close
1.

図書

図書
川名晋史著
出版情報: 東京 : 白桃書房, 2012.5  v, 269p ; 22cm
所蔵情報: loading…
2.

図書

図書
川名晋史編著
出版情報: 東京 : 勁草書房, 2019.1  v, 285p ; 22cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
共振する国際政治学と地域研究
第1部 実証のための地域 : 米軍基地をめぐる国内政治メカニズム—脆弱性とホールドアップ問題
政治的取引財としてのチューレ空軍基地—デンマーク国内交渉を中心にして
米国はグリーンランドに何を求めたのか—基地をめぐる認識の変容過程
北極圏の軍事化をめぐるパラドックス—ロシアの核戦略を中心に
第2部 目的としての地域理解 : タイ深南部・パタニ紛争—なぜ紛争は国際問題化しないのか
共通の脅威を失った同盟—冷戦後の米タイ同盟の歴史と現状
冷戦後の中国の周辺外交におけるタイ—米タイ関係への楔打ち
第3部 理論の再構築と地域 : 「絶縁体国家」/「導体国家」としてのトルコ
EUと「絶縁体国家」トルコ—疎外と期待
冷戦終結以降の中東地域秩序と米国—地域安全保障複合体(RSC)の議論を手掛かりとして
共振する国際政治学と地域研究
第1部 実証のための地域 : 米軍基地をめぐる国内政治メカニズム—脆弱性とホールドアップ問題
政治的取引財としてのチューレ空軍基地—デンマーク国内交渉を中心にして
概要: 国際政治学と地域研究は協働を通じてさらなる発展を遂げられるのか。国際政治学と地域研究の「トップダウン」「ボトムアップ」そして「リトロダクティブ」な関係を構築する試み。
3.

図書

図書
屋良朝博 [ほか] 著
出版情報: 東京 : 旬報社, 2016.6  179p ; 22cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
第1章 1950年代における海兵隊の沖縄移転 : 戦後初期の在沖米軍基地と海兵隊
極東米軍再編計画 ほか
第2章 1960年代の海兵隊「撤退」計画にみる普天間の輪郭 : 海兵隊の撤退、普天間の閉鎖
バックラッシュ—沖縄の戦略的重要性と海軍省の計画 ほか
第3章 1970年代から1980年代における在沖海兵隊の再編・強化 : 沖縄返還と在沖海兵隊
在沖海兵隊撤退をめぐる日米協議1972‐1974年 ほか
第4章 ポスト冷戦と在沖海兵隊 : ポスト冷戦の31MEU
湾岸を目指す 海軍・海兵隊戦略 ほか
第5章 在外基地再編をめぐる米国内政治とその戦略的波及普天間・グアムパッケージとその切り離し : 普天間・グアム移転パッケージの成立
緊縮財政下の基地政策とグアム移転予算の凍結 ほか
第1章 1950年代における海兵隊の沖縄移転 : 戦後初期の在沖米軍基地と海兵隊
極東米軍再編計画 ほか
第2章 1960年代の海兵隊「撤退」計画にみる普天間の輪郭 : 海兵隊の撤退、普天間の閉鎖
概要: なぜ沖縄でなくてはならないのか。1950年代から現在に至る在沖海兵隊の歴史を分析し、その実態をあぶりだす。
文献の複写および貸借の依頼を行う
 文献複写・貸借依頼