close
1.

図書

図書
橋本幸士著
出版情報: 東京 : 講談社, 2015.2  159p ; 19cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
予習 : 異次元パパ
第0講義 : 一日10分で異次元がわかる、ってウマい話
第1講義 : 陽子の謎と、1億円
第2講義 : 異次元が見えていないワケ
第3講義 : 空間の次元を力で数えよう
第4講義 : 陽子の兄弟が多すぎる、という謎
休憩 : 科学者の世界を覗いてみた
第5講義 : 異次元を使って陽子の兄弟を説明する
第6講義 : 超ひも理論によると「次元はまやかし」!
第7講義 : 陽子の謎とブラックホール
復習 : 結局、異次元はあるんでも無いんでも、ない
予習 : 異次元パパ
第0講義 : 一日10分で異次元がわかる、ってウマい話
第1講義 : 陽子の謎と、1億円
概要: 平凡な女子高生・美咲のパパは、なんと超ひも理論が専門の天才物理学者(そして関西人)。嬉々として最先端の素粒子物理学を語りだすパパに、美咲は初めはヘキエキするが...!?遊びごころと物理ごころがあふれ出す名講義、ここに開講!
2.

図書

図書
橋本幸士編 ; 橋本幸士 [ほか] 著
出版情報: 東京 : 朝倉書店, 2019.10  viii, 196p ; 21cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
機械学習、深層学習が物理に何を起こそうとしているか
第1部 物性 : 深層学習による波動関数の解析
量子多体系とニューラルネットワーク ほか
第2部 統計 : 自己学習モンテカルロ法
深層学習は統計系の配位から何をどう学ぶのか
第3部 量子情報 : 量子アニーリングが拓く機械学習の新時代
量子計測と量子的な機械学習
第4部 素粒子・宇宙 : 深層学習による中性子星と核物質の推定
機械学習と繰り込み群 ほか
機械学習、深層学習が物理に何を起こそうとしているか
第1部 物性 : 深層学習による波動関数の解析
量子多体系とニューラルネットワーク ほか
3.

図書

図書
橋本幸士著
出版情報: 東京 : 講談社, 2018.3  173p ; 19cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
予習 : 宇宙を支配するパパ
第0講義 : この宇宙のすべてを記述する数式がある!
第1講義 : 数式は長いけど、たった一つ
第2講義 : 項の一つ一つは、天才物理学者たち
第3講義 式を読もう!その1 : 記号は、素粒子
第4講義 式を読もう!その2 : 項は素粒子の運動
休憩 : 科学者の議論をのぞいてみた
第5講義 式を読もう!その3 : 記号のかけ算は、力
第6講義 : 絶対あるはずの、足りない「暗黒」項
第7講義 : 宇宙の謎リストと未来の数式
復習 : そもそも、なぜ、たった一つの式?
予習 : 宇宙を支配するパパ
第0講義 : この宇宙のすべてを記述する数式がある!
第1講義 : 数式は長いけど、たった一つ
概要: パパが書いた一本の数式が、宇宙のすべてを支配してる!?身近な現象から「ヒッグス粒子」「重力波」「暗黒物質」までの最先端理論を、天才物理学者(そして関西人)であるパパが娘たちに70分かけてガチ語り!
4.

