close
1.

図書

図書
中嶋英雄著
出版情報: 東京 : 内田老鶴圃, 2016.9  vii, 276p ; 21cm
シリーズ名: 材料学シリーズ / 堂山昌男, 小川恵一, 北田正弘監修
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
第1章 : はじめに
第2章 : セル構造体および発泡金属のさまざまな製法
第3章 : ロータス型ポーラス金属の製法
第4章 : 気孔の核生成と成長機構
第5章 : さまざまなロータス材料の製法
第6章 : ロータス金属の機械的性質
第7章 : ロータス金属の物理的、化学的性質
第8章 : ロータス金属の加工技術
第9章 : ポーラス金属のさまざまな応用
第1章 : はじめに
第2章 : セル構造体および発泡金属のさまざまな製法
第3章 : ロータス型ポーラス金属の製法
2.

図書

図書
中嶋英雄監修
出版情報: 東京 : シーエムシー出版, 2017.8  vi, 281p ; 26cm
シリーズ名: CMCテクニカルライブラリー ; 620 . 新材料・新素材シリーズ||シンザイリョウ・シンソザイ シリーズ
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
第1章 マクロポーラス金属の作製方法 : アルポラスの製法および特性
超軽量クローズドセル型ポーラス金属 ほか
第2章 マクロポーラス金属の物性と特性 : 3D/4Dイメージングによるポーラス金属の力学的性質評価
ロータス型ポーラス金属の機械的性質 ほか
第3章 マクロポーラス金属の応用 : ポーラス金属を用いた生体材料設計
ポーラス金属を用いた生体材料 ほか
第4章 ナノポーラス金属の作製方法と物性 : ナノポーラス金属間化合物の作製
脱合金化によるナノポーラス金属の創製 ほか
第5章 標準化 : 日本工業規格)(標準化—用語
ポーラス金属の圧縮試験方法の標準化 ほか
第1章 マクロポーラス金属の作製方法 : アルポラスの製法および特性
超軽量クローズドセル型ポーラス金属 ほか
第2章 マクロポーラス金属の物性と特性 : 3D/4Dイメージングによるポーラス金属の力学的性質評価
3.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
小岩昌宏, 中嶋英雄著
出版情報: 東京 : 内田老鶴圃, 2009.12  x, 314p ; 21cm
シリーズ名: 材料学シリーズ / 堂山昌男, 小川恵一, 北田正弘監修
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
材料学シリーズ刊行にあたって
「材料における拡散」によせて
まえがき iii
第1章 拡散の現象論 1
   1.1 フィックの第1,第2法則 1
   1.2 拡散方程式の解 3
   1.3 3次元座標における拡散方程式 9
   1.4 種々の結晶系における拡散係数 10
   1.5 拡散研究の歩み 13
第2章 拡散の原子論I-ランダム・ウォークと拡散 25
   2.1 ランダム・ウォークと拡散 25
   2.2 フィックの式の適用限界 28
   2.3 平均二乗変位 30
   2.4 3次元結晶の拡散係数 32
第3章 拡散の原子論II-拡散の機構 39
   3.1 いろいろな拡散機構 39
   3.2 熱活性化過程と活性化エネルギー 41
   3.3 駆動力がある場合の原子の移動 46
   3.4 トラッピング効果 49
   3.5 ブロッキング効果 52
   3.6 パーコレーション 54
第4章 純金属および合金における拡散 61
   4.1 空孔機構による拡散 61
   4.2 格子間機構による拡散 71
   4.3 金属中での不純物原子の高速拡散 76
   4.4 高水素圧雰囲気での超多量空孔の生成と拡散の促進 79
第5章 拡散による擬弾性-侵入型原子の拡散- 85
   5.1 侵入型不純物原子の拡散係数の表式 85
   5.2 音叉の振動持続時間 88
   5.3 炭素原子を含む鉄の変形挙動 90
   5.4 固体のモデル表現 92
   5.5 固体の力学的振動と減衰 94
   5.6 「内部摩擦」という用語とその意味 98
   5.7 標準擬弾性固体の周期的応力下での変形挙動 99
