列からはみ出す—配列
第7章 : 「昔は函数って書いたんだよ」ってドヤ顔で言ってみる—関数
第8章 : 白と黒のぶちの犬—ポインタ
第9章 : 恥の多い人生を保存する—構造体・ファイル入出力
第1章 : プログラミング入門—門の前
第2章 : とりあえず運動会—プログラムの基本
第3章 : 変数はバケツとともに—演算、変数
概要: 本書は代表的なプログラミング言語として知られている「C言語」の入門書です。C言語はコンピュータの歩みとともに進歩してきた基本的な言語で、現在でも各分野で利用されているほか、学習用の言語としても最適です。この書籍は、はじめてプログラミングを学 ぶ人に向け、プログラミングの「なぜ」を解決できるようにわかりやすさを重視した解説をしています。C言語でプログラムを作るための基礎的な知識を身につけることができます。はじめてプログラムを学ぶ方、C言語を勉強してみたい方におすすめの1冊です。 続きを見る
9.

図書

図書
大滝みや子, 岡嶋裕史共著
出版情報: 東京 : 技術評論社, 2009.1-  冊 ; 21cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
第1部 知識のまとめ—午前・午後問題対策 : 基礎理論
アルゴリズムとプログラミング
ハードウェアとコンピュータ構成要素
システム構成要素
ソフトウェア
データベース
ネットワーク
セキュリティ
システム開発技術
マネジメント
ストラテジ
第2部 : 長文問題演習—午後問題対策
第2部 長文問題演習—午後問題対策
平成25年度秋期問題・解説・解答
ハートウェアとコンピュータ構成要素
平成26年度秋期応用情報技術者試験問題
基礎理論
第1章 : 基礎理論
第2章 : アルゴリズムとプログラミング
第3章 : ハードウェアとコンピュータ構成要素
第4章 : システム構成要素
第5章 : ソフトウェア
第6章 : データベース
第7章 : ネットワーク
第8章 : セキュリティ
第9章 : システム開発技術
第10章 : マネジメント
第11章 : ストラテジ
第1部 知識のまとめ—午前・午後問題対策 : 基礎理論
アルゴリズムとプログラミング
ハードウェアとコンピュータ構成要素
概要: 広範な出題範囲を完全網羅!ていねいな解説と豊富な図解でよくわかる「午前・午後」両対応のテキスト。<br />傾向に沿った改訂で一層充実!ていねいな解説と豊富な図解でよくわかる「午前・午後」両対応のテキスト!<br />傾向に沿った改訂で一層 充実!丁寧な解説と豊富な図解でよくわかる「午前・午後」両対応のテキスト!<br />丁寧な解説と豊富な図解でよくわかる「午前・午後」両対応のテキスト!傾向に沿った改訂で一層充実!ポイントを押さえた解説と豊富な演習問題で合格に近づく。広大な出題範囲を完全網羅。演習ソフトで効率よく弱点対策。<br />広範な出題範囲を完全にカバー。午前・午後の出題項目がひと目でわかる。あいまいな部分を残さない丁寧な解説。理解を助ける豊富な図解。頻出項目を確認できる詳細解説付きの章末問題。<br />丁寧な解説と豊富な図解でよくわかる「午前・後後」両対応のテキスト! 続きを見る
10.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
岡嶋裕史著
出版情報: 東京 : 光文社, 2005.9  210p ; 18cm
シリーズ名: 光文社新書 ; 223
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
    まえがき 9
第1章 暗証番号はなぜ4桁なのか?
    見え隠れする管理者の傲慢 15
    暗証番号の起源は?
    暗証番号は何がしたいのか?
    なぜ暗証番号が選ばれたか?
    パスワードは管理者にとって都合がいい
    上司に「キスしよう」と言われたら逃げますか?
    なぜかシンプルにならないシステム
    暗証番号はなぜ4ケタなのか?
    4ケタに決まった経緯
    仮説と検証
    6ケタの国もある
    それでも暗証番号を使う管理者の傲慢
    [コラム1] 2進数や16進数って? 51
第2章 パスワードにはなぜ有効期限があるのか?
    破られることを前提とした防護システム 55
    障子の美学
    パスワードの初期状態は弱い
    破られるのが前提!?
    パスワードの有効期限
    複雑なパスワードで逃げ切りを図る
    長いだけが複雑なパスワードではない
    辞書に載ってる言葉はダメだよ攻撃
    かくして破られるしくみは使い続けられる
    [コラム2] 不具合について 79
第3章 コンピュータはなぜ計算を間違えるのか?
    計算のしくみとそれに付け込む人間の知恵 81
    ハトと人間が話せたら
    コンピュータは本当に速いか?
    単純作業専用マシン
    どんな構造が危険か?
    付け込む余地はまだまだある
    インターネットは公共の場
    暗号は本質的に解読されるもの
    暗号化通信は暗号化される範囲に注意
    どんなに先端的なしくみだって、構造に起因した弱点はある
    完壁なセキュリティ技術はあるか?
    [コラム3] バッファオーバフローって? 116
第4章 暗誑番号はなぜ嫌われるのか?
    利便性との二律背反 119
    愛されないセキュリティ
    暗証番号はめんどくさい
    セキュリティが好きなのは一部の経営者と業者さんだけ
    ワンマン社長のトップダウンは意外に悪くない
    利便性を犠牲にし過ぎ稼い
    目安は「抜け道を考えたくなる」か
    [コラム4] バイオメトリクスは夢の技術か? 141
第5章 国民背番号制は神か悪魔か救世主か
    管理と安全の二律背反 143
    もうーつのジレンマ
    管理の一元化がシステム設計者の課題
    国民背番号制で引っ越しが楽になる?
    管理されるのが安全か、管理されないのか安全か
    ゆるいつながりとがっちりしたつながり
    情報の集約は普段の生活の中にも
    国民背番号制は神か悪魔か救世主か
    [コラム5] 住基カード 167
第6章 暗証番号にはなぜ法律がないのか?
    ITに馴染まない護送船団方式 169
    イタチごっこに終わりはあるか?
    銀行員の体質は変わったか?
    最近流行りの護送船団方式再評価
    法律はコンピュータ業界の動向について行けない
    セキュリティポリシは会社内ローカルルール
    作りっぱなしで終わらないために
    セキュリティポリシのお墨付きはどこでもらう?
    標準規格
    家庭にもセキュリティポリシが必要な日
    [コラム6] セギュリティ監査と大福帳
    情報は資産ではなくリスク? 192
第7章 インシデントはなぜ起こり続けるのか?
    覚えておきたい3つの対策 195
    セキュリティポリシは万能か?
    揃わない足並みか、揃えるべきで塗い足並みか
    3つだけ、記憶に留めておこう
    まえがき 9
第1章 暗証番号はなぜ4桁なのか?
    見え隠れする管理者の傲慢 15
文献の複写および貸借の依頼を行う
 文献複写・貸借依頼