close
1.

図書

図書
ハイディ・カレン著 ; 熊谷玲美訳
出版情報: 東京 : シーエムシー出版, 2011.9  377, xxp ; 19cm
所蔵情報: loading…
2.

図書

図書
デニス・ブレイ著 ; 熊谷玲美, 田沢恭子, 寺町朋子訳
出版情報: 東京 : 早川書房, 2011.8  374p ; 20cm
所蔵情報: loading…
3.

図書

図書
エドワード・B.バーガー, マイケル・スターバード著 ; 熊谷玲美, 松井信彦訳
出版情報: 東京 : 早川書房, 2010.6  388p ; 20cm
所蔵情報: loading…
4.

図書

図書
アーサー・ベンジャミン [著] ; 熊谷玲美訳
出版情報: 東京 : 岩波書店, 2016.12  2冊 ; 19cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
1 : 数のマジック
2 : 代数のマジック
3 : 9のマジック
4 : 「場合の数」のマジック
5 : フィボナッチ数のマジック
6 : 証明のマジック
7 : 幾何のマジック
8 : πのマジック
9 : 三角法のマジック
10 : iとеのマジック
11 : 微分のマジック
12 : 無限のマジック
1 : 数のマジック
2 : 代数のマジック
3 : 9のマジック
概要: 暗算の達人として全米に名を響かせる数学魔術師ベンジャミン。中学・高校で習う数学も、彼にかかればエンターテインメント。おなじみの数、代数、幾何、三角法、微分だけでなく、パスカルの三角形、無限、9、π、е、i、フィボナッチ数、黄金比のような話題 にもスポットライトを当てる。 続きを見る
5.

図書

図書
トニー・クリリー著 ; サイモン・ブラックバーン編 ; 熊谷玲美訳
出版情報: 東京 : ディスカヴァー・トゥエンティワン, 2014.3  366p ; 21cm
シリーズ名: ビッグクエスチョンズ = The big questions
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
数学は何のためにあるのか?
数はどこから来たのか?
なぜ素数は「数の原子」とよばれるのか?
最も奇妙な数は何か?
虚数は「想像上の数」なのか?
無限はどのくらいの大きさか?
平行な直線はどこで交わるのか?
数学はどのように世界を記述するか?
統計データは嘘をつくのか?
数学でお金持ちになれるか?
すべての答えを出せる公式はあるか?
三次元で十分ではないのはなぜか?
蝶の羽ばたきは本当にハリケーンを引き起こせるのか?
解読不能の暗号は作れるか?
数学は美しいか?
数学は未来を予測できるか?
宇宙はどんな姿をしているのか?
対称性とは何か?
数学は正しいか?
解くべき問題は残っているのか?
数学は何のためにあるのか?
数はどこから来たのか?
なぜ素数は「数の原子」とよばれるのか?
概要: 数とは?無限とは?カオスとは?そして数学とはなにか?誰もが一度は聞いたことのある数学用語の正体がわかる!
6.

図書

図書
クリストファー・マーレー著 ; 熊谷玲美訳
出版情報: 東京 : 宝島社, 2014.4  248p ; 28cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
昆虫のデザイン
デザインのなかの昆虫
私と昆虫 : 虫ぎらいから虫マニアへ
甲虫のモザイク色の練習
繰り返しのパターン
構造
質感
変化を生む特徴
植物昆虫
大きさ
環境への影響
昆虫のデザイン
デザインのなかの昆虫
私と昆虫 : 虫ぎらいから虫マニアへ
概要: 全米で話題となったベストセラー、待望の日本語版登場!著者が世界各地で採集した色とりどりの昆虫たちを、自然のままの色で紹介。日本語版では、それぞれの昆虫に関する説明を加筆!
7.

図書

図書
オリヴァー・ローダー編 ; 熊谷玲美訳
出版情報: 東京 : 早川書房, 2019.2  196p ; 19cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
問題篇 : 論理
確率
幾何学
解答篇
問題篇 : 論理
確率
幾何学
概要: スマホを2台、100階建てのビルから落として試す耐久試験は、最小何回落とせば完了できる?どこからどう考えたらいいのかわからない、こういう類の難問が、一流企業の入社試験などで出されることがある。それへの対応の仕方で、その人の「目の前の問題を解 決する力」がわかるからだ。大統領選などを高精度で予測して話題のネイト・シルバー。彼が立ち上げた政治予測サイト、“ファイブサーティーエイト”中の名物数学パズルコーナー、“ザ・リドラー”はそうした、あなたの問題解決力を鍛えるのに最適な難問の宝庫だ。数学のプロアマの天才を悩ませた“ザ・リドラー”から選りすぐった傑作プロブレム集。 続きを見る
8.

図書

図書
ジェイムズ・D. スタイン著 ; 熊谷玲美, 田沢恭子, 松井信彦訳
出版情報: 東京 : 早川書房, 2011.1  430p ; 20cm
所蔵情報: loading…
9.

図書

図書
トム・クラインズ著 ; 熊谷玲美訳
出版情報: 東京 : 早川書房, 2018.5  502p ; 19cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
第1部 : 石を掘る少年
テイラー、ロケットに目覚める ほか
第2部 : 放射性物質の「ショー・アンド・テル」
巨人の足跡をたどって ほか
第3部 : エネルギーの「アポロ計画」
天才はどこからやってくるのか ほか
第4部 : 天才たちのホグワーツ
ブドウのプラズマ ほか
第5部 : 中性子で核テロを防ぐ
家族の悩み ほか
第1部 : 石を掘る少年
テイラー、ロケットに目覚める ほか
第2部 : 放射性物質の「ショー・アンド・テル」
概要: 14歳の核物理学者はどうして生まれたのか?9歳でロケットを実作した、アメリカ・アーカンソー州の早熟の天才、テイラー・ウィルソンは11歳の若さでさらなる野心に燃えていた。祖母がくれた本に刺激を受け、核融合炉を自宅で創ろうと決意したのだ。危険と 隣り合わせのそんな作業を、子どもがやってのけられるはずがないという大人の常識をしり目に、彼には自分がやれるという自信と勝算、そして適切な知識があった。「ギフテッド」といわれる天才児にもさすがにムリかと思えることが、なぜできたのか。息子を見守る両親の苦労、大学教員をはじめとする教育関係者の奔走。彼のそばで直接取材したジャーナリストが語るサイエンス・ノンフィクション。 続きを見る
10.

図書

図書
マーク・ブキャナン著 ; 熊谷玲美訳
出版情報: 東京 : 白揚社, 2015.8  417p ; 20cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
第1章 : 均衡は妄想である
第2章 : 驚異的な計算装置
第3章 : その理論に科学的根拠はあるか
第4章 : 地震と株式市場
第5章 : 進化する人間のモデル
第6章 : 市場の生態学
第7章 : 効率性の落とし穴
第8章 : テクノロジーは市場をどう変えるか
第9章 : 消え去りゆく幻影
第10章 : 経済危機は予測できるか?
第1章 : 均衡は妄想である
第2章 : 驚異的な計算装置
第3章 : その理論に科学的根拠はあるか
概要: 市場均衡、合理的期待、効率的市場仮説...これまで経済学が教えてきた考えでは、現実の市場は説明できない。『複雑な世界、単純な法則』などのベストセラーで、物理学の視点から人間社会を見事に読み解いてきた著者が、経済学の常識に鋭く切り込む!経済学 は物理学でさらに強くなる! 続きを見る
文献の複写および貸借の依頼を行う
 文献複写・貸借依頼