close
1.

図書

図書
Donald T. Sawyer, Andrzej Sobkowiak, Julian L. Roberts, Jr.著 ; 藤嶋昭, 立間徹共訳
出版情報: 東京 : 丸善, 2003.3  xi, 410p ; 21cm
所蔵情報: loading…
2.

図書

図書
立間徹 [ほか] 著 ; 電気化学会編
出版情報: 東京 : 丸善出版, 2013.12  vi, 148p ; 19cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
1 電子・イオンとエネルギー : 電池は電気をどうつくる?
乾電池はなぜ充電できないの? ほか
2 電子・イオンと身近な製品 : ステンレスはなぜさびない?
金ぴかのプラスチックはどうつくる? ほか
3 電子・イオンと命のしくみ : 酸素はなんでだいじなの?
血糖値を測るには? ほか
4 電子・イオンのひらく未来 : 電池はどこまで軽くなる?
太陽電池を着て歩ける? ほか
1 電子・イオンとエネルギー : 電池は電気をどうつくる?
乾電池はなぜ充電できないの? ほか
2 電子・イオンと身近な製品 : ステンレスはなぜさびない?
概要: くらしに欠かせない“電子とイオン”。その働きをわかりやすく解説しました。エネルギーを生み、蓄え、そのエネルギーで色々なものをつくる。そのとき、目には見えなくても、“電子とイオン”が大忙しで働いています。私たちのからだや、植物の中でも、“電子 とイオン”は大活躍。現在から未来まで明るく照らす“電子とイオン”。その科学は、日本が世界をリードしています。世界中で使われているリチウムイオン電池も、光触媒も、日本の企業が実用化したのです。未来の技術も盛りだくさん...“電子とイオン”には、夢がつまっています。 続きを見る
3.

図書

図書
Gary D. Christian, Purnendu K. Dasgupta, Kevin A. Schug [著] ; 壹岐伸彦 [ほか] 共訳
出版情報: 東京 : 丸善出版, 2016.12-2017.1  2冊 ; 26cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
分析の目的—分析化学者は何をするのか
基本的な分析器具と操作
分析化学におけるデータ処理
優良試験所規範—分析の品質保証
化学量論計算—分析化学者の必需品
化学平衡の一般概念
酸塩基平衡
酸塩基滴定
錯形成反応と滴定
重量分析と沈殿平衡〔ほか〕
16 : 分光化学的方法
17 : 原子分光分析法
18 : 試料調製:溶媒抽出と固相抽出
19 : クロマトグラフィー:原理と理論
20 : ガスクロマトグラフィー
21 : 液体クロマトグラフィーと電気泳動法
22 : 質量分析法
23 : 反応速度分析
24 : 測定の自動化
分析の目的—分析化学者は何をするのか
基本的な分析器具と操作
分析化学におけるデータ処理
概要: 本書は、大学学部初学年の入門講義から高学年の専門講義まで広く利用できる分析化学の教科書である。初歩から高度な内容までを網羅した詳細な解説に加え、今版からは実例をもとにした「発展例題」を多数掲載。実際の分析をイメージしながら学習を進めることが できる。「1.基礎編」では、「分析化学とは何か」という根本的な問いから始まり、基本的な実験器具の取扱い方法、分析データや試料採取の統計的取扱い、さらに化学平衡、容量分析や重量分析で、具体例に即して、丁寧に解説している。分析化学はたんなる机上の学問ではなく、実践をともなう生きた学問である。本書は、それを実感できる教科書である。<br />本書は、大学学部初学年の入門講義から高学年の専門講義まで広く利用できる分析化学の教科書である。初歩から高度な内容までを網羅した詳細な解説に加え、今版からは実例をもとにした「発展例題」を多数掲載。実際の分析をイメージしながら学習を進めることができる。「2.機器分析編」では、それぞれの分析法の歴史的発展を紹介するとともに、その原理や特長、最先端のトピックまでを、実例を交えて幅広く記述している。これらの内容は、講義にとどまらず、分析機器を自ら使用して研究を進めていくさいにも大いに役に立つことだろう。分析化学はたんなる机上の学問ではなく、実践をともなう生きた学問である。本書は、それを実感できる教科書である。 続きを見る
文献の複写および貸借の依頼を行う
 文献複写・貸借依頼