close
1.

図書

図書
河西宏之, 北見憲一, 坪井利憲著
出版情報: 東京 : 朝倉書店, 2014.9  ii, iv, 158p ; 21cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
1 : 電話とインターネットはなぜつながるか
2 : 音声とパソコンの信号—アナログとディジタル
3 : 電話がつながる—電話の仕組み
4 : 情報の渋滞が発生しないようにする—トラヒック理論
5 : 電子メールが届く、Webで世界中の情報を手に入れる—インターネットとTCP/IPの仕組み
6 : 大学内のネットワークはどう構成されるか—LANの仕組み
7 : 情報とネットワークのセキュリティ—安心してネットワークを使うために
8 : 携帯電話を使う—無線通信と移動通信
9 : 情報のハイウェイ—光通信とネットワーク
1 : 電話とインターネットはなぜつながるか
2 : 音声とパソコンの信号—アナログとディジタル
3 : 電話がつながる—電話の仕組み
2.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
五嶋一彦, 北見憲一著
出版情報: 東京 : 朝倉書店, 2007.3  vii, 170p ; 21cm
シリーズ名: 電子・情報通信基礎シリーズ / 柳澤健 [ほか] 編集 ; 8
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
1. 情報通信網の概要 1
   1.1 通信と通信網 1
    1.1.1 通信網の構成 1
    1.1.2 通信網の構成要素技術 4
    1.1.3 通信網のシステム化技術 6
    1.1.4 通信網の設計評価技術 7
   1.2 通信網の発達 9
    1.2.1 歴史年表 9
    1.2.2 誕生と成長のパターン 10
    1.2.3 技術の標準化 11
   1.3 通信方式と通信サービス 13
    1.3.1 情報メディアの特徴 13
    1.3.2 アナログとディジタル 14
    1.3.3 回線交換と蓄積交換 14
    1.3.4 即時式と待時式 16
    1.3.5 コネクション型とコネクションレス型 17
   1.4 通信サービスと通信網 18
   1.5 通信網の分類と呼称 19
   演習問題 21
2. 通信網の基盤技術 22
   2.1 端末技術 22
    2.1.1 変調と復調 22
    2.1.2 網制御 24
    2.1.3 伝送制御 24
   2.2 線路・伝送技術 25
    2.2.1 多重通信 25
    2.2.2 通信の方向性と線路形式 30
    2.2.3 有線伝送 32
    2.2.4 無線伝送 34
   2.3 回線交換技術 37
    2.3.1 空間分割方式 38
    2.3.2 時分割方式 39
    2.3.3 ディジタル電話交換方式 41
   2.4 パケット交換技術 42
    2.4.1 パケット交換の原理 42
    2.4.2 パケットの監視 44
    2.4.3 フロー制御 46
    2.4.4 情報転送能力 47
   2.5 マルチメディア交換 49
    2.5.1 マルチメディア交換とATM 49
    2.5.2 ATM交換の動作原理 50
   演習問題 53
3.通信網の構成 54
   3.1 通信網の階層構成 54
   3.2 線路網 55
    3.2.1 線路網の概要 55
    3.2.2 中継線路網と加入者線路網 56
   3.3 回線網 57
    3.3.1 多重化方式の適用 58
    3.3.2 回線網の機能と回線編集 59
    3.3.3 回線網と交換網のインタフェース 60
    3.3.4 網同期 61
   3.4 交換網 62
    3.4.1 アドレス方式 62
    3.4.2 経路選択 64
    3.4.3 回線選択 67
    3.4.4 制御信号方式 67
    3.4.5 トラフィック輻輳制御 70
    3.4.6 網間接続 70
   3.5 高度サービス網 72
   演習問題 73
4. プロトコル階層 75
   4.1 OSIモデルとプロトコル 75
    4.1.1 ネットワークアーキテクチャ 75
    4.1.2 プロトコル 76
    4.1.3 開放型システム相互接続参照モデル 77
    4.1.4 各層の機能の独立性 79
    4.1.5 階層間の相互動作 80
    4.1.6 標準インターフェイスとしてのプロトコル 81
   4.2 インターネットのアーキテクチャ 81
   4.3 物理層・データリンク層とLAN 84
    4.3.1 データリンク層の機能とHDLC手順の概要 85
    4.3.2 LANの基本動作 89
    4.3.3 イーサネット 90
    4.3.4 トークンパッシング 93
    4.3.5 PPP 95
   4.4 ネットワーク層 95
    4.4.1 ネットワーク層の概要 95
    4.4.2 IP 95
    4.4.3 インターネットのルーティング 100
    4.4.4 次世代IP:IPv6 101
   4.5 トランスポート層 102
    4.5.1 トランスポート層の概要 102
    4.5.2 TCP 103
    4.5.3 UDP 106
   4.6 アプリケーション層 106
    4.6.1 アプリケーション層の概要 106
    4.6.2 DNS 107
    4.6.3 その他の代表的なアプリケーション 108
   4.7 プロトコル関連技術 110
   演習問題 113
5. 通信網の設計と評価技術 114
   5.1 通信網トポロジ 114
    5.1.1 網の基本型 114
    5.1.2 トポロジ構成の基本原則 115
    5.1.3 通信網の階層構成 118
    5.1.4 チャネルグラフと確率グラフ 119
   5.2 通信トラフィック理論 121
    5.2.1 通信トラフィックとは 121
    5.2.2 トラフィックモデル 122
    5.2.3 トラフィック理論の基礎 123
    5.2.4 通信網への応用 126
   5.3 信頼性理論 131
    5.3.1 システムの信頼性 131
    5.3.2 信頼性算出の基本モデルと応用 133
    5.3.3 故障の波及規模を考慮した信頼性設計 134
   5.4 通信品質 136
    5.4.1 正確性 136
    5.4.2 迅速性 140
    5.4.3 信頼性と安全性 141
    5.4.4 オピニオン評価 142
   演習問題 143
6. 通信網の具体例 145
   6.1 電話網 145
    6.1.1 通信方式と網形態 145
    6.1.2 接続制御と輻輳制御 147
    6.1.3 ディジタル電話網によるISDNサービスの提供 150
    6.1.4 共通線信号網 151
   6.2 移動体通信網 153
    6.2.1 移動通信網の概要 153
    6.2.2 無線ゾーンの設定 154
    6.2.3 移動端末への接続制御 155
   6.3 インターネット 156
    6.3.1 インターネットの特徴 156
    6.3.2 インターネットの構成 157
    6.3.3 アドレッシングとルーティング 159
   演習問題 160
演習問題解答 161
索引 167
1. 情報通信網の概要 1
   1.1 通信と通信網 1
    1.1.1 通信網の構成 1
文献の複写および貸借の依頼を行う
 文献複写・貸借依頼