図書

図書
田中章詞, 富谷昭夫, 橋本幸士著 ; 講談社サイエンティフィク編
出版情報: 東京 : 講談社, 2019.6  ix, 286p ; 22cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
はじめに:機械学習と物理学
第1部 物理から見るディープラーニングの原理 : 機械学習の一般論
ニューラルネットワークの基礎
発展的なニューラルネットワーク
サンプリングの必要性と原理
教師なし深層学習
第2部 物理学への応用と展開 : 物理学における逆問題
相転移をディープラーニングで見いだせるか
力学系とニューラルネットワーク
スピングラスとニューラルネットワーク
量子多体系、テンソルネットワークとニューラルネットワーク
超弦理論への応用
おわりに
はじめに:機械学習と物理学
第1部 物理から見るディープラーニングの原理 : 機械学習の一般論
ニューラルネットワークの基礎
概要: 物理学者ならではの視点で原理から応用までを説く、空前の入門書。物理は機械学習に役立つ!機械学習は物理に役立つ!
5.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
橋本幸士著
出版情報: 東京 : 東京大学出版会, 2006.10  ix, 206p ; 21cm
シリーズ名: UT Physics ; 2
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
はじめに  V
0 素粒子、弦、そしてDブレーンへ 1
   素粒子物理学の問題と弦理論 2
   Dブレーンとは? 7
   本書の構成 12
1 ソリトンと素粒子物理学 15
   1.1 ソリトンとは? 16
   場の理論とソリトン 16
   素粒子物理学と場の理論 19
   素粒子とソリトンの違い 21
   1.2 場の理論の対称性とソリトン 24
   対称性の破れとタキオン・真空凝縮 24
   自発的対称性の破れによるソリトンの出現 29
   渦:2次元空間のソリトン 33
   非可換ゲージ理論とモノポール:3次元空間のソリトン 38
   1.3 ソリトンの重要性:その観測と双対性 41
   ソリトンを観測する:モノポールと大統一理論 41
   双対性とソリトン:場の理論の困難の解決に向けて 45
2 ソリトンの次元、弦理論の次元 53
   2.1 ソリトンの次元とブレーンワールド 54
   ソリトンと次元 54
   宇宙ひも:3次元空間の渦ひも 56
   ブレーンワールド 58
   ソリトンの上に「住む」 59
   2.2 弦理論における高次元時空の現れとコンパクト化 62
   弦理論の種類 63
   弦理論のスペクトル:われわれの世界の粒子と弦との関係 66
   時空のコンパクト化 70
   コンパクト化と統一理論 73
3 Dブレーン 75
   3.1 弦理論のソリトンはブラックホール 76
   電子と電磁場、弦とテンソル場 76
   弦理論の運動方程式 78
   ブラックホール 80
   弦理論のソリトン=電荷をもったブラックブレーン 83
   磁荷を持ったブラックブレーン 85
   3.2 Dブレーンの登場 86
   Dブレーン:弦の端の乗る空間 87
   ブラックブレーンとDブレーン 90
   弦理論のソリトンの意義:弦とDブレーンを入れ替える対称性 92
4 Dブレーンの力学 95
   4.1 運動・合体するDブレーン 96
   運動するDブレーン 96
   合体するDブレーン 98
   4.2 Dブレーン上の非可換ゲージ理論とソリトン 101
   非可換ゲージ理論を生み出すDブレーン 101
   モノポールを見る:Dブレーンにより新ソリトンの予言 103
   4.3 Dブレーンの消滅・生成とタキオン凝縮 107
   Dブレーン・反Dブレーンの対消滅 108
   Dブレーンの生成 110
   交差するDブレーンの組み換え 111
5 ブレーンワールド:応用I 115
   さまざまなDブレーンの応用 115
   「ブレーンワールド」:素粒子標準模型を越えて 116
   標準模型と階層性問題 117
   ブレーンワールドとは 120
   ブラックホールを実験でつくる 123
   曲がった余剰次元による階層性問題の解決 125
   弦理論とブレーンワールド 128
6 高次元インフレーション宇宙論:応用II 133
   インフレーション宇宙論 134
   Dブレーンの運動とインフレーション 136
   インフレーションの終了とDブレーンの対消滅 137
   この世はなぜ4次元か? 141
7 ブラックホールのエントロピー:応用III 143
   ブラックホールと量子力学 144
   ブラックホールを表すDブレーン配置 147
   Dブレーンによるエントロピーの導出 149
8 ホログラフィーとQCD:応用IV 153
   QCDと弦理論 154
   トフーフトのラージIV極限:グルーオンから弦の世界膜へ 158
   ゲージ/重力対応:非可換ゲージ理論と重力理論の等価性 165
   重力理論の有効性とラージN極限の出現 169
   重力を用いたクォーク間ポテンシャルの導出 171
   ゲージ/重力対応における対称性の一致 173
   QCDの理解に向けて 175
9 究極理論の記述に向けて 181
   弦理論の定義? 182
   Dブレーンとその次元 184
   M理論:11次元時空の出現 187
   マトリック理論:DOブレーンがつくるM理論 191
   弦理論のさらなる発展、そして究極理論の構築に向けて 194
関連図書・参考文献 199
索引 203
はじめに  V
0 素粒子、弦、そしてDブレーンへ 1
   素粒子物理学の問題と弦理論 2
文献の複写および貸借の依頼を行う
 文献複写・貸借依頼