   5.8 炭素原子を含む鉄の緩和現象 102
   5.9 ねじり振り子法 107
第6章 拡散における相関効果 113
   6.1 完全にランダムなウォークと相関のあるウォーク 113
   6.2 相関係数 115
   6.3 空孔機構による拡散の相関係数 115
   6.4 希薄合金-2次元六方格子 118
   6.5 希薄合金-面心立方格子(5ジャンプ振動数モデル) 119
   6.6 同位体効果と相関係数 123
第7章 ランダム・ウォーク理論の基礎 127
   7.1 格子におけるランダム・ウォーク 128
   7.2 相関効果に関する応用 136
   7.3 ランダム・ウォーク理論の化学反応速度論への応用 140
第8章 濃度勾配下での拡散 147
   8.1 ボルツマン-マタノの方法 147
   8.2 相互拡散係数と固有拡散係数 150
   8.3 カーケンドール効果 152
   8.4 拡散現象の一般的な定式化 154
   8.5 流れの駆動力とフィックの第1法則 157
   8.6 相互拡散と熱力学的因子 158
   8.7 「拡散流は化学ポテンシャル勾配に比例する」 161
第9章 高速拡散路-粒界・転位・表面-に沿った拡散 163
   9.1 粒界拡散 163
   9.2 転位拡散 175
   9.3 表面拡散 176
第10章 さまざまな物質における拡散 185
   10.1 イオン結晶 185
   10.2 酸化物 193
   10.3 超イオン伝導体 195
   10.4 半導体 198
   10.5 金属間化合物 206
第11章 電場および温度勾配下での拡散 219
   11.1 静電場による力と伝導電子による摩擦力 219
   11.2 純金属中のエレクトロマイグレーション 221
   11.3 侵入型原子のエレクトロマイグレーション 222
   11.4 集積回路におけるエレクトロマイグレーション 223
   11.5 精製法としての応用 229
   11.6 サーモマイグレーション 232
第12章 多相系における拡散 237
   12.1 拡散領域に形成される相と相界面 237
   12.2 拡散対の試料形態と出現する相 239
   12.3 層成長の速度論 240
   12.4 シリコンと金属薄膜の拡散対における化合物形成過程 241
   12.5 核形成に関連する現象 242
第13章 析出と粗大化の速度論 245
   13.1 無限媒体中の拡散方程式の解 245
   13.2 析出粒子の成長 246
   13.3 マトリックス中の溶質濃度の低下 247
   13.4 Wert-Zenerの解析 248
   13.5 粗大化の理論 249
付録1 3次元座標系における拡散方程式 260
付録2 指数関数の積分 262
付録3 スターリングの公式の導出 264
付録4 固体の力学模型 267
   A4.1 結合側 267
   A4.2 2要素模型 267
   A4.3 3要素模型 268
付録5 標準擬弾性固体の自由減衰振動 270
付録6 平均二乗変位と相関係数 273
付録7 不純物拡散の相関係数の計算 276
付録8 化学ポテンシャルについて 280
   A8.1 ポテンシャルとは何か? 280
   A8.2 理想気体の化学ポテンシャル 280
   A8.3 化学ポテンシャルの定義 281
   A8.4 粒子1個当たりの化学ポテンシャル 281
付録9 2元合金の正則溶体モデル 283
   A9.1 自由エネルギーの表式の導出 283
   A9.2 固溶体の化学ポテンシャル 285
   A9.3 溶質原子の活量と活量係数 286
付録10 核形成過程の基本概念 287
   A10.1 エンブリオの形成 287
   A10.2 準安定相中のエンブリオ濃度 288
   A10.3 核形成速度とその温度依存性 289
   A10.4 誤解しやすい点二三 290
付録11 球対称の場における拡散方程式の解 292
演習問題の解答あるいはヒント 295
拡散に関する書籍,データ集など 303
索引 307
材料学シリーズ刊行にあたって
「材料における拡散」によせて
まえがき iii
文献の複写および貸借の依頼を行う
 文献複写・貸借依頼