close
1.

図書

図書
石黒浩著
出版情報: 東京 : 新潮社, 2011.4  217p ; 20cm
所蔵情報: loading…
2.

図書

図書
石黒浩著
出版情報: 東京 : 文藝春秋, 2015.12  223p ; 18cm
シリーズ名: 文春新書 ; 1057
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
第1章 : 不気味なのに愛されるロボット—テレノイド
第2章 : アンドロイド演劇
第3章 : 対話できるロボット—コミューとソータ
第4章 : 美人すぎるロボット—ジェミノイドF
第5章 : 名人芸を永久保存する—米朝アンドロイド
第6章 : 人間より優秀な接客アンドロイド—ミナミ
第7章 : マツコロイドが教えてくれたこと
第8章 : 人はアンドロイドと生活できるか
第9章 : アンドロイド的人生論
第1章 : 不気味なのに愛されるロボット—テレノイド
第2章 : アンドロイド演劇
第3章 : 対話できるロボット—コミューとソータ
概要: マツコロイド、美人すぎるアンドロイド、人間国宝を永久保存...世間の度胆を抜く発想で注目を集める世界的ロボット工学者・石黒浩。アンドロイドが教えてくれる「人の気持ち」や「人間らしさ」の正体とは?常識を次々と覆していく鬼才が人間の本質に迫る。
3.

図書

図書
石黒浩著
出版情報: 東京 : 日刊工業新聞社, 2017.7  129p ; 19cm
シリーズ名: B&Tブックス
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
第1章 人間とロボット : 人間は自分のことを知らない
他者との関わりを通して生まれる自我 ほか
第2章 人間社会と技術 : 教育と仕事
未来(100年後)の教育と仕事 ほか
第3章 人間とは何か、ロボットでどう再現するか : 欲求、意図、行動
欲求や意図をもつロボット ほか
第4章 人間の進化 : 人間の進化
ムーアの法則 ほか
第1章 人間とロボット : 人間は自分のことを知らない
他者との関わりを通して生まれる自我 ほか
第2章 人間社会と技術 : 教育と仕事
概要: 鬼才ロボット工学者の着想と思考をヴィジュアル化。
4.

図書

図書
石黒浩著
出版情報: 京都 : 世界思想社, 2018.3  viii, 155p ; 19cm
シリーズ名: 教養みらい選書 ; 001
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
第1章 : テクノロジーの味—食べる
第2章 : 裸を包む機能美—着る
第3章 : 言葉と鮮やかな世界—話す
第4章 : 現実を解き放つ力—想像する
第5章 : 進化する私と社会—働く
第6章 : 機械と人の影—信じる
終章 : 自分をデザインする未来
第1章 : テクノロジーの味—食べる
第2章 : 裸を包む機能美—着る
第3章 : 言葉と鮮やかな世界—話す
概要: ロボットをつくり続ける「僕」が追究する「人間らしい生き方」とは?「食べる」「着る」「話す」「想像する」「働く」「信じる」。僕=石黒浩が、自身の経験や日々の過ごし方を交えて語る6つのテーマから、あなたの未来が見えてくる。世界の見方を変えるヒン トが満載の語り下ろし。 続きを見る
5.

図書

図書
池上高志, 石黒浩著
出版情報: 東京 : 講談社, 2016.12  252p ; 19cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
1 石黒浩 : 時間—三次元から自由になるために
知能—世界のモデル化
機械化—人間がアンドロイドになるとき
対話—進化の逆問題
社会—ロボットの社会性
機械人間オルタ
オルタの開発
対話—機械人間
オルタの解剖学
対話—生命らしさをつくるもの
Q &
A
2 池上高志 : 意識—インターネットは脳になれるか?
対話—一〇〇年後のチューリング・テスト
社会—人工生命化する社会
機械化—人工知能と次元の溢れ
知能—生命の計算
時間—脳がつくる時間発展
1 石黒浩 : 時間—三次元から自由になるために
知能—世界のモデル化
機械化—人間がアンドロイドになるとき
概要: 数年後、われわれの世界認識は、今とどのくらい変わっているだろうか。人工生命やアンドロイドと暮らす未来は、すぐ近くまで来ている。人間の制約を取り払い、なお「人間」であるとはどういうことか?爆発的な技術進化の時代の、「明日」の考え方。
6.

図書

図書
開一夫 [編著] ; 菊水健史 [ほか著]
出版情報: 東京 : 岩波書店, 2014.8  xi, 183p ; 22cm
シリーズ名: 岩波講座コミュニケーションの認知科学 / 安西祐一郎 [ほか] 編集 ; 3
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
第1章 : 社会的相互作用とは何か
第2章 : 育てる・育てられる—母仔間コミュニケーションによる生物学的絆形成
第3章 : 真似る・真似られる—模倣の発達的・進化的変遷
第4章 : 教える・教えられる—進化的適応としての自然ペダゴジー
第5章 : だます・協力する—マキャベリ的知性
第6章 : 伝える・伝えられる—コミュニケーションのリアリティ
第1章 : 社会的相互作用とは何か
第2章 : 育てる・育てられる—母仔間コミュニケーションによる生物学的絆形成
第3章 : 真似る・真似られる—模倣の発達的・進化的変遷
概要: 「育てる」「真似る」「教える」「だます」「伝える」といった他者との相互作用の進化的基盤はどこにあるのか。脳のどのような作用がそれを生むのか。自己・他者の関係の原点である母子関係から出発し、人の知性や社会性の獲得にいたるしくみを、赤ちゃん学や 動物学・ロボット学の成果を通して明らかにし、研究の方向性を示す。 続きを見る
7.

図書

図書
柳沢正史 [ほか] 著 ; 武田計測先端知財団編
出版情報: 東京 : 丸善プラネット , 東京 : 丸善出版 (発売), 2017.11  vii, 120p ; 19cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
第1章 睡眠覚醒の謎に挑む : 睡眠の基本的な謎
睡眠障害 ほか
第2章 人間型ロボットと未来社会 : アンドロイドの研究
アンドロイドの存在感 ほか
第3章 ヒトの代わりに機械を操縦する : ZMPとロボット開発
ヒト型ロボットから自動運転車へ ほか
第4章 総合討論 : すべての動物は眠る、昆虫も
昼活動して夜眠るのは自然ではないか ほか
第1章 睡眠覚醒の謎に挑む : 睡眠の基本的な謎
睡眠障害 ほか
第2章 人間型ロボットと未来社会 : アンドロイドの研究
概要: 本書は、人間とAIの関係を背景に『どこまでが人間なのか』と題した『武田シンポジウム2017』の内容をもとに、睡眠、人間そっくりのロボットであるアンドロイド、人の代わりに機械を操縦する機械の3つのテーマに沿って、睡眠の仕組み、人間としての意識 、機械による代替え・関わりを扱っています。そして各先端領域の研究、応用の状況、ビジネスへの展開などの将来の展望をまとめました。人間のより深い理解と洞察の、多面的切り口からのアプローチについて、お楽しみいただける一冊です。 続きを見る
文献の複写および貸借の依頼を行う
 文献複写・貸借依頼