close
1.

図書

図書
原田泉, 山内康英編著 ; 張力, 山本達也, 須田康司著
出版情報: 東京 : NTT出版, 2009.12  vi, 198p ; 22cm
所蔵情報: loading…
2.

図書

図書
山本達也著
出版情報: 東京 : 慶應義塾大学出版会, 2014.7  220, 4p ; 20cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
序章
第1章 : タハリール1—誰も予測できなかった政治変動
第2章 : 革命2・0—新しい時代の「革命」か?
第3章 : ソーシャルメディア時代の民主主義
第4章 : タハリール2—予見された政治変動
第5章 : エネルギー環境の変化
第6章 : ポスト・イージーオイル時代の国際関係論
第7章 : 市場vs.地球—「有限」な地球における無限成長という矛盾
終章 : 縮小社会のマネージメント
序章
第1章 : タハリール1—誰も予測できなかった政治変動
第2章 : 革命2・0—新しい時代の「革命」か?
概要: エジプトで、何が、起きているのか。2011年の革命、2013年の騒乱とその後を、情報通信技術とエネルギー関連技術の視覚から鮮やかに読み解く、俊英の快著。
3.

図書

図書
片山悠樹, 山本達也, 吉井哲編
出版情報: 京都 : ナカニシヤ出版, 2017.4  ix, 223p ; 21cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
なぜ、今、大学で学ぶのか?
第1部 現代社会を読み解く「知」 : 何が決めるの?行為の適切・不適切—法と慣習の視点から考える
「奨学金の回収を強化すべきだ」でよいのか?—教育社会学から見る奨学金問題
いかにして「嫌いな相手」と新しい関係を創り出すか?—社会学からシステムとして見る人間関係の悩み
戦争ってつねに悪いもの?—国際関係論の視点から見る軍隊の役割の多面性
インターネットは民主主義の敵なのか味方なのか?—政治学の視点から見るネットの自由と安全保障をめぐるジレンマ
グローバル化は国際社会を変えるのか?—国際関係論から見る地球規模の諸問題
第2章 経済活動を読み解く「知」 : あなたは合理的に行動している?—行動経済学から見る人間の意思決定
もしもロビンソン・クルーソーが故郷に帰らなかったら?—経済学から見る国の発展と貿易
どのように政策を評価する?—財政学から考える財政健全化問題
なぜ、配当を払う企業と払わない企業があるのか?—会計学とコーポレート・ファイナンスの視点から「良い企業」について考える
パクリ天国に異変?—知的財産権から見る中国
第3部 ケース &
ディスカッション : 日本の地球温暖化対策をどのように考えるべきか?
いろいろ知らないはずの私たちは、どうしてうまくやれるのか?
「見えにくい」を「見る」ために—「何でもできる」から「何かができる」へ
なぜ、今、大学で学ぶのか?
第1部 現代社会を読み解く「知」 : 何が決めるの?行為の適切・不適切—法と慣習の視点から考える
「奨学金の回収を強化すべきだ」でよいのか?—教育社会学から見る奨学金問題
概要: 激動する現代社会をどう理解すればいいのか。社会科学の基本的な考え方を学ぶなかで、混乱期を生き抜くための「知」の力を身につける。
文献の複写および貸借の依頼を行う
 文献複写・貸借依頼